結婚に繋がらない遊びはムダか、アラサーモテ子・恵美子さんの答えは?

Sponsored by 株式会社 ワクワクコミュニケーションズ

こんにちは。ライターの恵美です。唐突ですが、「パパ活」という言葉をご存知ですか?

簡単に説明すると、「パパ活」とはパパとなるスポンサーを探して、贅沢三昧する活動です。今年お友だちのインスタで見かけた、高級料理店でのお食事やブランドショップでのお買い物は、もしかしたら「パパ活」と関係しているかもしれません。

女子の立場を代表して言わせてもらえるなら、「結婚に繋がらない遊びの恋愛をしている余裕はない!」と、パパ活へは断固拒否するばずです。

ところが意外にも、パパ候補の相手の年齢の幅が広く、普通な形の出会いとして一部の女子たちでは盛り上がっているようです。

今回は、現役でパパ活をしている絵里子さんに、その謎に満ちた実態を調査してきました。

現在、「パパ活」中の恵美子さんからいろいろと見えてきたメリット

パパ活

筆者――職業は何をされている方ですか?

絵里子さん:私は普通の会社員です。

筆者――パパ活をされているとのことですが、具体的にはどういうことでしょうか?

絵里子さん:食事に行ったり、飲みに行ったりしているだけです、特に体の関係もありません。その都度足代としてお小遣いをもらう程度です。

筆者――なるほど。始めた理由はなんですか?

絵里子さん:社会人になってから結婚しようと思っていた彼と別れ、会社と家との往復ばかりになったのがキッカケです。その時友人の中に、ご飯をごちそうになったり飲みに付き合って足代をもらっていたりする子がいて、フリーになったということもあり、私もそういう人と知り合えたらなと思いました。

筆者――知り合ったキッカケはどこで?

絵里子さん:アプリです。マッチングアプリ特集を雑誌で見かけたのが最初です。「ご飯をごちそうしてくれる人がイッパイ居るよ!」と書いてあったので。笑

筆者――そこに食いついた訳ですね。すぐにパパは見つかりましたか?

絵里子さん:何人かとお食事に行きまして……さすがに話題が合わない人とか体を求められたりは嫌だったのですが、3人目の人が優しくて「たまにご飯とか行ってくれればいいよ」という感じだったので、今も月に2回ほど会って食事をしています。

筆者――パパ志望の方は結構いるんですか?

絵里子さん:いると思います。飯パパ、飲みパパを作っている友だちもいるので。

筆者――パパはどんなタイプの男性ですか??

絵里子さん:実はパパは3人いるんですけど……

筆者――え、3人??

絵里子さん:はい。笑 1人は50歳のオジさんですね。けど、見た目は若くて話題も合わせてくれるのですごくいい人です。私の悩みや夢を聞いてくれたり、アドバイスもくれるので、とても勉強になります。

2人目は、38歳の会社員です。家にまっすぐ帰りたくないからご飯を付き合ったりがメインです。私の仕事の時間に合わせてくれますし、ご飯もごちそうしてもらえて足代もくれるので生活的にすごく助かってます。

3人目は、43歳の経営者です。「私の夢を応援したい!」って、一番怪しいパターンだったんですが、ホント色々聞いて下さって助かってます。お忙しい方なので、週末に連絡くれたときなどたまに飲みに行きます。

筆者――至れり尽くせりですね!笑 なんでこんなに優しいんだろうって思いませんか?私そんなことされたことないですよ!

絵里子さん:私には分かりませんが、「人に何かしてあげたい!」って感じなのかもしれません。私にそこまで魅力があるとは思ってないので。

筆者――(そーだよな。そこまでかわいくないもんな……)

絵里子さん:……どうしました?

筆者――いえ!なんでもないです。汗 会ってるうちにパパを好きになったりしませんか?

絵里子さん:いい人だなとは思います。でも、好きになることはないですね。そもそも彼氏を見つけようと思ってやってません。

筆者――逆に絵里子さんが好きになられる事は?

絵里子さん:今のところ無いです。そんな雰囲気も出ていません。歳も離れてますから、たぶん姪っ子を可愛がるような気分なのかなと思ってます。

筆者――今後もパパ活続けますか??

絵里子さん:はい。今のところ結婚の予定も無いですし、しばらくは自分の目標もあるので、このままでいこうと思ってます。

筆者――なるほど。本日はありがとうございました!

絵里子さん:ありがとうございました。

目的はそれぞれ、自分が探している人を見つけよう

1212

今回は、インタビューさせて頂いた絵里子さんはほんの一例。最後に彼女は「ワクワクメール」を利用しているということを教えてくれました。

会員数は国内で非常に多いので。人が少なければ理想の出会いが少なくなるのも当然ですが、ここならチャンスはゴロゴロと転がっています。毎日忙しく、限られた時間の中でいい出会いを探したいと思うのなら、一つの選択肢として考えてみてもいいかもしれませんね。

贅沢するもよし、結婚を考えるもよし。あなたの出会いたい人が見つかるかもしれませんよ。

ホワイトデー、彼氏のお返しにガッカリ…どうリアクションする?

アンケート結果だけをみる >>

Loading ... Loading ...
LINE
公式LINE@DOKUJO[独女]