【こんな女は結婚できない】港区&中央区以外のデートを嫌がる女の場合

「キラキラした場所しか興味がない」

今回いきなり東京の話から始まりましたが、東京に限らず、その都市におけるおしゃれでハイソな地域というのは、どこにでも存在します。

それが東京でいうと港区とか中央区、もっと細かくいうと銀座、六本木、麻布界隈という感じのエリアになります。もちろんどこも素敵な場所ではありますが、女性の中にはときどき、「六本木や銀座以外の デート はテンションが下がる」「できれば避けたい」と豪語する女性を見かけます。

確かにあのあたりの界隈での デート は楽しいですが、結婚という目的がある女性にとっては、実はけっこう問題発言だと思います。

デート を六本木銀座界隈しか認めない女性の心理

バリバリの都内中心部しか興味がない。ただ遊びや独身を謳歌するなら全く問題ないですが、結婚を見据えた人生設計を考えるなら、その気持ちを全面に出すのはかなり痛いような気がします。

それはなぜかというと、こんな心理が隠されているからです。

ハイソに見せて薄っぺらい価値観

まずキラキラしたエリアでのデートを好む女性がよく言うセリフが「美味しいお店が多い」というもの。逆に「新宿や池袋は美味しいお店がない!」と豪語する女性もいます。

確かに確率的に考えると、銀座とか麻布十番には美味しいお店が多いです。ただし、かといって新宿などに美味しいお店が皆無ということはありません。

実際某高級飲食系メーカーの方や某マスコミ系のグルメな方は、美味しいお店はどのエリアにもあると豪語し、新宿や蒲田など、どんなエリアを指定しても必ず素敵なデートを提案してくれます。

つまり、エリアにこだわる心理とは、ただのおしゃれそうな薄っぺらい価値観での判断。六本木などで遊ぶ都会派な自分に酔っているだけなのです。

お金がかかる女子の結婚勝ち組とは

キラキラした遊びを肯定してくれる男性というのは(それも比較的条件の良い男性)一定数存在します。コリドー街や六本木交差点では、そんな男女の駆け引きに出くわすこともしばしば。

しかし、結婚というゴールを見据えて考えると、こういった場所での駆け引きは激戦。はっきり言って、よっぽどご自身のテクに自信がなければ、効率の悪い戦い方をしているといえます。

だったらおしゃれな遊び方に長けている人をひっかけるよりも、普通の男性を選んでたまにキラキラした場所に連れていってもらうくらいが1番賢い選択ではないでしょうか。

遊び場さがしは幸せさがし?

デート港区&中央区のデート以外認めない。それはつまり、自分の中の薄っぺらい価値観でエリアを選び、お金をかけられる自分に酔いしれているだけということがいえます。

ドキリとしたあなたにオススメの対処法は、スバリ遊び場の新規開拓です。

たとえば北千住のセンベロツアーや、蒲田の餃子ツアー(実は蒲田は美味しい餃子屋が多いエリア)。夜景がないと嫌だという方は、東京タワーのふもとではなく、スカイツリー近辺のエリアを開拓していくのもありです。

こうして行動エリアを自分で広げていくことで、与えられた世間からの価値観を信じるだけでなく、“自分の中での良い悪い”を見つけることができ、自立や幸せを見つけやすくなるかもしれません。

【関連記事】

【こんな女は結婚できない】予定が埋まらないと落ち着かない女

【こんな女は結婚できない】なにかとハワイに行きたがる女の場合

【こんな女は結婚できない】自分より年収低いのは嫌!と言う女の場合

Print Friendly
続きを読む
関連記事