恋愛も結婚もうまくいかない…原因はあなたの「あの一言」だった!

モテる人をよく見ると、2タイプいます。1つ目はあぁ、あの人はモテるよね、とみんなが納得するタイプ。もう1つは特別なアピールポイントがないのになぜか恋愛も結婚もすんなりいって困らない人。みんながなんとなくモヤモヤするのはもちろん後者です。

「私のほうが結構いい感じなのに、何で彼氏ができないの?」なんて気持ちを抱いたことはありませんか?「モテなそうでモテる」タイプにはあるポイントがあります。今現在パートナーがいない人も、自分を「モテない」と決めつける必要は全くナシ!じつは恋愛も結婚も「ある一言」を口にしないだけでうまくいくかもしれないんです。誰もがモテる秘訣とは、いったい何なのでしょうか?

恋が遠のく一言「めんどくさい」

「なぜ恋が寄ってこないの?」と不思議に思うような女性に共通しているのが実は「めんどくさがり」という点。面倒くさがりというのは部屋が汚い・自炊をしないなどの明らかなズボラさの事だけではありません。

例えば、行動範囲が限られている。同じ人としか交流しない。

自分なりの定番が確立してしまい、ヘアメイクやファッションにも、新しいものを取り入れることが少なくなっていませんか?特にルックスは重要です。これといった悩みがないからと、最低限のケアしかしない状態になっていませんか?マンネリした印象はどうしても「安定してます」「新しいことは求めていません」というサインを発してしまいます。

これが恋や結婚が遠のく原因になっているかもしれません。そう、モテなそうでモテる人たちの共通点て「マメさ」なんです!

恋愛も結婚も、そもそもめんどくさいもの!

口では恋がしたい、結婚したいと言いながら、いざいい感じの人ができても「新しく関係を作っていくのが面倒くさい」「彼に合わせて自分のライフスタイルが変わっていくのが面倒くさい」という人は少なくありません。特に、美人やそこそこモテるタイプ、自分である程度稼げるタイプの女性にはその傾向が強いようです。

恋愛以外の面で恵まれていると、少しでも自分を曲げるような負担を感じる恋愛には「面倒くさい」と切り捨ててしまいがちです。例えば、尽くしていると見せかけて彼を上手く転がしている系の女子に「よくそんな面倒くさいことできるよね」なんて思っている女性はこのタイプと言えます。

しかし、恋愛も結婚も相手がいること。面倒くさいというのは言い換えれば「自分のことはいっさい曲げない/変えない」というのと同じことではないでしょうか。その硬質なオーラは、確実に、出会いや恋愛、結婚が近づいてくるチャンスをはねのけてしまいます。

面倒くさい!が極まるとこうなる

もともと、女としての生活は面倒くさいことばかり。ヘアメイクなどを整える……TPOに合っていて、なおかつ女らしい服を着る、さらにネイルを整える……。このあたりの、女性としてのビジュアル面に気を配ることが面倒くさいと感じたり、惰性でこなすようになるのは初期の危険信号。

ボーイッシュな女性が好き、シンプルで清楚なタイプが好きという男性も多いけれど、彼らは清潔感あるこざっぱりした色気があるのがいいんです。手入れしていない、というか、空き家みたいに手入れしてない女に惚れる男性は少数派。

「男はナチュラルが好きでしょ?」と、デートの時もノーメイク、ボサボサの眉や口周りのうぶ毛も放置しているような女性は、結婚前なら妻としての対象には選ばれず、結婚後にそうなったなら旦那さまに密かに「詐欺」と思われるかも。

「引き寄せる」ための「余白」って?

人の目を意識すること、ビジュアルに新しい流行を取り入れること、仲間内だけで過ごさないこと、様々なタイプの人に理解されやすい話し方やものの言い方をすること……これらはすべて、自分の生活に他人が入る「余白」を作るということ。この「余白」は何かを面倒くさがったり、自分を変えるのを拒んでいる人にはないものです。

「そんなの面倒くさい……」という気持ちを少しだけでも手放してみると、新しい何かが入ってくるかもしれません。

親しい友人との会話で「私たちって本当に変わらないね」なんてワードが出てくるときは要注意!自分たちから見て変化がないということは、周囲から見たら後退している状態なのかも知れませんよ。

続きを読む
関連記事

関連カテゴリー

好きな結婚指輪はどれですか?【アラサー独身女性限定】

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

関連カテゴリー