【三十路と婚活】「結婚」するまで婚活は終わらないことに気付いた

馬場です。三十路です。先日、婚活を終えた独身です。

1年4ヶ月の長きに渡り、壮絶で愉快な婚活という名の戦場をくぐり抜けた馬場。先日やっと、こじらせ男子I氏という名の桃源郷にたどり着いたのでした。

おかげさまで、連載終了時には多方面からメッセージをいただきました。「おめでとうございます!」「私も頑張ります!」という祝福メールの嵐には、馬場感激。頑張ってよかった~と思わずにはいられませんでした。

最近は、久しぶりの恋愛を謳歌中。三十路に突然訪れたアバンチュールのおかげか、生活とお肌のハリがパないっす。そんな効果をもたらしてくれたI氏は、馬場が抱いていた難アリ物件疑惑を払拭し、のように優しいです。その証拠に、毎朝彼が住む方向に向かって手を合わせています。

そんな桃色な日々に、早くも暗雲が。祝福コメントの中に、こんな言葉を発見したのです。

「馬場さん、これがゴールではありません」

あれ?違うの?
彼氏ができたから、婚活終わりでハッピーエンドじゃダメなの?

動揺した馬場は、ちょっと立ち止まって考えてみました。

そもそも、馬場が汗水垂らして励んでいた婚活とは、「結婚活動」の略。
つまり、結婚するまで婚活は終わりじゃないのです。
つまり、まだ馬場はスタートラインにすら立てていなかったのです。

やっちまった~うっかりしてた、婚活終わってないじゃな~い!小学生の頃にも「家に帰るまでが遠足です」って先生に言われてきたのに、すっかり忘れていました。

勝手に浮かれて、そして勝手に連載終了させてすみませんでした。

改めて婚活ネクストステージに移行しただけだと気付いた馬場は、今度はI氏との結婚に向けた婚活を開始することを勝手に決意。これからは、結婚できる女すなわちI氏が結婚したいと思える馬場になるために、実践的かつ戦略的かつ具体的な施策を実施します。

彼氏ができたからってのほほんとしていても、結婚は歩いて来ないんですよ。

交際開始からたいして時間も経っていないのに、ちょっと焦りすぎじゃないかって?

ノンノン、アラサー特に三十路の峠を越えた独身女性に「焦りすぎ」という言葉はありません。なぜなら、女性にはハンデが増えると馬場は考えているから。

まずは年齢というハンデ。

こんなことは言いたくありませんが、女性が男性の年収を気にするように、男性は女性の年齢を気にしがちです。特に婚活の場では年齢でセグメントされる機会が多いので、三十路以上の独身女性が参加できるものは必然的に減っていきます。そうでなくても、合コンなどの出会いの場で年齢の話になると、気まずいったらありゃしない。そんな思いを二度としたくない馬場としては、なるはやで婚活を終了させたいのです。

さらにシビアなのが、肉体的なハンデ。

結婚願望だけでなくへの憧れも強い馬場は、結婚と出産をセットに考えています。今の野望は、馬場Jr.を2人ほど産み、2020年東京オリンピックを家族揃って最新型のハイビジョンテレビで観戦すること。その目標を逆算すると、こちらもなるはやで対応したい案件なのであります。

では、婚活を終わらせるつまり結婚する具体的な方法って何があるでしょう。もう少し考えてみたいと思います。

>>馬場が結婚する方法とは?気になる後半はコチラ!

続きを読む
関連記事

【男性限定】1回デートした女性を、2回目のデートに誘わなかった理由は?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...