女友だちより有益?「心を許せる男友だち」を増やすためのヒント

「 男友だち なんてない。男女の間に友情なんてありえない」と断言する女子は多いですよね。たしかに魅力的で気の合う異性なら、友人ではなくて即・恋人になってほしい……!と女子が願うところです。

でも、そもそも友人関係を築くのは同性でも難しいこと。恋人ができてから疎遠になったり、男女関係のもつれで裏切りがあったりするのは同性の友人間でもよくあります。

「男性」というだけで私たちはつい、未来の恋人もしくは結婚相手候補として品定めしてしまいがちですが、男性だって同じ人間。まずは自分と友だちになれる人柄かどうかを、落ち着いて見極めてみませんか。

「男とは友だちになれない」なんて損、損!男女の垣根を取り払って、素敵な男友だちをあなたももっと増やしてみましょう。今回は「男女の親友関係」を築くために今日からトライしたいことをお伝えします。

同じ趣味を持つ男性と話してみる

あなたが打ち込んでいる趣味を同じく楽しんでいる男性に、ぜひ話しかけてみてください。自分の好きなことを話すとつい夢中になって、相手の顔色や自分の見え方なんて気にならなくなりますよね。

同じ趣味をもつ人とは友だちにもなりやすいもの。自然と会話が盛り上がること請け合いです。趣味に関するあなたの視野もちょっと広がって、プライベートが充実するかもしれません。

恋人候補以外の男性と話してみる

「この人はタイプじゃないから……」と無視しないでくださいね。恋人にはならなくても、もしかしたらいい茶飲み友だちになるかもしれません。恋人候補でないので、かえっていつもどおりのあなたで気楽に話せます。出会いはどこにあるか分からないもの。茶飲み友だちの彼が「運命の男性」を紹介してくれることだってあり得るのです。

よく「誤解されたら困る」という人がいますが、人間関係に誤解はつきもの。ストーカーになってしまいそうな男性とは、お友だちにもなりたくないでしょうから、その可能性のありそうな人を避ければOK。あとはお互いの心をさらけ出して話すしか誤解を解く方法はありません。

女の役割を果たさない

男友だちグループの飲み会などで、気を利かせて飲み物をついだり食べ物を取り分けたり……。かいがいしく働いてしまう女性がいます。でもたまには、そうした「女の役割」をやめてみましょう。全くしないものも人として失礼なので、家族と食べているくらいの感覚で手出しする程度にしておきます。

こまごまとした世話をするというのは、男性からみれば「いいお嫁さん」アピールになります。お友だち付き合いしたい男性の前で、一般的に「女性がするもの」とされていることをどんどんやってしまうのは避けましょう。また反対に、おごってもらうなどの「男性がするべきこと」をお願いするのも控えた方が無難です。

なるべく男女の社会的役割から自由になりましょう。気分は小学校低学年のクラスメイト。気が利かなくていいんです。

自分をさらけだして男友だちにしゃべってみる

「男性はこんなこと面白くないだろう」と黙ってしまったり、いつも以上にひょうきんキャラを装ってしまったり……。男性を目の前にすると、普段より態度を繕ってしまう女性は少なからずいます。

男性相手だと「気に入ってもらわねば!」とつい身構えてしまっていませんか?今回ほしいのは「友だち」ですから、相手にはできるだけ自然体の自分を見せたいですよね。繕った自分と合う男性では友だちになったとしても苦しいでしょう。素の自分を出すことに慣れていなくても大丈夫。大好きな人の前ではないのですから、トライ&エラーでどんどんやってみましょう。

友だちになったその後、もし恋人や結婚相手になるとしても、それはそれ。でも友情が消えたということではありません。つきあう形が変化しても、最初に感じた友人感覚はずっと持っていてもいいです。恋人であり、友人でもあり……そんな関係って素敵です。

また恋人にならずとも、男性と恋の駆け引きなしに楽しくつきあえれば、あなたの世界もきっと広がるはずですよ。

 

【関連記事】

イラッ!!独身女性が男友だちから受けたシングルハラスメント

Print Friendly
続きを読む
関連記事

同窓会から交際に発展したことある?

アンケート結果だけをみる >>

Loading ... Loading ...