親友アピールはやめて!こんな男友だちは要注意

男女の友情。「ある」と答える人もいれば「そんなのあり得ない」と主張する人もいると思います。

人の価値観は様々なので、正解がどちらとは決められませんが、こんな 男友だち がいたら要注意です。

優しすぎる 男友だち

いつも食事をおごってくれたり、迎えに来てくれたり、親身になってくれたり……でも「友だちだよ」と言っている男性には気を付けましょう。優しいし自分にとって言い心地が良い存在の彼は、男友だちにはもってこいかもしれませんが、優しすぎる男性は下心を持ち合わせている可能性が。

本当に「友だちとしていい関係を築きたい」と思っている人であれば、時には厳しい意見も言ってくれるはずです。自分でも明らかに「やりすぎ」と分かるようなわがままでさえも許してくれるようなことがあれば、本当の”友だち”になりたいということではないでしょう。

また、こういう男性はあなたのことを決して恋愛対象とは思っていません。優しくしていれば「あわよくば」な関係を持てるかも、とあなたが都合のイイ女になるのを待っているので、相手の思惑通りにならないように。

都合のいい時だけ頼りにしてくる 男友だち

普段全然連絡をしてこないのに、「上司にどうしてもって頼まれて……」などといって、合コンや飲み会の時にだけ声をかけてくる男性もいます。友だちだし仕方ないか、といって許すと調子に乗って何度も頼んでくることも。

これではもはや友だちではなく「合コン要因」としか思われていません。ノリ気でない会は面倒ですし、自分が呼んだ女友だちに迷惑をかけるようなことがあれば、マイナスダメージを食らってしまいます。

会が終わった後に「本当にありがとう!○○は頼りになるなー」などといっておだてられても、何度も続くようなら断る勇気も必要です。

親友アピールが過ぎる 男友だち

異性であっても「一緒にいて落ち着く、何でも言い合える」親友のような存在がいてもおかしくはありません。女性と男性では考え方が根本的に違う、と言われていますが、全く考え方の違う存在だからこそ仲良くなれることは多いものです。

もちろん、そこに恋愛感情を抱いてしまう可能性があるのなら、本当の親友とは呼べないでしょう。絶対的に恋愛感情は無いと言いきれるけれど、なぜかウマが合って一緒にいたい、と思えるのが親友なのです。

ただ、異性の「親友」はなかなか周囲に理解されがたいものです。特に互いに恋人がいる場合は、その恋人から何も思われない、という可能性は低いでしょう。

にも拘わらず、「自分には異性の親友がいる」と必要以上に周囲に公言をする男性は支配欲が強い男性。あなたのパートナーに対しても「自分の方が仲良い」アピールをすることもあるので、恋愛の邪魔になりかねません。

見返りを求めてくる 男友だち

男友だち

本物の友だちは見返りなんか求めません。これは異性の友だちでも同性の友だちにも言えることですが、「この前○○したんだから」「いつも○○してるじゃん」といって、なにかと見返りを求めてくる人は友だちと思わない方がいいかも。

特に異性の場合は、あなたに恋愛感情が全くないとも分かりません。あなたを繋ぎ留めたいがために、世話を焼いてくれる人もいる、ということを忘れずに。

持ちつ持たれつ、と見返りを求めるでは意味が違います。互いに助けてあげたい時に助けるだけであって、恩を売ることでははないのです。

 男友だちは、同性の友だちとは違って線引きが難しいものではあります。しかし、だからと言って「男女の友情なんてありえない」と言い切ってしまうのも勿体ない。恋愛相談などは男性の意見の方が為になることが多いので、男友だちはいた方が得です。

男友だちを偽って近づいてくる男性には注意して、本物の友だちが出来れば、恋愛相談などにも一役買ってくれそうですね!

【関連記事】

ありのままでOK!男友だちと上手に接する心構え5つ

男友だちからのエッチの誘い、相手を傷つけずに「脈なし」を伝える方法

続きを読む
関連記事

男性限定:浮気した原因ってなんですか?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...