男の本音!「女磨きは無意味」どんなにラブラブな彼でも浮気する理由

恋する女子の味方、北条誠です。今回のテーマは、男はどんな理由で浮気するのか?です。

筆者はライター業とは別にBARを経営していますが、BARでの酒の肴として定番なのが、恋の話です。バーテンダーの筆者に対して、ほろ酔い気分で内緒にしていた浮気話をつい喋ってしまうお客様も少なくありません。

そんな未婚浮気経験アリの男性から、実際に筆者が聞いた浮気に関するホンネをお教えします。

男性は彼女に対して過度の期待を持っている

浮気経験のある男性に話を聞いてみると、付き合い始めた直後は浮気する気などなく、「大好きな彼女ができた!大切にしよう」と思っていた人がほとんどです。

ところが、実際に付き合ってみると、彼女と合わない部分が多数でてきて、「思い描いていた恋愛と違う」と不満を感じるようになり、浮気してしまったと語っています。つまり理想と現実のギャップが浮気の根本的な原因になっているようです。

具体的には、束縛が激しい、優しさが感じられない、ワガママが酷い等といった、彼女の性格についての不満を口にする男性が多いです。 

「私の性格を分かった上で付き合ったんじゃないの?」と、女子からの文句が聞こえてきそうですが、どうやら男性は好きになった女子のことを必要以上に美化する傾向があるようです。

彼女の外見を浮気理由にする男性は意外と少ない

浮気の理由として彼女の性格に対する不満が多い一方で、彼女のルックスやスタイルが浮気の原因になった話はあまり聞きません。

内面と比べると、外見は自分の好みがはっきりと分かるため、付き合うことになった=外見に大きな不満はない、ということなのでしょう。加えて、女子のオシャレには無関心な男性が多く、服装を浮気の理由にあげた男性はいません。

ネイルや化粧に関しては、不要な物と考えている男性もいるくらいです。

彼氏の前でキレイでいられるようにオシャレを頑張っている女子の気持ちはよく分かりますが、付き合ってから磨くべきは、外見ではなくむしろ内面といえそうです。

良いところを増やすより、悪いところを直して欲しい

彼氏のために料理を学んだ、掃除洗濯をした、毎朝起こしてあげた等など、頑張って彼氏に尽くしたのに、結局浮気されてしまった…という経験のある女子も多いことでしょう。

料理や掃除、洗濯等ができるのは女子としてプラス材料です。しかし、浮気の理由になるのは内面に対する不満、つまりマイナス材料なのですから、それを直さない限り、いくらプラス材料があっても浮気は防げないのです。

では、どこを直せばよいのかというと、そのヒントはケンカの際に彼氏が口にした言葉にあるはずです。

ワガママ、ルーズ、束縛等、ケンカの際に彼氏から言われてしまった言葉は、彼氏が彼女に対して抱いている不満です。男性の希望としては、オシャレはしなくてもいいから、直してほしい部分がある、ということです。

Print Friendly
続きを読む
関連記事