オイルはNG?アラサーの肌がモテ肌に蘇る「クレンジング」の方法

20代後半から30代にかけて、アラサーと呼ばれる年齢になると、肌の加齢が気になるものです。にもかかわらず、若い頃を同じような手入れしかしていない!という人も多いのでは?

彼氏ができればいずれスッピンになることもあるでしょう。そんなとき、毛穴が開ききっていたり黒ずんでいる肌では、彼をゲンナリさせてしまうことも……。 いつまでもキレイな肌でいたいと思うのであれば、まずはクレンジングから見直してみましょう。 エイジレスな美肌を保つためにも、クレンジングは大切なのです。

クレンジングオイルは使わない!

クレンジング剤を選ぶときには、オイルタイプであったり、ミルクタイプであったりと、色々な種類があると思います。 濃いメイクをしている人などは、ついついオイルタイプを選んでしまうことが多いと思いますが、アラサーの肌にオイルタイプのクレンジング剤はあまり良くないと言われています。

オイルタイプのクレンジングは、油分がベースになっているので、肌の間に残ってしまうことが多くなってしまうのです。 クレンジング剤が残っていると肌の上で酸化してしまい、肌を老化させてしまう原因になります。

また、オイルタイプのクレンジング剤は、クレンジングをした後洗顔をしなければいけません。 クレンジング後の洗顔というのは、肌の皮脂を落としすぎてしまい乾燥肌になりやすくなってしまうのです。 なので、アラサーになったときのクレンジングというのは、肌の負担にならずに、乾燥も防げるようなものを選ばなければいけないのです。

アラサー女子にはミルククレンジングがオススメ!

では、アラサー女子にはどんなクレンジングがいいのかというと、ミルククレンジングです。 今は、オーガニック素材で出来ていて、クレンジング後の洗顔が不要なミルククレンジングがあります。

アラサーになったときには、肌を洗いすぎてしまうと余分な皮脂まで落としてしまって乾燥や肌荒れの原因になるので、Wクレンジングを避けることが大切なのです。 洗顔が不要なミルククレンジングであれば、顔を洗いすぎてしまって皮脂を流してしまう心配もありません。 オイルタイプのように肌の隙間で酸化してしまうこともないので、肌に優しいクレンジングと言うことができるでしょう。

ミルクタイプのクレンジングを使うときには、たっぷりとクレンジング剤を使ってメイクが残らないように洗い流していきましょう。 メイクが残ってしまうと、それだけでも肌が老化してしまう原因になるので、しっかり洗い流すことが大切です。 肌の負担にならないように、擦りすぎにも注意してください。

クレンジング後のスキンケアも大切

013107

アラサーになったら、クレンジング後のスキンケアも大切になります。 クレンジングをした後の肌は、乾燥しやすくなっていて、年齢を重ねるごとに肌の水分は失われていくので、しっかりと水分補給をしてあげることが大切になるのです。

例えば、若い頃のように、クレンジングをした後は化粧水をつけて終わりというようなケアをしていると、肌の老化は進んでしまいます。 表面がカサカサしたり、毛穴が目立ってしまったりという、あまり嬉しくない肌の状態になってしまうのです。 ですから、しっかりとしたケアをすることが大切になります。

クレンジングの後は、化粧水でたっぷりと水分を補給して、乳液やクリームでしっかり蓋をします。 1回化粧水をつけても足りないと感じるのであれば、化粧水と乳液を交互に数回つけるようなケアをしてみてもいいかもしれません。 アラサーになったら、クレンジング後のスキンケアも念入りにしておくことが大切なのです。

続きを読む
関連記事

男性限定:女性から来たら即返信したいと思うLINEは?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー