家で切り出すのはNG?彼氏ときっぱり別れるためのステップ5つ

彼氏と別れる!

そう覚悟を決めたなら、別れる方向へ順序よく進んでいきましょう。今回は、きっぱり彼氏と別れられるよう5つのステップでまとめてみましたので、ご紹介していきます。

STEP1:彼との思い出の品を処分

「彼氏と別れる!」と決断した時、気持ちも別れる方向へ強く向かっていることでしょう。思い返さない内に、彼との思い出の品を処分してしまいましょう。

彼氏と別れる当日に気持ちが揺らいでしまわない為にも、彼のことを思い返してしまうものは全て周りに無い状態にする必要があります。彼との別れの意思を強く持つためにも、決断してすぐ身辺整理から始ましょう。

STEP2:長居できない状況で別れ話

彼に別れを告げた時、彼にも言い分はあるでしょう。話の展開は読めませんが、別れ話を延々とし続けることはできれば避けたいものです。でも、これで二人の関係が終わりかと考えてしまうと、切り上げるきっかけもなかなか掴めなかったり。そうならないためにも、前もって長居できない状況を作っておきましょう。

例えば、「家の都合で早く帰らなければいけなくなった」と言い、時間指定しておくことで長居できない状況は作れます。他にも、「友だちに呼び出されて〇時には行かないと」と急遽という形にすることによって、相手も「仕方ない」と受け入れてくれるでしょう。

また、仕事終わりの遅い時間を狙っても良いですね。時間にも限界がくるでしょう。「最終電車が……」と切り上げてしまいましょう。

時間に制限をかけて長居できない状況を作ることによって、別れ話もスムーズに流れていきますよ。

STEP3:別れの意志が固いことを伝える

彼との別れ話。きっぱりと別れるためにも相手に納得してもらわなければなりません。きちんと頭で整理した上で、別れる理由を伝えましょう。その際に、別れの意志が固いものであると伝えることが大事です。別れずに済む方法は何もないと思わせることで、順調に別れる方向へと向かうでしょう。

STEP4:彼の言い分を否定しない

別れの意思を伝えた後、彼にも言いたいことはあるはずです。できる限り穏やかに別れるためにも、彼をヒートアップさせることなくしっかりと言い分を聞いてあげる必要があります。最後にお互い言いたいことを言ってスッキリしましょう。

もし、彼が「別れたくない」といった状況であっても、彼を否定するような言葉は避けましょう。「ありがとう。嬉しい。でも、私の気持ちは変わらない」と言うだけで充分です。相手の気持ちや言葉に左右されることなく、別れの意志のみを伝え続けることで彼も最後には納得してくれますよ。

STEP5:その場で連絡手段を絶つ

020202

その場を去れば今後一切連絡はしないことを伝え、その場で連絡手段を絶ってしまいましょう。そうすることによって彼も、彼女からもう連絡が来ることは無いと確信できます。今後ひょっとすると、という気持ちを2人とも起こさずに済むのでスッキリします。

長居できない状況を作っているので、最後は「時間だから……」と別れ話を切り上げる方向へ持っていきます。「じゃぁ……」と別れた後は、躊躇することなく前へ進みましょう。

彼氏と別れる!を念じよう

彼との別れを決断した後は、彼と別れるまで決して揺らぐことなく固い意志を持ち続けましょう。彼氏ときっぱり別れるためにも、彼への思いを断ち切る必要があります。着々と別れる準備を進められるよう、「彼氏と別れる!」と常に念じてみては?

5つのステップを踏んで彼氏ときっぱり別れ、心新たに前へ進みましょう!

Print Friendly
続きを読む
関連記事

彼氏の年収、どうやって知った?

アンケート結果だけをみる >>

Loading ... Loading ...

関連カテゴリー