デートをするカップル

気遣い過ぎはNG!「アラフォー男子」と愛を育む3つのルール

年上の男性と付き合いたい女子は多いはず。でも、歳の差が離れていると、相手とどう接したらいいのか悩んでしまいませんか?相手が自分よりも一回り年上の アラフォー男子 なら尚更。そこで今回は、歳の差カップルでも上手くやっていくために、 アラフォー男子 と付き合う時の3つのルールについて考えてみました。

ルール1:アラフォー男子 に気を遣い過ぎない

相手がいくら年上だからといって、いつまでもよそよそしい関係では、逆に恋人として上手くいきづらくなってしまいますよね。どんなに年齢が離れていようが、何でもフランクに話せる間柄の方が信頼関係は生まれやすいはず。

そういった意味で「相手が年上だから」という配慮は大切です。もちろん、彼の方が人生経験が豊富で、知識もあることで、相手を立てる場面も当然出てくるでしょう。

ですが、恋人関係は一緒にいて気を遣わず、なおかつ心から笑えて楽しい関係の方が、上手くいきやすい事実に変わりはありません。

時には冗談を言い合って、彼をからかいながら、ふたりの距離を少しでも縮める努力をしてみて。

ルール: アラフォー男子 の会話についていく努力をする

アラフォー男子

彼の方が人生経験が豊富で、知識もあることで、相手の話について行けない場面もあるかもしれません。でも、そうした場面が目立つと、彼は付き合っていて張り合いが少なく、サポート不足ととらえてあなたとの結婚も後ろ向きになってしまうかも。

ですので、例えば彼が車関係の仕事についているなら、あなたも車に興味を持って名前を覚えたり、車の機能について積極的に調べてあげたりすると、話題が増えて彼にとってはとても嬉しいのでは。

ほかにも政治や経済、トップニュースに目を通して、世間の話題についていく姿勢も欠かせないポイントになってきそうです。

相手の年齢が高くなるほど、仕事の責任が増えることで、世の中の情勢に目が向くことも増えるでしょう。彼の話題に少しでもついて行けるよう、会話の引き出しを増やしてみて。

ルール3:アラフォー男子 の話に耳を傾ける

聞き役を意識することも大切です。年齢を重ねるほど仕事の経験が増えることで、話題を振ってあげるだけでも、彼があれこれと為になることを話してくれることも少なくないでしょう。

そんな時でも「うんうん」「そうだったのかあ」と、上手に話を聞いてくれる子が彼女なら、彼も話していて気持ちいいと感じるのでは。

彼が自分よりも長く生きていることで、これからの自分の人生でためになることをたくさん教えてくれるはず。少しでもためになることを吸収する姿勢を大事にして、彼に人生の後輩としても可愛がられる存在を目指したいですね。

相手が年上とはいえ、大事なのは相手を想う気持ちです。こうしたポイントにちょっと気を配りながら、付き合いを通じて彼との信頼関係を高めてみてください。

【関連記事】

「やっぱアラフォー男子がいい!」女子が年の差婚に憧れる4つの瞬間

なぜ急増中!?「アラサー女子×アラフォー男子」カップルの謎に迫る

続きを読む
関連記事

【男性限定】1回デートした女性を、2回目のデートに誘わなかった理由は?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...