詐欺出没注意!働く女性を狙う恋愛詐欺にご用心・前編

最近、働く女子を狙った恋愛詐欺が横行しているとの噂。

そこには働く女性の弱みを突く、巧妙な手口があります。

実際、恋愛詐欺にあったというA子さん(35)の話を元に、詐欺に引っかからないための対策を学んでおきましょう。

A子さん(35)プロフィール
恵比寿在住、商社で働くキャリアウーマン
彼氏いない歴1年半
恋愛は人並みに経験しており、慎重で真面目なタイプだと語る

バーの入り口でふと声をかけられて

ある夜、友人と食事をし、飲み足りないと感じたA子さんは一軒のバーに入ろうとしました。そのとき、一人の青年に声をかけられます。

スーツ姿に黒の手提鞄、いかにも仕事帰りといったその青年は、「一人で飲もうとしていたのだけれど、それは味気ない、よかったら一緒に飲みませんか」と言ってきます。

普段はそういう人にはついていかないはずのA子さんでしたが、お酒が回っていたことと、その青年のいかにも普通そうなところに気を許し、一緒に飲むことにしました。

二人でバーに入り話を聞くと、自分より5歳も若い。それでも会社を立ち上げて一生懸命頑張っている途中だという彼。A子さんの話を聞いて感心し、ノートをとる彼の姿に、何となく若者を応援するような気持ちになったというA子さん。

気がつけばかなり深酒をしてしまい、帰るときにはフラフラ。すっかり気を良くしたA子さんは彼に家の前まで送ってもらっていました。

ここでのポイント

1.いかにも普通そうな男である 
2.会社を経営している
3.聞き上手である

彼からの連絡、そして2回目の出会い

それから数日後、その彼から連絡がきます。「この前の話がとても勉強になった、ぜひまた話を聞きたい」とのこと。

思い返せばA子さんは彼に連絡先を教えていました。と同時に、飲み代を払ってもらっていたことも思い出しました。仕事の話をしたいと言っていることだし、しかも前回は払ってもらったことだし、いい子だったし、とA子さんは再び彼に会うことにしました。

待ち合わせに少し遅れて現れた彼は、仕事が忙しいらしく、飲んでいる途中でも何度か席をはずして外に電話をかけに行きます。最近はアジアに出張する機会が多くて大変だと話します。

しかし、具体的に何をやっているのかは話してくれません。それでもA子さんは彼に事細かに聞くこともせず、何となく楽しく飲んで、その日も勉強になったという彼が支払いをしてくれました。そしてまた家の前まで送ってもらったのです。

ここでのポイント

1.具体的な仕事内容を話さないが、大きい仕事をしていると匂わせる
2.夜だというのにどこからか電話が何度もかかってくる
3.毎回彼が支払いをする

3回目の出会い ここから事態が動き出す!

それからさらに1週間後、彼から再び連絡を受け、A子さんは彼と会い、お酒を飲みながら楽しい時間を過ごします。帰りがけ、さすがにA子さんが今回は支払いをすると言いましたが、やはり彼が支払いを済ませてしまいます。

そうしてすっかり彼に気を許し始めたA子さんは、またしても家の前まで送ってもらうのですが、その途中、ふと彼に手を繋がれます。しばらく彼氏のいなかった彼女はドキドキします。そして家の前までくると、ふいに抱きしめられ、彼女は舞い上がります。頭の中は混乱しつつも、新しい恋の始まりを予感します。

しかし、ふとある言葉がよぎるのです。初めて彼に会ったときに聞いた「彼女はいる」というセリフ。彼女は頭を振りながら彼から離れ、一人部屋へと戻ります。そこへ、彼からメールが届きます。

「一緒にいてとても癒された。また会いたい」これからどうなっていくのだろうか、とA子さんの心は乱れます。ところがここから事態は急変するのです。

ここで、3回の出会いを経て、彼がA子さんに対して確認したであろうポイントです。

1.自分のことを何も知らないのに、なぜか自分を信用している
2.自分の支払いを受けつつも、A子さんには支払う用意がある
3.恋愛感情で付け入る隙がある

以上を踏まえて、彼はついに行動開始するのです。

後編へつづく

Print Friendly
続きを読む
関連記事

自分は恋愛下手だと思う?

アンケート結果だけをみる >>

Loading ... Loading ...