小動物系女子

「ぽっちゃり、ぷよぷよ」……勝手に言っとけ!目指せぽっちゃり!

渡辺直美さん、柳原加奈子さん、森三中さんなどを思い浮かべると、なんだかハッピーで豊かな感じがする。

彼女たち、痩せようと思ってないだろうな、と。むしろ、美味しいものがあったらガンガン食べるのだろうな、と。 自分の欲望を隠さず、結果あの体系。

常にカロリー計算に追われる人生から解放されている彼女たち。それにあこがれる女子が少なくないのはインスタのフォロワー数からも明らか。今回はぽっちゃりの魅力を分析です。

触り心地がよい・安心感があるなど男子のぽっちゃり支持率高し

「太ったっていいじゃない」「むしろもっと食べたいわ!」くらい心大らかなところが、男にも女にもモテている人気の秘訣。そして彼女たちが食べる姿を見ると、とてもハッピーな気持ちになる。

「彼女は身長155cm、体重65kg。完全なぽっちゃり体系。なんせ触り心地がいいんですよ、二の腕のたぷたぷしてる感。仕事で疲れてるとき、そのたぷたぷに癒されますよ(笑)」(28歳・メーカー勤務) 

触感重視の男性にはたまらない存在らしい!?

「一緒にご飯食べに行くと、めちゃくちゃなんでも美味しそうに食べる!焼き肉行くなんて言ったらテンションすごいですからね。こっちも自然と楽しくなりますよ。前の彼女は体重を気にする子だったから焼き肉NGとかいちいち制限があってつまらなかった」(37歳・放送作家)

食感重視の男性にも、たまらない存在らしい。

ぽっちゃりするとバストUP↑

ダイエットをすると、バストのサイズがぐっと下がってしまった経験ありませんか?逆に太ると、バストが格段とUPしますよね。ぷよぷよグラマーな谷間を作ることが出来ます。

太ることで、バストやお尻など女性らしいラインも復活。

腹筋が割れている女子が意外に男性から人気がないことからもわかるように、男性はムキムキした女性よりもポヨッとした女性のほうが癒されるんです。

ハリウッドセレブもボヨヨンが台頭

振り返って、ハリウッド。

実は、セレブといわれる女性たちはグラマーで胸やお尻が大きい、ムチムチ体系が主流になってきています。ビヨンセ、キム・カーダシアン、ケイト・アプトン、ジェニファー・ロペス。

彼女たちのインスタは大きいお尻自慢や豊かな胸の谷間でクラクラします。

また、プラスサイズモデルとよばれる、LLサイズ以上しか身に着けないグラマーモデルも今や主流。食べるのを拒否してガリガリに削り上げた身体がランウェイを席巻していたのは、今や昔です。

太っていてもオシャレが出来る時代なのです!

以前は可愛らしい服がなかなか見つからなかったぽっちゃりさん。でも今や専門サイズが豊富になってきました。

ぽっちゃり女子のファッション雑誌まで登場しているのですから、いかにそのニーズが高いかがわかります。オシャレで太っている女子はまさにこの瞬間も輝いてる!痩せてる場合じゃないですよ!

あなたの周りにもぽっちゃりでモテてる女子が増えていませんか?ポイントはまさに開き直り!太っていることを楽しむキャラクター性のあるぽっちゃり女子は勝ち組のようですよ。

続きを読む
関連記事

関連カテゴリー

「価値観が合う人と結婚したい」の価値観ってどれ?【27-34歳アラサー女性限定】

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

関連カテゴリー