今こそ見直したい!?「お見合い結婚」で幸せになれる4つの理由

「お見合い」という言葉自体に抵抗を感じる女性も多いのでは?

恋愛結婚が一般的ないま、「お見合いは恋愛に消極的な人のためのものでしょ」「大恋愛したうえで結婚したい」こんなイメージがありますよね……ところがこれ、将来の選択肢を狭めてしまっているかもしれません。お見合い結婚にも、お見合いならではのすごいメリットがあるのです。

面倒な恋の駆け引きが必要ない

お見合いの場合は最初から結婚を目的として出会うので、相手の心中を探ったりなどの駆け引きは必要ありません。恋愛経験が少ない人や、不器用な人にとって「恋の駆け引き」は大きなストレス。駆け引きに失敗して空回りが続くうちに、恋愛自体に消極的になってしまうケースも珍しくありません。

対して、お見合いでは気楽かつ前向きな姿勢で相手と向き合える分、人によっては恋愛以上に良い関係性を築けるかもしれません。お互いに結婚という目的が明確なため、結婚のタイミングがダラダラ伸びることもありません。恋愛結婚にありがちな、お互いの結婚願望の探り合いによる時間浪費は確実に回避できます。結婚に対する価値観の話もしやすいので「子どもは何人欲しい」などの人生プランも早めに共有できます。

恋愛では注目されにくい「育ち」がモノをいう

お見合いでは仲人さんがお互いの家庭環境まである程度理解してセッティングをします。当然、お相手も自分の望むぐらいの家庭環境で育った「育ちのいい」人である可能性が大。

礼儀作法やマナーが身についているのは大人として魅力です。しかし、恋愛においてはマナーの良し悪しは直接的なアピールポイントになりにくい。逆に「気取った敷居の高い女性」という印象を与えてしまう場合もあります。

一方、お見合いではそうした部分がストレートに評価されることが多くなります。結婚を目的とした男性しかいないため、恋愛とは少し違った視点で相手を判断するからです。外見や会話力にコンプレックスがあり恋愛に消極的だったという女性も、お見合いではスムーズに話が進んだという話も多いようです。

結婚後も「恋愛関係」を育める

結婚までが早いお見合いはドラマ性に欠ける印象がありますが、実は恋愛結婚よりも結婚生活が充実しやすいと言われています。

恋愛結婚は一番盛り上がった時期を通り過ぎて一緒に生活を始めます。しかし、お見合い結婚の場合、お互いを知って恋愛関係を築くのは大部分が「結婚後」です。結婚してから互いのことを深く知り合い、恋愛関係も現在進行形で育むという楽しみが残っているのです。

つまり「毎日ドキドキできる」という夢のような結婚生活は、お見合い結婚で十分実現できるのです。

生活水準への満足度が高い

お見合い結婚の場合はまず条件から相手を見るので、いざ結婚生活が始まってから「生活が苦しい」ということはまずありません。恋愛よりも理性的に相手を選んでいるため、結婚した時点である程度の生活レベルが保証されているということです。大恋愛を経ての結婚も素敵ですが、生活が苦しければ相手を思いやる余裕も無くなってしまいます。そういう意味でも、結婚において生活レベルの保証は大切といえます。

今回は恋愛結婚とお見合い結婚を比較する形でお話しましたが、決してどちらの方が良いという結論はありません。自ら選択肢を少なくするような状態にならないことが重要なのです。「お見合いなんて……」という偏見を捨てた方が、幸せな結婚への可能性が広がると考えてみてください。

続きを読む
関連記事