新聞広告にあった会費10,000円の高額婚活パーティーに潜入してみた

結婚願望のある女子の皆さま。日ごろ色んな男性に出会うのに、なかなか恋愛できない、なんてことはありませんか?私も仕事などで色んな男性に出会うのですが、なかなか恋愛脳で見られない女子の一人です。

そんな毎日を繰り返していると、どんどん恋愛したい気持ちが大きくなって、休日に色んな出会いの場を探すようになりました。今回は、その中でも印象に残っている結婚相談所のお見合い パーティー についてお話したいと思います。

アラサー女子、チープな パーティー に飽きる

出会いを求め始めた頃、友だちとよく色んなパーティーの情報を集めては出かけるようになりました。異業種交流会、社会人サークルパーティー、外国人との言語交流会……。

会費は3,000~5,000円程度で、参加する男子は同世代。友だちを作りたい男子やただ騒ぎたい男子が多くて、「何だかな~?」という会話が女子の間で増えていきました。そんな時、友だちの一人が新聞広告で「ホテルでのパーティー。会費10,000円」という情報を見つけたのです。

「ホテルで?」「10,000円!?」これは、上質な出会いがあるに違いない!会費10,000円は少々痛手ではありましたが、ラグジュアリーな男と出会えると考えたら安いもの。さっそくパーティーを主催する大阪にある某結婚相談所に、申し込みと会費を払いに行くことになりました。

結婚相談所は、出会いを科学するところ

訪れたのは雑居ビルの一室。通されたデスクに座ると、ついたての向こうでは、数人の男女が専用のパソコンを使って、お相手探しをしていました。私の前に現れたのは見るからに「若い頃は百戦錬磨でした!」というオーラを放った、小ギレイなおばさまです。

「あなた、26歳?26歳女性は、相談所では最も価値があるの!」そのおばさまは、性別と年齢のボリュームをグラフで書き示し始めました。おばさまによると、相談所の登録者で最も人気があって、かつ人数が少ないのが26歳女性らしいのです。

その他色々とグラフで解説され「女性が30代になったら、男性人気は一気に下がる!今入会したら引く手あまたよ!」「データと経験から、私がお相手を見つけてあげる!」と、入会を説得されること1時間。心は揺らいだものの、入会金が払えるような財力はなかったため、パーティーだけが目的だから、と何とか会費を払いその場を後にしました。

男女の出会いを研究しつくしたおばさまのお話は、とても説得力がありました。そして、自分も婚活市場ではかなり需要があるのか!と、パーティーへの期待が俄然増したのです。

いざ、 パーティー へ

パーティー

週末の午前中、某有名ホテルの広間を貸し切って行われたパーティーには、男女30人ずつが集結。ドレスコードがあったため、結婚式の2次会レベルに身なりを整え参加しました。

男女交互に円座になった60人は、女性は動かず、男性が1分ごとに交代で女性の間をクルクルと回るシステムのもと、全員が自己紹介を終える形に。この回転ずし方式、経験したことがある人は分かると思いますが、知らない人と1分ごとに自己紹介をし合うのは想像以上に疲れるんです……。

参加していた男性には色んな人がいましたが、みんな自分の力では結婚できない“何か”を抱えている印象でした。一言で言うと、「残念」な男性が多い。これが彼らとの会話で疲れた最大の原因です。

女性は、対照的に素敵な人が多く、この事実にはかなり焦りました。「こんなに素敵な人でも相談所に来ないといけないなんて、もっと頑張らなくては……」と。

「お金をかければ上質な出会いがある」は間違い!

会費が高いとそれだけ上質な出会いがあるのでは?と、安易な気持ちで出かけたパーティー。それは結論から言うと、間違いでした。

私が参加したパーティーに限りますが、有名ホテルの一室を貸し切っているものの、椅子だけが雑然と並べられパーティー感はありませんし、料理も小さなテーブルにサンドイッチとスナック菓子のようなものがあるだけ……。出会いが目的になるあまり、女性が求めるような素敵なパーティーの演出は皆無でした。

重要な男性陣も、上質な出会いを夢見ていた私たちにとっては、期待外れ。かっこいいなと思えるような仕事をしていて、できればイケメンな人が、少しでいいので参加していて欲しかったのですが、これも皆無でした。

「お金があるから高級なお見合いパーティーに行く」のではなく、「お金をかけなければ出会いの場がない男性」や、「そうしなければ女性と出会えない、何らかの理由がある男性」が多かったように思います。

よくよく考えてみると、私たちが求めているような「かっこいいなと思えるような仕事をしていて、できればイケメンな人」は、わざわざお金を出して婚活パーティーに来なくても、自然と相手は見つかるでしょう。

結論、素敵な人との出会いは、お金を出しても手に入りません。ではどこで手に入るのか?模索の旅は続きます。

【関連記事】

苦手な女性ほどトライ!婚活パーティー「必勝テクニック」3つ

婚活パーティーでちょっと得する3つの忘れ勝ちなポイント

続きを読む
関連記事

男性限定:女性から来たら既読スルーしたくなるLINEは?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー