ダメンズばかり寄ってくる…「発すると不幸になる」悪魔のフレーズ

口癖って自分では気づかなかったり、気づいても治しにくいもの。ですが、いつも発している口癖が男の人や恋愛を遠ざけているかもしれません。周りにダメンズばかりが寄ってくるのがその発言のせいだとしたら……すぐにでもやめて、いい男を呼び寄せましょう。

ダメンズを引き寄せる口癖3つをその理由とともに紹介します。

自分を卑下する「でも・私なんて」

恋愛に臆病になりすぎていると、相手から魅力的なお誘いが来たときに「私なんかには似合わない」と感じてしまうかもしれません。ですが、あなたの魅力を決めるのは相手です。相手があなたと最高級のレストランで食事をしたいと思ってくれているのなら、それがあなたの価値なのです。

「私なんて」と自分を卑下していると、上から目線であなたを押さえつけるダメンズしか寄ってこなくなってしまいます。こういう女性の周りに寄ってくるのは、自分の方がえらいと思っているモラハラ系男か女性は上から押さえつけてしまえば言うことを聞くと思っているSモドキです。どちらのタイプと付き合っても幸せになれないのは明確でしょう。

自分を卑下する癖がある人は、一つでいいので自信を持てるところを持ちましょう。たとえば料理を練習して上手くなるとか、筋トレやランニングなどでキレイなボディラインを手に入れるなど。こういう努力をしているというだけでも、だんだん自分に自信を持てるようになってきます。

お母さんキャラになる「ご飯食べてる?」

気になる男性に声を掛けるとき、なんと言えばいいのかわからずつい「ご飯食べてる?」というのが口癖になっていませんか?この言葉を何度も聞いた男性は、あなたを母親のような存在だと認識してしまいます。これでは恋愛対象から外れてしまうだけでなく、ヒモ系のダメンズを作り出してしまう危険すらあります。

「ご飯食べてる?」だけではなく、「はい、これ食べて」などと相手に差し入れをし過ぎてしまうのもNG行為です。餌付けをされ続けるのが普通だと思われてしまう危険があるからです。こういう男性が仮に「ご飯を一緒に食べに行かない?」と誘ってくれたとしても、それは奢ってもらえる前提の可能性もあります。これでは対等な恋愛なんてできるはずなし。

男性は女性の「母性」に惹かれることもありますが、母性しか感じないとそれは母親と同じです。誰だって母親とは恋愛したいと思いません。ただご飯を与えてあげる存在になってはいけませんよ。

自分を捨てる「○○してあげる」

男性が困っていそうなとき、「○○してあげようか?」と声をかけることがあるでしょう。これ自体には問題はありませんが、「ありがとう」が欲しいからという理由でするのはやめましょう。また、いつもいつも「アレしてあげる」「コレもしてあげる」と男性の仕事を奪っていると、あなたに何でも任せるダメンズしか寄ってこなくなります。

好きな相手から頼ってもらえるなら嬉しいと考えてしまうかもしれませんが、それでは男性の側に成長が見込めず、何か困難なことがあったときに「無理だ」と投げ出すような人になってしまいます。

もしそういう男性と付き合えたとしても、相手にとってあなたは「なんでも頼んだらしてくれるいい人」です。あなたのことを必死で繋ぎとめようという努力もしないでしょうし、もしかしたらデートのプランまであなた任せなんてこともあり得ます。本当に相手が困っているときには手を差し伸べてあげるべきですが、多少の困難は自分の力で乗り越えてくれるくらいの男性でないと、結婚までは到底考えられないはずです。

いい口癖は自分を高めますが、悪い口癖はダメンズを引き込みます。口癖は自分では気づきづらいので、仲のいい女友達などに「私ってなんか口癖あるかな?」と聞いてみてもいいでしょう。無意識に使っている言葉だからこそ、ちょっとだけ意識をして変えてみる必要があります。口癖を変えると、それだけで周りの男性の反応も変わってくるはずですよ。

続きを読む
関連記事