「初回は大人数」がベター?意中の彼からすんなり告白される4ステップ

気になる彼と進展しない……と感じている女性は少なくありません。相思相愛であっても、きちんと「恋人になるためのステップ」を踏んでもらわない限り、お付き合いスタートの運びにはなりにくいもの。

そこで今回は、大好きな彼からスムーズに告白されるためのステップをまとめてみました。

ステップ1:知り合ってスグは「大人数」で

あの人、気になる……と思っても、いきなり2人きりのデートに誘うのはNG。特に知り合ってからすぐのような段階では大人数で会うのがベター。その中でなるべく近くの席をキープして、お互いのことをよく知れるようにしましょう。

時々目線を合わせたり、会話中に彼をほめたり、自分の気遣いを見せたり……。「この人、他の女性とは違うなあ」と思わせることができれば、この段階はクリア。彼に「相手も俺を意識しているかも?」と感じさせるのがポイントです。

ステップ2:「昼間」に2人で会う

みんなで集まるようになったら、次は2人で会う機会を作っていきます。ここでは、彼に「一緒にいて楽しい女性だな」と思わせることが最も大事。あくまでもデートではなく、「ちょっと疲れたから、お茶していかない?」と2人きりの場面を作りましょう。

あまり長引かせず、軽くおしゃべりして1時間程度で切り上げるのが重要。どんな相手でも、二人きりは緊張するもの。ストレスにならないよう注意が必要です。別れるときにお互い名残惜しさを感じるようになれば、この段階はOKと考えましょう。

帰る際には付き合ってくれたことへのお礼と「話せて楽しかった」という気持ちを伝えることをお忘れなく。この後は一旦待機して、彼が動くのを待ちましょう。

ステップ3:デートでは「女らしさ」を大事に

彼の方からきちんとしたデートのお誘いが来たときが、モード切り替えのタイミング。アクションが起きたら、彼も本気モードのスイッチがONになっています。ここまでは「ひとりの友人」として過ごしやすい女性を演出してきましたが、ここで一気に「女性らしさ」というギャップを出すことが効果的です。

あなたからの「あなたと一緒にいて楽しい」サインを正しく受け取っていたら、彼は「初デート」という認識を持って臨んでいるはず。あなたも「きちんとしたデート」というつもりで、はりきっていきましょう。

ステップ4:ひたすら、じっくり待つ

デートを成功させた段階で、あなたは恋愛対象のひとりとして認識されています。ここからはひたすら忍耐勝負。我慢負けしては、ここまでの苦労が水の泡となってしまうかもしれません。

特に年齢を重ねてくると「好きです、付き合ってください」の一言がなくなってくる傾向がありますが、きちんと「恋人」とするためのステップを踏ませるには、一線を守らせることも重要です。

雰囲気が良くなってくるとついつい手が先に出るものですが、「まだ付き合ってもいないのに……」と押しとどめましょう。焦れた相手は「きちんと対応しなきゃ」と認識し始めます。あとは重要なことは自分から口には出さず、心の中で彼の告白を応援しましょう。

「好きです」が聞けても気をつけて。「恋人になって」「お付き合いして」まで、彼にしっかり言ってもらいましょう。しびれを切らさずに大事な言葉を待って、彼が言いやすい雰囲気に持っていくとスムーズになります。

彼の好みの女性像にムリして合わせる必要はありません。あなたが状況をつくり、相手を誘導するように行動すれば、彼からすんなり告白してくれますよ。

続きを読む
関連記事

ラブホの割り勘はありですか?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー