「浮気相手」との違いって?男性が思う「本命彼女」の条件

そこに「好き」という感情があっても、浮気相手と 本命彼女 は明らかに違う存在と言えます。きちんと見極めないとムダな時間を過ごしてしまい、幸せな結婚から遠ざかってしまうことに。

では、浮気相手と 本命彼女 はどこが違うのでしょうか。今回は、男性が思う「浮気相手」と「 本命彼女 」の違いについてご紹介します。

本命彼女 の条件1:大ゲンカができる

本命彼女は「この人とずっと人生を共にしたい」と思うくらい大切な相手。何か衝突があったり、意見の違いが出てきたりしても、即「別れよう」とは思わないもの。大きなケンカをしても、それを乗り越えて仲を深めようとします。

一方、浮気相手の場合、決定的な意識の差が見えた瞬間に「面倒くさい」という感情が何よりも勝ってしまい、別れにつながることもあるのです。自分が我慢するくらいなら、他の都合のよい女性を探した方が楽に感じるのでしょう。

本命彼女 の条件2:簡単に弱みを見せられない

本命彼女

意外かもしれませんが、本命彼女に明かせない「男の弱い一面」も、浮気相手にならば見せられるという男性は少なくありません。大好きな相手だからこそ嫌われたくない、本気だからこそカッコいい彼氏であり続けようとします。

そしてその弱さをさらけ出す格好の相手となるのが、浮気相手の女性なのです。男性が弱い部分を自分にだけ見せてくれる……そんな立場に弱いのも、セカンド女にされやすい女性の特徴と言えるでしょう。

本命彼女 の条件3:家族の話ができる

本気で惚れている女性となら、いくらでも将来や家族などの深い話をしたくなるのが男の性。一般的に男性が避けがちな話題でも進んで話したくなるのは、本命の女性だけです。

なぜならば、心許せる女性を作ることは男性にとって一つのステータスになるため。心に決めた女性に対しては腹を割って話したいと本能的に思うようです。自分のことをなかなか話そうとしない浮気男性と思われる人には「私なんかには話せない?」と少し大胆な姿勢になるよいかもしれません。

本命彼女は、時には楽しく、時には真剣に向き合うような、深く結びついた存在。しかし、浮気相手はあくまで一時的な遊び相手です。大ゲンカしたり、なかなか弱みを見せてくれたりしなくても、悩む必要はないのかも。

女性側もきちんと男性を見極めないと、せっかくの恋と時間を台無しにしてしまいます。一時の快楽に溺れて、大切なことを見失わないようにしたいものです。

【関連記事】

彼は注意をしてくれる?男性が「本命女性」にしかできない行動4つ

グチは封印!男性が「本命」にしたい女性だけにするピュア行動3つ

Print Friendly
続きを読む
関連記事