私の「結婚願望」が迷子です!~そうだ、結婚願望が強い女子に会って話を聞こう!~

DOKUJO読者の皆さま、こんにちは。結婚願望と人生設計の狭間で迷子になっている元キャバ嬢ライターのすずや鈴音です。

前回、友人からの発言をきっかけに迷子になった結婚願望を探す旅に出る決意をした私ですが、ぶっちゃけしばらくは何もせずにだらだら過ごしておりました。「きっと待っていれば結婚願望の方からやってくるはずだよ」と信じながら、それはそれは驚くほどだらだらとした日常を過ごしておりました。

まあ、もちろん結婚願望どころか友達からのお誘いLINEすらやってきやしませんでしたけどね。

仕方がないのでようやく重い腰をあげ、行動を起こす決意をした私は、まず結婚願望の強い女友達に会ってみようと考えました。

自分とはまったく正反対の価値観を持つ友達から話を聞けば、結婚願望に対しても何らかの変化が生まれるはず。そんな期待を胸に抱きつつ、私は学生時代からの友人S美に早速連絡をとってみたのでした。

婚活中にもかかわらず結婚願望が迷子疑惑?

それなりに長いお付き合いとなる友人のS美は時間さえあれば、パーティー、合コン、紹介と婚活に明け暮れる生活を送る独身女子。まさに私とは正反対のタイプです。

この日も会うなり最近の婚活事情を話してくれたS美ですから、おそらく結婚願望についても良いアドバイスがもらえることでしょう。そこで早速、「結婚願望が迷子疑惑」の一件についてS美に相談してみました。

するとどうでしょう。S美からまさかの「わかる、わかる!私も自分が何で結婚したいのかわからないときがあるわ」と予想の斜め上をいく返答が! 

これには普段能天気で有名なすずやさんもビックリ!

「いやいや、S美はめっちゃ婚活してるでしょ?」と私が驚く様子を見せると、「まあ結婚はしたいけど別にすぐしたいわけじゃないんだよね」「ただ子どものことを考えるとさ……」と一言。

どうやら話を聞くかぎり、S美がこれほどまでに結婚を焦るのには「何が何でも子どもが欲しい」という最大の理由があるからなのだとか。

結婚願望の前に出産願望を考えるべき?

「そりゃ本当は結婚したいと思える人が現れたときにできるのが一番だけど、子どもが欲しいとなるとそうはいかないじゃん?」

そう語るS美の言葉を聞き、私は結婚願望だけでなく、出産願望についても今から考えなければいけないのだという現実を知りました。

「やっぱり女性だと出産にもタイムリミットがあるだろうし……。本当に男はいいよね」とため息交じりに語るS美。

確かに子どもが欲しいかどうかは、結婚願望に関わる大きな理由のひとつになります。特に私たち女性にはタイムリミットがあり、現在アラサーである私の場合、子どもが欲しいか欲しくないかの最終決断ができるのはおそらくあと10年ちょっと。そのあとになり、子どもが欲しいと望んでも難しいのが現実なのです。

同時に子どもを生まない選択をしたものの、後に出産願望が芽生えた自分の姿を頭の中で想像してみました。

80歳の老いぼれになってから「やっぱりあたしゃ子どもを産むよ!これから妊活じゃ、妊活!」と入れ歯をカタカタ震わせながら意気込む私。その姿を見て怯える同年代のおじい様方と、必死で私を止めようとする老人ホームのスタッフの方々。

もはや、ただのB級ホラー映画だわ。

正直、結婚願望はもちろん、出産願望もほとんど無いと言っても過言ではない私。しかし本心では自分がどう思っているのかわかりません。実は結婚願望と同じく、探してみると意外に強い出産願望を持っていたなんて可能性もあるのですから。

なにより約半世紀後、同じ老人ホームで暮らす方々にご迷惑をかけぬためにも、結婚願望と並行して自身の出産願望についても答えを出さなければいけない。S美の話を聞き終わった私は、改めてそう考え直したのでした。

独身と結婚と出産…私にとって本当に幸せな人生って?

結婚したくない理由が見つからず、それが原因で結婚願望が迷子になってしまった私。

しかし実際は、結婚したいと語る女性の中にも結婚願望が迷子になっている人はいたのです。

婚活に明け暮れるもうまくいかず「何で私って結婚したいんだっけ?」という考えがふと頭をよぎる女性。

周りからの「結婚しろ」という圧力に押され婚活を続けるものの、本当は自分がどう生きたいのかわからない女性。

きっと私とは正反対の道に進もうとしながらも、同じく結婚願望が迷子になっている女性は意外と多く存在するのかもしれません。

世間体、強がり、将来への不安……。様々な悩みや葛藤と戦いながら生きる独身女性たち。そんな同じ悩みを持つ彼女たちの人生が少しでも素晴らしいものになるよう、これからも私は体を張って結婚願望を探す旅を続けたいと思います。

同時に今回生まれた「出産願望の迷子疑惑」についても、引き続き向き合っていきたい。

そう考えながらも次の旅先(ネタ)が思い浮かばず、再び3日間ほど自堕落な生活を満喫してしまった典型的ダメ人間・すずやでございました。

続く!!

続きを読む
関連記事

男性限定:合コンでの女子の下ネタはどれならオッケー?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー