あなたのお尻は好き?嫌い?まあるいヒップが魅力的!

ぺたんこで広い私のお尻……・気づけばタイトスカートに浮かぶショーツのラインが二段に、30代後半で劇的に変化するという女性の体。後ろにあるヒップはどうしてもおざなりになりがちだけど、意識してケアしてあげることで魅力的な格好いいヒップが手に入るはず!

人の視線は全方位!後ろ姿に現れる年齢って?

「いかなる私生活を営んでいるか、自分にどのくらい手間をかけているのか、生命力のレベルまで見えてくる」

それが女の後ろ姿。美容ジャーナリスト、斉藤薫さんの言葉である。

例えば10代のファッションに身を包んでいる女性。顔を確認せずとも私たちは後ろ姿から何となく年齢を想像できてしまうことが多い。

判断基準はたぶん歩き方や髪の質、二の腕やお尻の形。後ろ姿はどうしてもチェックが甘くなる。だけど人の視線は全方位からだ。

ショーツのラインに幻滅!?

パンツやタイトスカートに浮かぶ下着のラインを気にしている女性はどのくらいいるのだろうか?

そんなところにまで気を使っていられないわ、と思いがちでは? 私もそのひとりだった。 けれど、意外と見られているそのライン……。

男性からは「幻滅する」なんてコワ~い声も…… そこで登場するのが私の最近のお気に入り、Tバックだ。

6割以上の女性がまだ試したことがないそうだけれど、これがなかなかハマる。

Tバックを着用。意外と……

ご存知の方も多いだろうが、Tバックといっても覆う布の大きさによって色々。タンガ、Gストリング、リオバックなど。

着用してみると、ラインが出ないのはもちろん、覆われないことで自然とヒップに意識がいくのが発見だった。

垂れたお尻にTバックは似合わない。着替えのたびに鏡に映して”Tバックが似合うヒップになるぞ!”と気合いも入る。

今までないがしろにされてきた、お尻のほっぺが喜んでいる感じ。

ミニスカートを履いて脚をさらすことで、自然と脚が細くなるのと同じ原理だろうか。私にとっては抜群のTバック効果だった。

ヒップのかたち、最終的にこうなってしまう!

脂肪の多いヒップはバストと同じく垂れやすい。自然にまかせたあなたのヒップはこのように移り変わっていく。

ステップ0 垂れていない
ステップ1 ヒップ下部がたわむ
ステップ2 ウエスト周辺のメリハリがなくなる 四角いかたちになる ヒップ頂点が下がる
ステップ3 股関節付近がそげる。ヒップが内に流れる

(参考:ワコール人間科学研究所)

誰もがこのステップをたどり、いったん変化したらもとにはもどらない、とのこと。

救いは「変化が始まる年齢は、人によって異なる(40代でステップ0の人もいる)」という注釈である。

おお、それならやってやろうじゃない。

ながらエクササイズでも効果アリ!

お尻が垂れるのは、脂肪を支える大臀筋の衰えによるところが大きい。

普段意識することが少ない部分なだけに、メイクしながらできちゃうこちらのエクササイズの効果は抜群。

1. 背筋を伸ばして立つ
2. お尻の筋肉を意識しながら、片足を15センチほど後ろへ上げる
3. 10秒キープ

たったこれだけ。

両側の筋肉の中心をキュッと閉めたり、内側からV字に引き上げるマッサージもおすすめ。

皮脂の量が少ないヒップは乾燥しやすい。優しく洗って保湿し、運動やマッサージで血流を良くしてあげよう。

意識してケアしてあげることで、きっと魅力的なヒップになれる。大人の女性は後ろ姿まで美しいのだ。

Print Friendly
続きを読む
関連記事

彼氏の年収、希望は?

アンケート結果だけをみる >>

Loading ... Loading ...