【三十路と婚活】馬場、婚活やめるってよ~悲しみの休載宣言!?~

馬場です、三十路です。
3月1日から婚活をしている、独身です。

前回屈辱の婚活パーティーを経験したことで、ついに「婚活疲れ」を発症。そんな馬場を見て、友人が気晴らしに合コンを開いてくれました。

ある日の合コンにて

今回の女性幹事H女史は、仕事を通して知り合った友人。馬場の婚活を応援してくれている彼女が、彼氏の職場であぶれている独身メンズたちのために合コンを開くことなり、私を誘ってくれたのです。
まさに、捨てる神あれば拾う神あり
少~しだけ考えて、スパルタ療法で「婚活疲れ」を撃退するべく参加しました。

合コン当日。本日の会場は東京駅の近くのイタリアンです。
男性陣は企業の研究職だそうで、女性に慣れていないから、盛り上がらないかもしれないとめちゃめちゃ念を押されました。しかし、馬場が望む全てのスペック「マジメ、安定、高学歴」を満たしているとのこと。
婚活で疲弊していた馬場にとっては、オアシスの泉のように貴重なメンズじゃないか!
ということで、前回の失敗を生かし、当日はコンサバ&キレイ目な服装で参加。アクセサリーも威圧感を与えないよう、華奢なピアスと指輪だけで臨みました。

到着すると、幹事を含めた4名の男性陣がスタンバイ。びっくりしました。

みんな、小綺麗やないかーい!

女性慣れしていない研究職と聞いていたので、チェックのシャツを着たもっさいメンズかもしれないと覚悟していました。だからいい意味で拍子抜け。これは幸先いいスタートです。
会がすすむにつれ、さらにびっくりしました。

なんか、めっちゃ楽すぃー!

彼らの地頭の良さと幹事カップルのアシストのおかげで、話題は広がりまくり。馬場の舌も饒舌になりそうでしたが、今回は空気を読んで4割のパワーで抑えました。
結局1次会では足らず、幹事カップルを抜いた6人で2次会へGO。馬場史上最高品質の呼び声高い合コンは、スタンディングオベーションで幕を下ろしました。

後日、H女史と会った時に素晴らすぃ合コンを開催してくれたお礼を言いました。すると、

「馬場ちゃんすごくいい感じだったんだけと……2つだけダメ出しさせて!」

……え?ダメ出し?

思い当たる点が全くないので、まさに青天の霹靂。心して聞くことにしました。

その1:相手の趣味を否定してはいけない
アウトドアが好きという男性陣に対し、馬場は「休みの日にまで疲れることするなんて、絶対ムリ~!マジ信じられな~い!」と発言。これは趣味を全否定されたと感じる場合もあるので、決してしてはいけない。

その2:LINEのアイコンに面白い写真は使ってはいけない
顔写真に落書きをしたおもしろアイコンのまま、馬場は男性陣とIDを交換。このような笑いに走った写真は女子ウケバツグンである一方、平均的な男性からは敬遠される場合が多いので、決してしてはいけない。

白目むいて泡吹いてぶっ倒れるかと思いました。

本当に、気付いてなかったんですもの。「その2」については、馬場的に一番オモローなアイコンにした自覚はあります。でも「その1」に関しては、発言したことすら忘れている始末。つまり、無意識のうちに非モテ要素を振りまいていたということです。

馬場、マジで終わってる。

こんな状態で婚活してもダメダメです。よかれと思ってやったことが裏目に出続けるうちは、どんなにデートしたって意味がない。それを男性に対して無意識に行っていたならば、もしかしたら友人に対しても失礼な言動をしていたかもしれません。知らず知らずのうちに大切な人を傷つけていたとしたら……
考えただけでゾッとします。
それに、ろくでもない男ばかりを引きつけているということは、認めたくないですが……

馬場もろくでなしなんでしょう。

そしてそんな女性とは、誰も結婚したがりません!ツライけど認めます!ですから、徹底的な意識改革をしない限り婚活は成功しませんよね。

そこで馬場は、決断しました。
苦渋の決断をしました。

 

一旦、馬場は婚活やめます。

 

これまでの婚活では、たくさんのクソ野……ではなく個性的な男性たちと出会うことができました。短期間での出会いの数で言えば、自分史上最大と言えます。

それなのに、これっぽっちも成果が出せなかったということは、もしかしたら馬場は成長できていなかったのかもしれません。それに後半は婚活疲れまで発症させてますから、完全に努力の方向性を間違っていたようです。

三十路にもなって、やっていることに意味を見いだせないうえ、結果を出せないなんて……情けない、情けなさすぎる。

まさに七転八倒、絶体絶命!

これまでの馬場は、押してダメならブチ壊せ、石橋は叩き壊して別ルート、をモットーに猪突猛進してきましたが、その戦法では解決できない段階にきたようです。

時には、勇気ある撤退が必要な時があります。馬場にとっては、それが今なのかもしれません。

H女史からの金言をターニングポイントに、一度婚活を完全にやめて、自分自身としっかり向き合いたいと思います。このままだったら、女として以前に人としてダメになってしまいそうだから。

そして、新生・馬場ちゃんとしてカムバックしたいと思います。

婚活中の全国の独身諸君、共に戦おうぞ!

続きを読む
関連記事

【男性限定】1回デートした女性を、2回目のデートに誘わなかった理由は?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー