嬉しいとウザさの境界線は?アラサー女子たちがジャッジする男の嫉妬心

好きな人と付き合っていると、おのずと独占欲がつきまとうもの。彼が自分ではない女性と仲良くしているところを見ると、やましいことがなくてもつい嫉妬しまう……なんてこと、あなたも身に覚えがありませんか?

嫉妬は悪いことではありませんが、その気持ちがあまりに強すぎると、お互いしんどくなってしまいがちです。今回は、そんな嫉妬の嬉しさとウザさの境界線として、女子が判別する男性の嫉妬心についてご紹介します。

同棲中の彼に、一緒に外出する相手の性別をいちいち確認される

「友だちと遊びに行くとき、いちいち相手の性別を確認する男性はうざいですね、この前も『友だちと飲んでくる』といったら、『○○とか?この前も飲みに行かなかったか?』と私の友だちの名前を挙げてきて、ちょっとウンザリ。そこはもう少し相手を信頼して欲しいですよね」(28歳/営業)

恋人同士である以上、彼氏さんが気になる気持ちもわからなくはありません。ですが、しつこく聞いてこられると、まるで思春期の子を持つ親みたいにうるさく感じるかも……。彼の嫉妬がなくなるよう、お互いの信頼関係をきちんと築いておきたいですね。

デートをする度に行き先について彼氏があれこれと詮索してくる

「いまカレがちょっとウザいです。彼ったらデートをする度に、『ここも元彼と来たことある?』と私の顔色を覗うんですよ。こうなった原因は、私が彼とデートをしていて『ここ元彼と来たことある』と、うっかり口を滑らせたからなんですけど……。でも、そんな風に聞かなくてもいいと思いませんか?」(30歳/販売)

その彼氏さんは嫌味の意味ではなく、純粋にあなたのことを気に掛けているのかもしれませんね。元彼の話を出してしまうと、男性は比べられていると感じてしまうので、なるべく彼の嫉妬心や心配を煽らないように用心しましょう。

彼からほかの異性とあまり話さないで欲しいとお願いされる

「私は彼の嫉妬がかわいいなって思います。相手はふたつ上の先輩なんですが、デート中に『あんまりほかの男と話さないで』といわれて、思わず苦笑い。本心じゃないとわかっていながらも、彼がそう言ってくれたことにちょっと愛おしさを感じました」(29歳/企画)

この程度の嫉妬なら、可愛らしいと感じる女性も多いのでは? これが本格化してしまうと、息苦しくなってしまいますが。彼のようにお願いされると、「嫉妬されるのも悪くないな」と思えるから不思議ですね。

彼が「旅行メンバーに男はいるの?」と妙に心配して質問してくる

「高校時代の友だちと久しぶりに会おうという誘いがきて、1泊2日の旅行に行こうとしたんです。すると彼が『それって男も来るんだよね……?』と妙に不安げに聞くので、母性愛をくすぐられたのかな。普段は男らしい彼が、なんだか急に子供っぽく見えてかわいかったです(笑)」(27歳/飲食)

こちらの彼も嫉妬の形がなんともいえず可愛らしいですね。また、遊びに出かける相手の性別を確認するところは、初めの彼のエピソードと似ています。ですが彼のように下手に出る姿勢が、ウザいと感じる境界線を分けているのかもしれません。

とはいえ、あまりしつこく聞かれてしまうと、これもまたウザいと感じる嫉妬に逆戻りです。やはり嫉妬心の強さで、男性の嫉妬が心地良いか、そうではかが分かれるのかもしれませんね。女子のあなたなら、彼の嫉妬心どこまで許せますか?

続きを読む

日本で外国人男性と出会うには?

アンケート結果だけをみる >>

Loading ... Loading ...
LINE
公式LINE@DOKUJO[独女]