結婚してからでは手遅れ?アラサー女子の「結婚準備」15項目

最近すっかり聞かなくなった、 結婚 前の「花嫁修業」という言葉。ひと昔前まで「女なら絶対、料理と裁縫はできなきゃダメ!」という風潮があり、家事が不得意な女性にとっては苦労したことでしょう。

でも、時代が変わっても 結婚 前に女性がすべきことは、根本的に変わっていないのかもしれません。独身女性が 結婚 に向けて準備しておくべきことを一挙にご紹介します!

1. 結婚 資金を貯金する

挙式、披露宴の費用は、平均約360万円というデータが。ふたりで割ったとして、ひとり当たり約180万円……。親御さんの援助を受けられたとしても、なかなかの大金です。いまから少しずつ貯金しておきましょう。

2.家事上手になる

男性も自炊をする時代とはいえ、家事力はあったほうが、家族のために役立てるはず。子どもが生まれれば、女性が中心となって子どもを育てることになります。ぜひ独身のうちから腕を磨いておいては?

3.人付き合いに慣れておく

結婚すると、相手方のご家族や親戚付き合いが増えます。良好な関係を築けるよう、人付き合いに慣れておきましょう。

4.男性を見る目を養う

121606

幸せな結婚生活になるかどうかは、相手と愛し合える関係を築けるかが最も大事なポイントのはず。結婚後、後悔しないために男性の見る目をきちんと養いたいものです。

5.同棲を経験する

暮らしてみないと分からないことってあるもの。同棲を経験した方が、結婚後の暮らしにガッカリすることは減りそうです。ただし、ダラダラと暮らすのは良くないと思うので、同棲期間をしっかりと設けて。

6.既婚友だちを作る

彼との結婚で不安になったとき、肉親以外で相談できる人がいるのは心強いでしょう。既婚者とのパイプを作っておくと、結婚後に助かることは多そうです。

7.長期 or 海外旅行に出掛ける

子どもができると、ゆっくりとどこかに出掛けられる機会が少なくなってしまうといいます。子どもに「〇〇は良かったよ~!」と言い聞かせることもできますし、自分磨きとしてもあちこち出掛けてみては?

8.資格を取得する

結婚

結婚を機に仕事を辞める予定なら、いまのうちにキャリアを積んでおきましょう。就職に活かせる資格を取るとか。子育て中だと、何かとバタバタしてしまい、落ち着いて取れるまで時間がかかってしまうかも……?

9.着付けの練習をする

やり方が覚えられれば、大人の品格が高まりそう。入学式といった場面で、華やかなお母さんとして、子どもの自慢にもなるかもしれません。

10.家計簿のつけ方を勉強する

独り身と違って、結婚後はお金の出費が増えます。少しでも生活が楽になるよう、いまから節約のコツを勉強してみては?

11.男性が好む料理を知って研究する

仕事から帰ってきた彼を癒すものといえば、やっぱり温かい食事が欠かせません。彼の好物を上手に作れるようになるのも、良き妻としての腕の見せ所ですよ。

12.脱毛サロンに行く

結婚

結婚式は、人生で一度しかない晴れ舞台。どうせなら一番キレイな自分を周りに見せたいものです。スキンケアの道は一日にしてならず。直前にバタバタしてしまわぬよう、時間をかけて手入れをしましょう。

13.親孝行をする

お世話になってきたご両親に、親孝行するのも立派な花嫁修業です。親御さんと旅行に出掛けながら、自分が生まれたときの話を聞いて、子育ての参考にしてみては?

14.友だちとたくさん遊んでおく

結婚を機に、独身友だちとの関係が希薄になっては寂しいもの。結婚後も仲良く付き合っていけるよう、定期的に会ってお互いの近況報告をしてみて。

15.元彼の写真を捨てる

過去の恋愛とは決別しておきましょう。トラブルになりそうな火の粉は、早めに消しておくことをオススメします。

花嫁修業の道のりは厳しい!

すべてできれば、いつ結婚しても大丈夫なお嫁さんに近づけるはず。少しずつでいいので、花嫁修業をいまから始めてみてはいかがでしょうか!?

【関連記事】

花嫁修業って何をすればいいの?本当に必要な3つのこと

即戦力の嫁になる!独身のうちにやっておくべき「花嫁修業」とは

続きを読む
関連記事

好きな結婚指輪はどれですか?【アラサー独身女性限定】

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...