【男女の告白】男女の意識調査からみた告白のベストタイミングや場所、告白の一言をまとめてみた

あなたは付き合う前に必ず言葉で「告白」されて承諾することを行っていますか?歳を重ねるごとに色々な男性と出会う機会があります。

大人同士が付き合う前の「告白」って必要なの?という素朴な疑問から男女の恋愛を考えてみたいと思います。

Contents

命題:大人の付き合いで、「告白」は必要か?

告白
【回答数】
必要:84
いらない:16

調査地域:全国
調査対象:独身女性
調査期間:2016年04月08日~2016年04月22日
有効回答数:100サンプル

「いる派」が圧倒的多数!大人だからこそ必要

アンケートの結果、8割以上の女性が「付き合う前に告白は必要」と答えました。

「付き合う宣言がなくてだらだら付き合うと、後で付き合ってないよってことにもなりかねないから。確認は大事」(30代/会社員)

「大人だからきちんと関係をはっきりしないと、都合のいい相手にされそうだから」(30代/会社員)

「大人になってからの恋愛だからこそ、きちんとした告白は必要だと思います!そうでないと曖昧な関係になってしまいます」(20代/フリーランス)

長年の付き合いであっても、出会ったばかりであっても、やはり真面目にお付き合いしたいのかどうかの確認は大切です。だらだらとした関係をつづけた結果、相手にとって都合のいい女であった場合のショックは計り知れません。

特に、女性の方が結婚を意識したお付き合いを望むことも多いので、最初にきちんと気持ちを伝えてもらうことによって安心感を得られるようです。

「いらない派」は言葉よりも行動を重視

その一方、16%の女子が付き合う前の告白は必要ないと答えました。

「あえて言葉にしなくても、オトナになるとそういう関係かなってわかります。なので、あえて言葉にしなくてもいいんじゃないかなと思います。告白をしてくる人は律儀で真面目そうなので、好印象ではありますが」(30代/会社員)

「いわゆる告白はいらない。でも何かしらの意思表示は欲しいと思う。わかりやすくて誠実さが伝わればよし」(30代/会社員)

「あえて言葉にしなくても、好意があることをお互いに受け取れれば自然と交際に繋がるし、それでいいと思う」(30代/自営業(個人事業主))

告白の言葉は特に必要ないという女性の意見には、お互いに好きだと分かればいい、なんとなく察しがつくという意見が多く見られました。言葉にしなくても雰囲気が伝わればよいと考える人もいるようです。

意識調査:女性から男性に告白することはあるのか?

【質問】
付き合う時に女性(自分)から告白ってしたことある?

【回答数】
煮え切れなくなったらする:34
告白されるのを待ち続ける:30
告白されなかったら諦める:22
自分から積極的にする:14
相手の告白を待てずに自分から告白する人が多い

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性
■有効回答数:100サンプル

アンケートの結果、煮え切れなくなったら自分から告白する、という人が一番多いという結果になりました。

・自分の気持ちが抑えられなくなって告白してしまうと思う。大体ダメなんですけどね。(30代/会社員)

・待ち続けて、すれ違うのは嫌なので、あまりにも言わないようであれば、こっちから言ってしまう。(30代/会社員)

・基本的に相手からを望みますが、相手が全然気づかなかったらさりげなく言います。(30代/フリーランス)

しかし、やはり皆さん心の底では相手に告白してもらいたいと思っているようです。告白せずに終わってしまうくらいなら自分から告白するという人がいることがわかりました。

依然として男性から告白を待ち続けるが多数

相手からの告白を待ち続ける人が二番目に多いという結果になりました。

・自分からは告白できないタイプなので、ひたすら告白してくれるのを待ち続けます。(20代/会社員)

・相手が自分に気があると確信したら告白されるように仕向けます。(20代/契約派遣社員)

・自分からは言いませんが、相手が言いやすいようにそのようなオーラを出して促します。(30代/公務員)

回答理由を見ると、告白する勇気がないので待ち続けるという人がいました。相手が告白しやすいようにオーラを出したりデートで雰囲気作りをするという人もいました。

告白する勇気がない人にとって、その行動が精一杯ということかもしれません。

自分から告白を諦めてしまう女性が多い

告白されなかったら諦めるという人が三番目に多いという結果に。

・自分に自信がもてないし、ふられたら立ち直れない。自分には縁がなかったんだと諦める。(30代/会社員)

・告白するのが怖いから。告白してフラれて後悔するくらいならそのままでいてしまう。(20代/専門職)

続いて、自分から積極的に告白するという人は四番目に多いという結果になり、少数派であるということがわかりました。

・心は常にハンターなので、気に入った相手ならサクサク告白しますよ。(20代/会社員)

・最初は待つが、気持ちが抑えられなくなると自分から告白してしまう。(30代/専門職)

・その場の流れで自分から言う方が自然だったら、自分から告白する。(20代/自営業)

多くの人がフラれることを考えて告白をためらうと回答しているのに対して積極的に告白するという人は失敗を恐れていないということがわかりました。

フラれることを恐れて告白を避ける傾向にあるようで、積極的な人は稀な存在なのかもしれませんね。

意識調査:女性たるもの、男の告白を待つべきか?

他のデータを紹介します。あるマッチングサービス会社が20代、30代の独身女性885名を対象にアンケート調査を実施したところ、年代によって「女性が告白すること」への意識が変わってくる事がわかりました。

30代女性になると、半数以上は自分から告白している

好きな男性が出来ても、自分から 告白 するなんてとても……と言う人も相変わらず多いと思います。 ところが今回の調査ではなんとアラサー女性の半数以上が好きになったら自分から告白しようと考えていることがわかりました。

「好きになったら自分から告白しますか?」に「はい」と答えた女性の割合は

20代前半……40.4%、 20代後半……43.7% 30代前半……51.2% 30代後半……50.7%

という結果に。年齢が上がるにつれ、自分の気持ちを自信をもって伝えられるようになっていることがわかります。

自分から告白する理由は「待ってられない!」が多数

自分から告白する女性たちに、その理由を聞いてみたところ、以下のようなコメントが並びました。

「後悔したくないから」(女性/30代前半/神奈川県)
「他に取られたくないから」(女性/30代半ば/東京都)
「時間を大切にしたいから」(女性/20代半ば/大阪府)
「待ってたらチャンスを逃してしまう」(女性/30代前半/大阪府)
「気持ちが抑えきれなくなるから」(女性/30代前半/茨城県)
「積極的だから」(女性/30代前半/東京都)
「結果が早いから」(女性/30代前半/愛知県)

「はい」と答えた人の中で最も多い意見は、やはり「時間がもったいない」である様子。相手の告白を待つより自分からアタックをすることも大事なのかもしれない、と、ちらちら感じ始めたアラサー女子の姿が垣間見えます。

よく見ると積極的な意見には30代女子が多いのにお気づきですか?「フラれるのが怖い……」など悠長な事を言ってられない、というのもある意味、本音のようです。

女は「待っているだけ」では 結婚できない時代へ突入か?

結婚 するためには婚活をして、女性自ら出会いの場に足を運ぶことが必要とされる時代。

「男から誘うのは当たり前!」と思ってしまう気持ちはよく分かりますが、その考えが通用する時代はどうやら終わってしまったようです。 結婚 したくてもできない女性の多くは、未だにこの考え方から抜け出せていないことが原因かもしれません。

そこで今回は、 結婚 にお悩みの女子が抱える問題点を、改めて考えてみたいと思います。

まず、第一の問題点がこれです。男性の草食化に伴い女性の肉食化も進み、ガツガツ自分をアピールできる女性も増えてきました。そんな恋愛に積極的な女性が多くいる中、男性のアピールを待っているだけでは結婚には辿り着くことはできません。

この状況を打破するために、「告白をただ待つ」というスタンスをやめてみましょう。イマドキの男性は、確実にOKがもらえる状況でなければ告白には踏み切らないよう。「告白したところでもし無理だったら気まずいし……」と、「当たって砕ける」ことを何よりも恐れています。

何とも頼りなく感じてしまいますが、だからといって「告白なんて男からして当然」という態度は絶対にNG!斜に構えた態度では、ますます結婚は遠のいてしまいます。「彼も恋愛や結婚に向けて慎重になっているんだ」くらいの、寛大の心で受け止めてあげましょう。

そしてそれと同時に、男性が「告白しても大丈夫」と安心できるように、「告白ウェルカム」の雰囲気をつくって、それを相手に伝えてあげましょう。その際のポイントは、自分の気持ちを解放すること。「あなたと一緒にいると楽しい!」ということをデートの度に伝えましょう。

また、「自分は今彼氏が欲しい」という状況をしっかり伝えておくことも効果的。相手からの決め手の一言を引き出すためには、逆に告白の背中を押してあげるくらいの心意気が必要です。

「男ならこうすべき」と考えると結婚できない

結婚

「待っているだけ」にも共通する部分ですが、結婚をグッと引き寄せるには「男ならこうすべき」という考え方を卒業することが大切。特に、結婚相手を選ぶ基準が相手のスペック重視になっているという女性は要注意です。

一概に間違っているとは言えませんが、「男なら女性をリードすべき」「男なら家族を養うべき」といった考え方は、男性の目には「上から目線の女性」に映ってしまいます。ほとんどの男性は結婚相手に安らぎや癒しを求めているので、こういった発言の一つ一つが、結婚できない習慣をつくりあげてしまうことを心に留めたほうがよさそうです。

また、「結婚=アップグレード」という女性の考え方も、結婚を遠ざける原因に。これは、結婚することで自分の人生をより良いものにしたいという、自分勝手な考え方。このような相手に依存した考え方では、生涯のパートナーとして二人三脚で生活していくのは難しそうです。

結婚は、結婚式がピークではなく、その先に長い生活が待っています。楽しいことはもちろん、辛く悲しいことも数え切れないほどあるはず。夫婦で幾多の困難を乗り越えていくためには、「お相手の男性とともに人生を歩もう」という意識が大切のようですね。

口で言うほど簡単ではありませんが、何事も日頃の心掛け次第。「ともに責任や苦労を背負っていける人を探す」という気持ちで婚活に臨むべきかもしれません。そしてそんな男性が見つかったら、躊躇せず自分からアプローチしてみてください。

選ばれたり選ばれなかったりの連続で、日々一喜一憂する婚活に疲れてしまっている女子も多いかもしれません。ですが、根本的な考え方を改め直さない限り、なかなかゴールが見えてこないのが婚活の難しいところ。

告白できない女性は「振られるのが怖いから」の意見

「いいえ」と答えた人は、傷つく事が怖かったりするようです。

中には「相手に言わせる!」と言う高等テクニックを持っている人もいましたが、「女性は男性を追うより追われた方が幸せ」という昔ながらの考えを持っている人が多いのかもしれません。以下がその他の回答です。

「自信がないから」(女性/30代前半/大阪府)
「振られるのが怖いから」(女性/20代後半/東京都)
「男性から告白してほしい」(女性/20代前半/宮城県)
「相手から告白された方が大事にしてもらえそう」(女性/20代半ば/茨城県)
「プライドが高いので」(女性/20代半ば/静岡県)
「相手に告白させるように仕向けるから」(女性/20代前半/北海道)
「以前フラらたことがあり、それから自分で告白できない」(女性/30代半ば/東京都)
「男性から告白してもらわないと安心して恋愛できない」(女性/20代前半/東京都)

意識調査:もし告白するなら会って?電話で?メールで?

また他のアンケート結果を紹介します。「告白された時の手段は何でしたか?」という質問への回答は、「直接、会って告白された」という人が最も多く、157名でした。次いで「手紙」が58名、「電話」が33名、「メール」が19人という結果に。

「直接告白するのは、その場の反応で失敗も起こり得るが、それも思い出」(31歳/保険)

「手紙は何年後までも取っておいて、後で読み返すことができる」(29歳/広告)

普段の連絡はメールやLINEが主流な昨今ですが、好きな人へはよりぬくもりを感じられる方法で想いを伝えているのですね。

反対に、「されたら最悪」な告白は圧倒的に「SNS」でした。メールよりも更に軽い印象を受けます。本当に好きなのか?と疑いたくなってしまいますね。

続いて第2位は「告白ナシ」。「流れでなんとなく付き合うようになった」というカップルも今や少なくはないことでしょう。とはいえ、やはりきちんと言葉で伝えてくれないと「本当に付き合ってるのかな?」「私の勘違い?」と、不安になってしまうものです。

そして第3位は「メール」。SNSの登場により、メールが「かしこまったもの」という風潮になってきましたが、それでもやっぱり告白は面と向かって伝えてもらいたいですよね。直接言えないその姿勢に意気地のなさを感じてしまいます。

男の心理:男性の告白に思い悩む7つの壁

男性からの告白を待っている女性は多くいます。「告白してくれたら恋人同士になれるのに」「私の事が絶対に好きなはずなのに、どうして告白してくれないの?」とイライラしている人も意外に多いものです。

今回は、そんな告白をしてくれない彼の本当の気持ちを一緒に考えていく事にしましょう。

自分の立場が危うくなるから告白に悩む

例えば男性が、会社の上司あるいは部下など付き合う事で生じるリスクを考え告白が出来ない男性もいます。

男性は、女性よりも損得勘定で動くことが少ないと言われていますが、仕事に関わることとなると別問題。「自分の立場を危うくしてまで付き合うのはどうか……」と悩み、告白できない人も多いようです。

こういった場合、「この女しかいない!」と強く思わせることで告白を促す事ができるはずです。
元カノを忘れられない

男性は、振られた恋愛をことごとく覚えている習性があります。自分で振った恋愛は、すぐに忘れて放り投げてしまうのに、まったく勝手ですよね。

気持ちの優しい男性は特に昔の恋愛を引きずり、あなたの事が好きなのにも関わらず告白できないでいる人もいます。

新しい恋愛は、自分の気持ちにけじめをつけてからと思うタイプの人に多い傾向ですね。

そんな男性の攻略法はじっくり「機」を待つか、もしくは、ジウジがずっと長く続いているなら、コチラから少し離れてみることです。男性は好きな人が離れていく時に初めて大切さを知るといいます。

いつも一緒にいるよりは「もう前の彼女が忘れられないならいいよ」と冷たくすることで、案外彼の心をこちら側に向けてしまえることも多いんですよ。

経済的、時間的余裕がないから告白に悩む

男性は多くの物事を同時にこなす事が苦手です。そのため、好きな人がいても仕事や私生活が忙しく、いっぱいいっぱいの状態だと告白してくれない場合もあるのです。

それは、勝手な考えではなく、貴方が好きだからこそ。「今、付き合っても、忙しくて相手してあげられないかも」「せっかく付き合ってもデートができないんじゃ嫌われてしまかも」と女性を思いやり言わないケースも多いです。

こんな彼への攻略法は、「忙しくても私たちは仲良しでいられるよね」と自信を付けさせてあげることです。忙しくイライラしている彼をサポートしてあげたり、気遣ってあげることで彼に気持ちが伝わります。

「この人は俺をわかってくれる」と思わせたら告白まで目前です。好きな彼を見ていれば、状況もおのずと見えてくるもの。彼の気持ちになり、出来るだけのサポートをしてみましょう。

そしていっぱいサポートをしたら「スッ」と離れる。コレが男性を虜にする恋愛マジックです。押したら引くを上手に使い、彼に絶対告白をさせるように頑張って行きましょう。

いい雰囲気の男性ができ、「そろそろ告白してくれるかも!」と期待しても、曖昧な態度のままの男性がいます。もう少しで付き合えるはずなのに、それではやきもきしてしまいますよね。一体、どういうつもりなのでしょうか。

男性に、曖昧な態度をとる男の本音を聞いてみました。

束縛が嫌いな性格なので告白に悩む

「付き合ったら、いろいろ責任もでますし、束縛もされそうです。できればなんの責任も生じない都合のいい関係を続けたいです」(26歳/運輸)

女性にとっては「なんて勝手な!」という理由ですが、確かに付き合っていない状態なら気楽で自由なもの。この気楽さから抜けられない男性がいるようです。

フラれるのを恐れて告白に悩むる

「自分に自信がないので、もう少し自信が持てるように自分磨き中です。女子力ならぬ男子力を身につけたいですね」(30歳/小売り)

いい雰囲気とはいえ、油断は禁物。確実にOKをもらえるように、さらなる高みを目指しているという意見もでました。

「彼女の理想が高すぎます。専業主婦希望、年収は600万円以上、貯金は一千万円以上、身長は175cm以上、長男不可、タバコ・お酒はNG……細かい条件も多いため、こういう女性を選んでいいのか不安です」(31歳/建設)

理想の高さに見合うだけの女性ならいいですが、高望みはいけませんね。高望みをすると、男性とも親しくなりづらいです。それに見合うだけの女になるか、理想を低くしましょう。

せっかく仲良くなれたのに、付き合えないのではがっかりです。なぜ告白されないのかよく考えて、うまくいくように努力したいですね。

結婚までの覚悟がない、その前の告白に悩む

「アラサー女子って、すぐに結婚を考えますよね。そこまでの覚悟はまだないし、覚悟を決めるならもう少し様子をみたい。間違った選択をしないよう、まだまだ見定め中です」(29歳/医療)

年齢的に結婚がちらつくのは仕方がないこと。しかし、それは男性にプレッシャーをかけているのですね。交際前から結婚を意識させてしまうのは酷なのかもしれません。

根性がないので告白に悩む

「告白はとにかく怖い。関係がギクシャクしても嫌。根性なしなんですよ……」(32歳/サービス)

「もっと勇気をだせ!」と言いたいところですが、どうしても言えないそう。こういうタイプの男性なら、女性からグイグイいくのがいいですね。

共同生活のイメージが湧かないのので告白に悩む

「すぐにでも告白したいくらい好きなんですが、彼女は家事スキルがまったくないんですよ。結婚を意識したら、好きという気持ちだけではどうにもなりません。結婚は生活なので、その技術を身につけていなければ、いずれ別れるはめになりそうです」(30歳/アパレル)

結婚を意識した場合、確かに家事スキルは重要。せっかく好かれているのに、家事スキルがないという理由でゴールできないのは悲しいものです。

告白のタイミング:告白はタイミングと度胸で成功率は確実にアップ!

今は男性の草食化が進む時代。気になる男性がいたら、待っているだけではなく自分からガンガンアプローチしちゃいましょう!とは言っても、何事もタイミングが大切。

意中の男性に気持ちを伝えるベストタイミングは一体いつなのでしょう。見事、女性からの告白を成功させた女性の話を聞いてみました。

彼が弱っているときは絶好のチャンス

「彼が仕事でうまくいってないときに、『私がいるから大丈夫』と言って告白しました。『優しさが身に染みたよ』と言ってもらえたので、やっぱりあのタイミングで間違ってなかったと思います」(20代・飲食)

彼が弱っているときは、少し卑怯に感じて気が引けてしまうかもしれませんが、このまたとないチャンスを逃すわけにはいきません。彼女と別れたばかりのときや体調を崩しているときは、やはり告白の成功率もあがるよう。

彼があなたに相談事をもちかけたり、アドバイスを求めるようになったら、それは少しずつ心を開いている証拠です。しっかりしている女性が好きな男性は意外と多いので、そっと手を差し伸べ安心させてあげましょう。

出会ってから1か月が勝負!

飲み会や合コンなどで知り合った場合、出会ってから約1か月後に告白するのが、最も成就しやすいんだとか。早すぎると「本気なのかな?」と思われてしまいますし、遅すぎてもズルズル友だち関係になり、告白するタイミングを失ってしまいます。

1か月の間に2~3回はデートして、お互いのことをよく知る機会を設けてから行動に移るのが一番ベストな流れでしょう。また、相手が寂しさを感じているときは成功率が高いようなので、彼の様子をよく見極めて、ベストなタイミングで気持ちを伝えられるといいですね。

気になる男性ができたら、何もアプローチされるのを待っている必要はありません。女性のほうから積極的にいくのもアリです。では、気になる男性ができて、自分のものにしたい!落としたい!と思ったらどんなタイミングで攻めていったらいいのでしょうか?

飲み会や合コンなどで知り合った場合、出会ってから約1か月後が告白するタイミングとしてはベストです。

早すぎても「本当に俺のこと好きなのかな?」と思われてしまうかもしれませんし、遅すぎるとその間に他の女性に先を越されてしまうかもしれません。1か月の間に2~3回はデートする機会を設けて、3回目で気持ちを伝えるといいでしょう。

徐々に気持ちを伝えること

まず、あなたは相手に自分の気持ちがバレないように必死になっていませんか?「好き」という気持ちを悟られまいと、気のないフリをしたりただの友達を装ったり……。

しかし、そんな状態で告白をしても、成功率はあまり高くありません。なぜなら、相手があなたのことを恋愛対象と思っているか思っていないかは分からないから。にもかかわらず、大体の人は、告白をして断られると「自分は相手にとっての恋愛対象でなかった」ことに対してショックを受け、諦めてしまいます。

でもよく考えてみてください。好きな相手が自分のことも恋愛対象として見てくれている確率なんて、そうそう高いものでなはないでしょう。あなたが相当な美人で性格もよくて、出会う男出会う男が皆あなたに恋をしてしまうような存在なら別、ですが。

そうでない限り、自分の好きだと思っている相手が同じように恋愛対象、さらには好きと思ってくれているなんて、奇跡に近いこと。そんな相手にいきなり告白をしても、玉砕してしまって当然です。

告白を成功させたいのなら、あなたが彼の恋愛対象である必要があります。そのためには、告白をする前に自分の気持ちを徐々にアピールしておくことが重要になってくるのです。

キモくて当たり前、ウザくて当たり前

では、どのようにして相手の恋愛対象になればよいのでしょうか。

まず第一歩としてできることは、あなたの気持ちをさり気なく伝えること。「好き」と言葉で伝えるのは難しいので、「あなたといると楽しい」「今日も会えて嬉しかった」など、さりげない言葉でOK。相手に「もしかして、自分のことが好きなのか?」と思わせることができれば上出来です。

この「もしかして……?」という気持ちが芽生えることで、初めて相手は自分のことを恋愛の対象として見ることになります。

ただ、これだけでは告白の成功には繋がりません。次にすべきは、「自分と付き合ったらどんなメリットがあるのか」を相手に知ってもらうこと。

この「メリット」というのは多種多様ですが、自分に自信がない人にとっては自分と付き合うことで得られるメリットをプレゼンすることは至難の業かもしれません。そんな時は、自分を見つめなおす作業から始めましょう。

料理が得意、朝起きるのが得意、などなんでもいいので、自分の得意なことを挙げる。そしてそれを自分の付き合う時のメリットにしてしまうのです。そうして自分と付き合うメリットを最大限にアピールすること。

好きとバレバレでも、キモくても、ウザくてもいいんです。とにかく告白の前に自分をそれだけプレゼンできるかが、告白を成功させるカギとなります。

肝心なのは引くタイミングの見極め

どんなことにも「絶対」はありません。万全の準備をしていたとしても、相手の気持ち次第ではどうしてもだめなことはあるのです。

しかし、一度告白をしてフラれてしまったからといって、そこですぐ身を引いてしまうのは勿体ない場合があります。それは、相手が迷っている場合です。

なんらかの理由があってあなたの告白を断って、しかもその理由が明確でいて解決できるものならば、タダで食い下がってしまうのではなく、なんとかしてその問題を解決するように努めましょう。相手に好きな人がいる場合は、自分の方がいいということをアピールし、仕事が忙しいというなら待つと言い、人と付き合う気にならないと言われたらお試しでどう?と聞いてみる、など。

ただ、どうしても相手の決意が固いな、と感じたら、それは身を引くタイミング。頑なな相手に対して押してしまうと嫌われてしまうこともあるので、潔く諦めることも大切です。今までガンガン来られていた相手にあっさりと理解されてしまうと、案外寂しくなる男性も多いので、試す価値は十分にあるはずです。

好きな人に振り向いてもらうために、できることはいくらでもあります。「勇気がない」「嫌われるのが怖い」といって諦めるのは勿体ないですよ!今日からでも彼へのアピールを始めちゃいましょう。

4月は人事異動の季節です。ある調査によると、社内恋愛の経験がある人は4割以上にのぼるそう。毎日顔を合わせるのはもちろん、共通の話題が多かったりと、自然と恋愛関係に発展していくのも納得です。

しかし、これから先も一緒に働いていく仲間。「告白してもしフラれてしまったら……」「別れた後、職場で顔を合わせるのは気まずい」など、社内恋愛にはリスクも伴うので、なかなか 告白のタイミング に踏み出せない女子も多いかもしれません。

そこで今回、社内恋愛が実りやすい「 告白のタイミング 」について、成功した女子たちに聞いてみました。

仕事の悩み相談をする時

「同じ部署の先輩のことが好きだったのですが、なかなか距離を縮められないでいました。でも、新しく担当になった業務に手こずっていた時、勇気を出して『ちょっと質問があって……』と言ってみたんです。それからは話しかけやすくなったので、思い切って『仕事の相談にのってもらえませんか?』と飲みに誘いました。その時、『男性としても尊敬しています』と告白して付き合うことになりました」(29歳/不動産)

気になる男性と距離を縮めたくても、仕事上の関係からいきなりプライベートに踏み込むのは危険です。そんな時は焦る気持ちをおさえ、「仕事の関係」を上手に利用しちゃいましょう。

そこで有効なのは、仕事の相談をするという方法。相談であれば誘いやすいですし、男性も「頼られている」と感じることができるので、好印象を与えることができます。

まずは軽く「ここって何ですか?」とその場で聞ける質問をし、仕事場でも自然に話せる関係を構築します。それを繰り返したら、「実は仕事で悩んでて……」とゆっくり話せる状況を設け、告白のタイミングを引き寄せましょう。

悩むといことは仕事を一生懸命していることにもなるので、男性からも「頑張ってるんだな、応援したいな」と思ってもらいやすいはず。2人の時間がリフレッシュになれば、仕事から離れても一緒にいたいと思ってもらえるでしょう。

会社の飲み会で一緒になった時

「仕事中はいつも忙しそうで、ゆっくり話す時間がとれない先輩がいました。そんな時、会社で懇親会があったので話すチャンスをゲット!お酒が入っていたこともあり、すごくカジュアルな雰囲気で話すことができました。それまで聞けなかったプライベートの話もでき、共通の趣味があることがわかりました。そこで『もっと仲良くなりたいです』と言って連絡先を交換。デートの約束をしました」(30歳/通訳)

仕事中は集中している男性も多く、同じ業務でない限り話すきっかけが掴めないという女子も多いのではないでしょうか?そんなシャイなあなたは、会社の同僚も一緒の飲み会で距離を縮める作戦をとりましょう。

お酒の席であればお互いの緊張も解けて話しやすくなりますし、仕事の話からプライベートの話に自然に持っていくことができます。そこでポイントなのは、職場のあなたとのギャップを見せること。

仕事中は一生懸命になってしまうタイプなら笑顔を絶やさず、ビシバシ進めるタイプならゆっくり話してのんびりした雰囲気を見せるなど、いつもと違う顔を見せてみましょう。

飲み会の場の雰囲気が良くなれば告白してもOKですが、ノリだろうと思われる可能性も。後日、2人きりの場を設けると、成功率はグッと上がるでしょう。

彼に「本当はどんな子なのかな?」と思わせて好奇心を刺激することもできるはず。もし新年会がまだなら、この機会に開いてみては?

どちらかの異動、退職が決まった時

「転職して入った会社で、トレーナーとして面倒を見てくれた先輩がいました。長い時間を過ごすうちに気になるようになったのですが、関係がギクシャクするのが嫌で、先輩後輩の関係のままでした。しかし、1年くらいすると先輩の転勤が決まり、東京を離れることに。そこで思い切って感謝の手紙を渡したら、『今度2人で会おう』と言ってくれて、東京に戻ってくる度にデートをしました。今も彼と付き合ってます」(29歳/流通)

告白のタイミングにしやすいのが、どちらかの異動や退職が決まり職場を離れることになった時。万が一、告白がうまくいかなかったとしても気まずくなる不安もないため、どうしても想いを伝えたい女子にオススメです。

この時は、メールを通してするよりも直接ストレートに伝えるのがポイント。メールでのやりとりが主流になっている今なら、手紙で伝えても効果はあるでしょう。その時は、ただあなたの想いを伝えるだけでなく、一緒に働いていた時の彼の印象や仕事ぶりなどにも触れてみてください。

彼が新天地に行くならば、仕事に関する自信をつけてあげられるきっかけにもなります。逆にあなたが異動、退職するならば、彼の存在が今の職場でいかに重要かを伝えてあげるとよいかもしれません。どんな方法であれ、きちんと想いを伝えることが大切です。

大きなミッションを達成した時

告白のタイミング

「社内の同じチーム内に好きな先輩がいた私。仕事では一番近い存在だったのですが、それ以上は深い関係になるタイミングをつかめずにいました。そんな入社して4年目の春、私たちのチームは社外の大きなコンペに参加することに。毎晩先輩と残業をする日々が続いて、どんどん『好き』という感情が高ぶってしまい、つい『このコンペに優勝したら、言いたい事があります』と言ってしまいました。そして、見事コンペで優勝。その日の打ち上げで告白をしたら、快くOKをもらえました!」(30歳/建築)

同じ職場ともなれば、好きな人と目標を共有することも多いと思います。共に成功を収めたとき、人と人は強い絆で結ばれるもの。そのため、一緒に大きなミッションを達成したタイミングで告白をすると、成功率が上がりますよ。

社内恋愛を成功させるにはじっくり時間をかける

ミッションを達成したことによる高揚感もプラスに働き、一緒に頑張ってきたあなたの姿がより素敵に映ります。あなたの頑張りは、彼は必ず見てくれているはず。勇気を出して告白をしてみましょう。

また同じチームでなくとも、彼が大きな課題を抱えているときに、応援してあげるのもいいかもしれません。できることは手伝ったり、励ましたりしてあげることで、彼も「一緒に頑張ってくれている」という感覚になることでしょう。そして成功を収めることができれば、あなたのことを「なくてはならない存在」として意識してくれるかもしれません。

小さなことでもいいので、彼の支えになること。それが、社内恋愛が成功する秘訣ともいえそうです。

結婚に至る確率が高いと言われる「社内恋愛」。「周囲にバレたら面倒……」などと敬遠されがちですが、真剣交際へと発展する可能性が高いので、タイミングを見計らって告白してみる価値はあります。

また、お互い仕事の大変さを理解できたりと、社内恋愛にはメリットもたくさんあります。生活リズムの違いから破局に至るカップルが多くいる中、毎日お互いの顔を見て一言二言でも会話できるというのは、かなりの安心材料になるはずです。

薄暗い場所で告白するとさらに成功率アップ!

これは、バラエティ番組や昼の情報番組でも話題になったテクニック。告白を成功させるには、どうやらシチュエーションカギをに握るようなんです。そして、その場所として選ばれるのが「薄暗い場所」。

早速、なぜ薄暗い場所がなぜ良いのか、その理由をご説明していきます。

理由1:リラックス効果で成功率アップ

まず一つ目に挙げられる理由がコレ!人間は、黄色みがかった優しい光やオレンジがかった暖かな光もにリラックス効果を感じると言われています。シャンデリアやキャンドル、夕日などの光に癒された経験はありませんか?まさにそれはこの効果によるもの。

また、人間はリラックスした状態は、そうでない状態に比べて親密な気持ちになりやすいと言われています。要は、薄暗い場所が相手にリラックス効果を与え、より親密な気持ちにさせてくれるということ。これを使わない手はありません。

告白すると意志が固まったら、ムードのある照明のお店を予約するなど、自然にリラックスできる場所に誘い出すことが肝心のようです。

理由2:魅力が2割増しにアップする

薄暗い場所は瞳孔が開くため、女性の目が大きく見えるという効果を聞いたことはありませんか?これは、「薄暗い空間では男女とも魅力が2割増しになる」と研究結果でもきちんと証明されていること。大きく潤んだ瞳は相手をドキッとさせ、一気に恋愛モードにもっていくいわば必殺テクなんです。
 
この研究結果を信じて、恥ずかしがらずに相手の目を見つめながら想いを伝えることができれば、告白の成功率もアップするはず。

「少しあざとい?」と感じてしまう女性もいるかもしれませんが、狙うべき所はしっかり狙って、恋愛成就に繋げていきましょう。

理由3:気持ちが大胆になる

告白

1の理由で薄暗い空間はリラックス効果が期待できるとお話しましたが、それと同時に「薄暗さ」は人を興奮状態にさせる効果もあるんです。一見矛盾しているように感じるかもしれませんが、薄暗い場所では普段より大胆な気持ちになれるということ。
 
いつもは恥ずかしがり屋さんの奥手女子でも、薄暗い場所なら思い切って告白ができるはずです。そして嬉しいことに、男性側も告白しやすいと感じて、あなたに想いを伝えてくれる可能性もアップします。そこで見事恋人になることができたら、薄暗い場所を利用して密着しちゃいましょう。

薄暗い空間がこんなにもラッキーをもたらし、背中を押してくれるなんて驚きですよね。 気になる彼をデートに誘うなら夕方以降がオススメ。今の時期だったら夕暮れ時の海なんかも雰囲気があっていいかもしれません。

「好き」を匂わせておくことも大切

全く予期していなかったサプライズの告白もいいかもしれませんが、年齢とともに結婚を意識したお付き合いを望むのであれば、「当たって砕けろ!」の精神で告白するのはなかなか難しいことでもありますよ。

いくらテクニックを駆使したとしても、相手の気持ちが全く分からない状態でやみくもに挑戦するのはあまりオススメできません。

彼の記憶に残りそうな時

例えば彼が仕事で成功した時や、なにかおめでたいことがあった時などに、あなたも同じように喜んでお祝いしてあげると効果的。まるで自分のことのように一緒に喜んでくれたら嬉しいはずです。彼の誕生日など、イベントごとに合わせればより記憶に残るでしょう。

ほどよくお酒が入った時に告白する

「告白なんて高校生以来だったのでかなり緊張してしまい、なかなか勇気が出ませんでしたが、軽くお酒を飲んでリラックスしているうちに自然と気持ちを伝えることができました。ほろ酔いと恥ずかしさで頬が赤くなっていたらしく、彼に『可愛かったよ」と言ってもらえてアルコール様様でした(笑)」(30代/会社員)

ここで重要なのは、お酒は緊張をほぐす道具として大変便利ですが、「ほろ酔い」に留めておくということです。緊張のあまり、飲みすぎて酔った勢いで告白……なんてことにならないようにしましょう!

告白の時、男性は女性に「可愛らしさ」を求めています。「酔ってるのかな?まだ酔ってないかな?」と思わせるくらいの振る舞いをするのがポイント!ほどよくお酒が入っていれば、少しくらい大胆にアプローチしても問題ありません。

デートする約束ができたら、軽くお酒を飲んでお互いにリラックスできるようにしましょう。ほどよくお酒が入っていれば少し大胆にアプローチしても大丈夫。恋バナをして雰囲気を盛り上げて、少し強引に攻めてみるのも良いかもしれません。

ただし、飲みすぎて酔っぱらってしまった時は、酔った勢いと受け取られてしまうかもしれませんので、「酔ってるのかな?まだ酔ってないかな?」と思わせるくらいの振る舞いをするのがポイントです。

精神的・体力的に弱っている時

彼女と別れたばかりのときや、体調を崩している時はまたとないチャンスです。

弱みにつけ込むというと聞こえは悪いですが、趣味に打ち込んでいたり友だちと遊ぶのが楽しいといったような彼の生活が充実している時よりは、精神的・肉体的に弱っている時の方があなたの優しさが身に染みます。親身になって彼の悩みを聞いてあげながらアプローチしましょう。

相談に乗っている時

なんてことないことでも、彼があなたに相談事をもちかけてきたら心を開いているサイン。一緒に考えて、乗り越えられるようにそっと手を差し伸べてあげてください。しっかりしている女性が好きな男性は意外と多いのです。

恋愛が成就しやすいのは、相手が悩みごとを抱えていたり、寂しさを感じている時が最も多いようです。相手の男性がどんな人か見極めて、彼に効果がありそうな方法で攻めてみましょう。

告白テクニック:「2回目のデート」で相手から告白を引き出す方法

友達以上恋人未満の男性とのデートは、「3回目が告白のタイミング」なんてよく言いますよね。もしその通説が本当だとしたら、次のデートで告白するか否かを決める2回目のデートが一番重要だと思いませんか?

そこで今回は、付き合えるか付き合えないかの究極の分かれ道、2回目のデートを成功へと導くとっておきのテクニックをご紹介。デート前の心構えとデート中に注意したいポイントについてお話していきます。

デート前の心構え「ここは通過点」

人は余裕がないと緊張し、不安になってしまうもの。「あくまでもここは通過点に過ぎない」と自分に言い聞かせ、気持ちを落ち着かせることが大切です。実際、1回目のデートが成功したから2回目のデートが実現しているわけです。自信をもちましょう。

また、デートをすれば必ず何かしらの気付きがあったり学びがあったり、たった一日でも恋愛経験値はアップするもの。仮にこのデートが失敗して彼と結ばれなかったとしても、この先現れる本命男性へのアプローチに備えていい練習ができたと思えばいいのです。その時を万全な状態で迎えるために今場数を踏んでいるんだと思うと、気持ちが少し楽になるはずです。

デートは「接客と同じ」と心得る

「デートで接客?」と頭にクエスチョンマークが浮かんでしまった女性も多いかもしれませんが、デートでは相手を気持ちよくさせる会話を心掛けることがとても大切。明るい笑顔、柔らかな物腰、人に安心感を与えるユーモア。デートで必要とされるスキルは、まさに接客業務で求められることと同じです。

例えば「〇〇さんって面白いね」と言われたら、「今日は〇〇くんといるから絶好調!」「〇〇くんといるときだけ異常にツッコミが冴え渡るだけだよ(笑)」など、ユーモアを交えつつ愛のある言葉で切り返してみましょう。接客のお仕事経験がある人は、その時の感覚を思い出すと上手くいくはずです。

また、デートは会話が命。テンポのいいやりとりを意識することが大切です。共通の話題があれば会話を弾ませるのは簡単ですが、そうでない場合は「洋楽のオススメ教えて!」など相手の得意分野のオススメを聞くのがいいでしょう。「私は〇〇なんだけど、〇〇くんは?」と最後を疑問系に繋げて、相手に話題を振ってあげるのも◎。会話を全て自分だけで完結させてしまうと自己愛が強い印象になるので注意が必要です。

別れ際は「次の展開」を期待させる

013129

終わりよければすべてよしという言葉があるように、やはりデートの別れ際は重要です。「遅くまでありがとう」「楽しかった」とポジティブな言葉を述べることももちろん大切ですが、3回目のデートで告白を引き出すにはそれだけではまだ不十分。確実に3回目のデートに繋げるためには、多少の強引さも必要です。

例えば「次のデートも楽しみ」「今度のデートは私から誘ってもいい?」「いつでも連絡してね……連絡来なくても私からしちゃうけど!」など、次回を期待していることが伝わる言葉選びが効果的。彼に「3回目が勝負だ」と思わせることが何より大切です。

人は気に入られたいと思うと、無意識に相手に気を遣ってしまうもの。ですがその気遣いは、時と場合によって窮屈さや退屈さを与える原因になることも……。自分が心からデートを楽しむことができれば、そのポジティブな感情は相手にも伝わり、自然と「いい雰囲気」が生まれていくものです。

デートは楽しんだもん勝ち!あまり深く考え込まず、自然体でいることも成功の秘訣です。大人の余裕とちょっとしたテクニックで、気になる彼から嬉しい告白を引き出しちゃいましょう。

告白テクニック:告白のシミュレーションをじっくり行う

若いころは「好き」「付き合って」など告白の言葉が気軽に言えたという人もいるのではないでしょうか。大人の恋愛になると、何故か躊躇してしまうもの。「あの人と、友だち以上の関係になりたい」という気持ちがあるけど、どうしたらいいかわからないという人に、いくつかの方法を紹介します。

「成功&失敗パターン」をじっくり頭の中でシミュレーション

恋愛エッセイ「忘れた恋のはじめ方」(ゆあん著・朝日新聞出版刊)によると、告白前にシミュレーションをじっくりすることが大切といいます。

「頭の中でじっくり考えていろいろなシミュレーションをしてみてください。いきあたりばったりよりは、シミュレーションをしてうまくいかなかったときの方が諦めもつくはずです」とのこと。

告白のタイミング、場所など、綿密にいろんなパターンを頭の中でめぐらせて。「成功パターン」でハッピーを先取りして、モチベーションを上げるのもいいですし、仮に失敗しても「失敗パターン」をシミュレーションしておけば、想定していなかったよりは傷も浅くて済むはず。

重く考えず、気軽に彼を誘うことが告白の練習に

告白の練習として、気軽に誘いを仕掛けるのが一番の方法でしょう。先の本には「相手が楽しそうに誘いに乗ってくれたら、それもオーケーの合図ですね。少なくとも、あなたといることに違和感がないということです」と書かれています。

誘い文句は何でもいいのです。重く考えずに「美味しいお店を見つけたんだけど、一緒にどうですか?」「あそこのイルミネーションがキレイみたい。今度行ってみない?」と気軽に。

たとえ彼が「その日は都合が悪いんだ」と言ってきても、フラれたわけではないので、気にせずに。まずは、そんな軽い誘いから慣れていくことが大切です。

何回かデートを重ねているけど、告白する勇気が出ない人は?

何回かデートをしてきたけど、なかなか「付き合ってください」の一言が言えないときはどうすればいいでしょうか。同著には意外な一言がアドバイスされています。

「告白したいの。告白の仕方を教えてほしいの」という言葉を彼に。少々勇気のいる言葉ですが、彼もあなたの態度に心を決めるはず。どんな時でも、“素直”な気持ちを伝えることが大切です。

言葉で言えない人は、「好きです。付き合ってください」と書いたメッセージカードを渡してもいいでしょう。古風と思われるでしょうが、メールが発達した世の中だからこそ、手紙が心に響くのです。

大人になるほど意地を張る自分にサヨナラしましょう

告白をすることは、勇気のいること。フラれるのも、とても怖いと思います。しかし、年齢を重ねるごとに意地っ張りになる心を開放して、素直になってみませんか。

告白をしたら、告白できた自分を思いっきり褒めてあげましょう。たとえフラれたとしても、あなたの中の大きな一歩になるはずです。

告白テクニック:交渉術で告白を成功させる

〇〇女子という言葉が定着した今、続々と新しいタイプの女性が誕生しています。その中で注目されている一つが「エイジョ」、すなわち「 営業女子 」です。キャリアに関する分野で知られており、優秀な彼女たちの活躍の場を広げようという試みが多くされています。

営業女子 が持つスキルは、人生最大の「契約」とも言える結婚でも大切になってきそうです。今回は、女性から告白するときにも使えそうな営業女子のスキルを紹介します。

交渉術:「私は料理が得意です!」

デキる営業女子たちは、契約をバッチリ獲得するための交渉力も持ち合わせています。ただ売りたいものの良さをアピールするだけでは、クライアントは本当にそれが必要か、役に立つのかを想像することができません。皆さんも、婚活の場で「私は料理が得意です!」「一緒にいると楽しいですよ!」と、自分を売り込んでばかりいませんか?大切なのは、交際に持って行く交渉力なのです。

もし気になる男性が見つかったら、彼がどんな悩みを持っいて、何を求めているのかをチェック。例えば「結婚を視野に入れた交際がしたい」と考えている男性には、自分と結婚するとどんなメリットがあるかをさり気なく提案してみましょう。

「私、お料理や家事は好きな方だから、苦ではないな」「結婚しても仕事は続けたいから、共働きOKな人がいいな」など、さりげなく会話に滑り込ませると「彼女とだったら……」と、あなたとの結婚生活を具体的に考えるきっかけを作ってあげられるはずですよ。

交渉術:「私の長所は○○です」

まず営業に求められるスキルと言えば、ズバリ営業力。会社の製品やサービスの特徴を理解し、いかにメリットを提案するかはもちろん、優秀な営業女子たちはどんなクライアントに提案すればよいかもしっかりリサーチしています。これらのスキルは、婚活でもバッチリ活かすことができるのです。

まず大切なのが自己分析。あなたの長所や短所、価値観などを改めて振り返っておくと、婚活パーティや合コンでの自己紹介に困ることはないでしょう。

そこがしっかりわかると、自分自身はどんな男性を求めているか、もしくは相性がいいのかを気付くきっかけにもなり、理想の男性がどこに出没するかまでリサーチすることができます。そのため、素敵だと思える男性と出会える確率がグッとあがるはず。

交渉術:「お願いします」の一言

営業女子の力量が最も問われるのが、契約を獲得する時。「お願いします」の一言をクライアントからもらって初めて営業活動が成立するため、その決断を促す「クロージング」が最も大切と言えるでしょう。婚活では「お付き合い」、さらには「結婚」の決断を促すクロージング力を習得しておきたいところです。

まず、真剣なお付き合いをスタートさせるためには、彼から告白の言葉を引き出すのがベスト。もちろん女性から告白しても良いのですが、クロージングのポイントは相手が決断すること。ここは彼から「付き合ってください」の言葉を聞きましょう。

具体的には、「私たち、付き合ったら楽しいと思わない?」「例えばだけど、私と付き合うことって想像できる?」と、好きとは言わずに彼に想いを伝えましょう。この言葉に自信を持った彼から「付き合おう」という言葉は引き出しやすいはずです。その際、あまり気弱で下手に出るような態度は控えた方がよいでしょう。トーンは明るく、笑顔で伝え、答えを急かさずに彼の決心を待ってみてください。

交渉術:共感力で攻める

営業女子

男性と女性の営業力で違いが出るのが、女性ならではの感性と言われています。特に、会話の中で相手が困っていることに気付くと、「それは困りますね」「大変ですよね」と言った女性らしい気遣いと共感で、相手との距離を上手に縮めていくのです。口べたな男性も多いため、婚活でも女性の共感力は重要と言えるでしょう。

例えば合コンであまり会話に入ってこな男性がいたら、「こういう場、苦手?わかるな、私もちょっと苦手で……」と一言。初対面であれば、共通点が見つかるだけでグッと親近感の沸きます。

そしてこのスキルは、交際中そして結婚後も使えます。2人の時間が密になるほど、お互いを思いやる必要も出てくるでしょう。もし彼が辛い時、何かに悩んでいる時、その心境を察して「そうだよね」「気持ちわかるよ」と寄り添ってあげられたら、一生そばにいてほしいと思える女性になれるはず。

交渉術:母親要素をアピール

共感力と共に営業女子最大の武器と言えるのが、男性にはない「母性」です。子どもを命がけで守り育てようとする女性特有の本能は、営業において責任感となります。結婚は家庭を築くことでもあるので、母性は妻、母そして女性としての責任感を男性に感じさせるポイントとも言えるでしょう。

もし気になる男性や結婚を考えたい彼と将来の話をするなら、「妻として、旦那さんにはこうしてあげたい」「母として、子どもができたらこんな母親になりたい」と話してみて。その時のポイントは、あなたの考えをしっかりと伝えること。「結婚したら仕事をやめたい」「毎週外食したい」などのワガママを言うのではなく、「仕事のボリュームを落とす分、家事をちゃんとしたい」「子どもの教育費を貯めたいから、その分買い物は控える」と、具体的に伝えるとよいでしょう。

男性は女性に頼られると嬉しい反面、依存されることは嫌います。相手に依存するような女性では、結婚に希望を持てなくなるはずです。「この子と結婚したい」と思わせる、母性をアピールしてみてください。

営業女子のスキルを習得すれば、仕事の実力だけでなく婚活テクも磨けそうですね。一石二鳥と思って、ぜひ試してみてくださいね。

告白テクニック:外堀から埋めていくシンプルな告白成功術

気になる彼となかなか進展しない……彼も気になっているようなのにどうして?という方、きちんと「恋人になるための手順」、踏ませていますか?

重要なのは、最初から気のある素振りを見せすぎないこと。「よい女友だち」から「素敵な女性」への切り替えポイントさえ間違えなければ、苦労せずに「付き合いたい女性」になることができます。

STEP1:友人を巻き込む!

あの人、気になるな……と思っても、いきなり2人きりでごはん行きませんか?なんて誘うのはNG。初めのうちは大人数で会って、その中でなるべく近くの席にいるようにしましょう。

時々目線を合わせたり、会話中に彼をほめたり、自分の気遣いを見せたり……。「この人、他の女性とは違うなあ」と思わせることができれば、この段階はOKです。

STEP2:2人でお茶に行く

みんなで集まるようになったら、次は2人で会う機会を作っていきます。ここでは、一緒にいて楽しいと思わせることが最も大事なことです。

数回、大人数で会った後に「ちょっと疲れたから、お茶していかない?」と2人きりの場面を作りましょう。しかしここではあまり長引かせず、軽くおしゃべりして1時間程度で切り上げるのがポイント。

帰る際には付き合ってくれたことへのお礼と、「たくさん話せて楽しかった」という気持ちを伝えておくことをお忘れなく。この後は一旦待機。彼が動くのを待ちましょう。

STEP3:デートに誘われたら「女性らしさ」を出す

そろそろ彼からきちんとしたデートのお誘いが来る頃でしょう。ここが切り替えポイント。ここまで友だちとして過ごしやすい女性を意識していましたが、ここで一気に「女性らしさ」を出していきましょう。

彼があなたからの「私もあなたと一緒にいて楽しい」サインを正しく認識していたら、それなりに「初めてのデート」という認識を持って臨んでいるはず。あなたも「デート」というつもりで、はりきってかわいくしていきましょう。

会話の中で、「今日、楽しかったね」などの発言が彼からあれば、成功している証拠です。

STEP4:彼からの告白をじっくり待つ

この段階で、あなたは恋愛対象としてOKと認識されています。ここからもまた重要。我慢負けしては、ここまでの苦労が水の泡となる危険性があります。

特に年齢を重ねてくると「好きです、付き合ってください」の一言がなかなかなくなってくるものですが、きちんと「恋人」とするためのステップを踏ませるには、一線を守らせることがとても重要。

雰囲気が良くなってくるとついつい手が先に出るものですが、「まだ付き合ってもいないのに……」と押しとどめましょう。

焦れた相手は「この子はきちんと段階を踏まなければいけないんだ」と認識して、今後のステップも踏まえて考え始めます。

あとは重要なことは自分から口には出さず、彼を否定しないことを心がけながら、心の中で彼の告白を応援します。

「好きです」が聞けたら、すぐに答えず、微笑んで。「恋人に……」までしっかり言ってもらいましょう。しびれを切らさずに大事な言葉を待って、彼が言いやすい雰囲気に持っていくといいですね。

彼の好みの女性像にムリして合わせる必要はありません。あなたが状況をつくり、相手を誘導するように行動すれば、彼からすんなり告白してくれますよ。

 

続きを読む
関連記事

男性限定:彼女を一生離したくないと思う瞬間は?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー