落ち込んでる暇はない!失恋をバネに「新しい恋」を始める秘策

20代前半は前向きに「次のステップ」と捉えられていた失恋も、歳を重ねるにつれその傷は深くなるもの。結婚を前提にお付き合いしていた彼であれば、喪失感や絶望感はより大きいものになってしまうかもしれません。

ですが、落ち込んでばかりいても時は悪戯に過ぎていくだけ。アラサー女子たるもの、失恋をバネにさらなる幸せを掴みたいものです。そこで今回は、新しい恋を始める秘策を段階別にご紹介していきます。

ステップ1:元カレに感謝する

どちらが別れを切り出したにせよ、別れた後は「ビター」な気持ちになってしまうもの。交際期間が長ければ長いほど情が湧いて、彼は家族同然のような存在になっていたということも珍しくありません。ですが、新しい恋に踏み出すためにはそんなほろ苦い気持ちに蹴りをつける必要があります。

まずは、彼に対するマイナスイメージだけでなく、彼の好きだったところや楽しい思い出を振り返ってみましょう。どんな終わり方だったにせよ、素敵な経験をさせてくれた彼に感謝することから全ては始まります。「酸いも甘いも勉強になりました」「あなたのおかげで成長できました」「反面教師にして次の恋愛も頑張ります」と、無理にでもいいので元カレへ感謝の気持ちをもつことが大切です。

そして、失恋モードから立ち直るには次が一番重要。そんな楽しい思い出いっぱいの素敵な彼だけど、結局はうまくいかなかったという事実を真摯に受け止めます。「あの時ああしてたら、もっとこうしてれば」のタラレバは禁止!別れは誰のせいでもなく、私の相手はあの人ではなかったんだと冷静に受け止めてしまったほうが楽になれます。

ステップ2:過去の恋愛から反省点と改善点を洗い出す

020306

冷静さを取り戻し頭の中をきちんと整理することができたら、ステップ2に移行。過去の恋愛を振り返り、反省点と改善すべき点を洗い出していきます。頭の中で行っても箇条書きで紙に書き出していってもOK。なるべく具体的に挙げていきましょう。

人はどうしても別れた原因を「相性」のせいにしたくなってしまいます。ですが、二人の心が離れた原因は本当に相性だけの問題だったのでしょうか。例えば、「情熱的なアプローチに惹かれてお付き合いしたのに、安心したのか、彼は付き合った途端冷たくなってしまった」という反省点。これは出会いからお付き合いまでが駆け足で、彼の本質を見極める時間が足りなかったのかもしれません。もう少し早く彼の恋愛ハンター的性格に気付いていれば、策を講じることもできたでしょう。

このように一つ一つ丁寧に掘り下げていくと、自ずと次の恋愛で気をつけるべきポイントや自分が次にお付き合いするべき男性像が見えてくるはずです。恋愛においてフィーリングはとても重要ですが、結婚を意識するとなるとそれだけで突っ走るのは少し危険。友達のアドバイスや客観的な意見にも耳を傾けるようにしましょう。

ステップ3:女子会で背中を押してもらう

自分自身とよく向き合ったら、女友達の力も借りてみます。過去の恋愛を振り返る洗い出し作業はなかなかハードなので、たまには女子会でパーッと盛りあがることも大切です。

女性のパワーの源は「共感」。女友達の共感を得ることで、心がスッキリしたなんて経験はありませんか?気心の知れた女友達との女子会では元カレへの愚痴や悪口何でもアリ!彼女たちに思いの丈をぶつけて、「あなたは間違ってない。全部元カレが悪い」と背中を押してもらいましょう。

「彼より自分に合う人が他にいる」、心からそんな風に思えるようになったら次の恋へと踏み出す準備は万端。最終ステップに進みましょう。

ステップ4:男友達の前で元カレを褒める

最後のステップは少しあざといテクニック。男友達に素敵な男性を紹介してもらうための秘策です。スッパリ未練を断ち切ったあなたは、男友達の前で元カレを褒めることに何の抵抗もなくなっているはずです。

慰めてくれる男友達に対して「彼もなんだかんだいい人だったし、もういい思い出だから大丈夫!前向きに新しい恋探そうと思ってるよ」と答えるあなたは、健気な大人のイイ女に映ること間違いナシ。このやりとりから「いい人いるから紹介するよ」と話がトントン拍子に進む可能性もあります。

失恋のセンチメンタルな気分は今日で卒業!強く賢く、次の一手を考えていきましょう。

続きを見る

お尻の悩み、当てはまるのはどれ?

アンケート結果だけをみる >>

Loading ... Loading ...
LINE
公式LINE@DOKUJO[独女]