ウエディングドレス姿の女性

その考え、間違ってない?アラサーが幸せになれない「結婚の目的」

「DOKUJO」は、アラサー女子が結婚について考えるメディアですが、そもそも結婚する理由とは何でしょう。結婚する理由をよくよく考えたことはありますか?「彼とずっと一緒にいたいから」「家族をつくりたいから」、 結婚の目的 は人それぞれなので、いろいろな理由が挙げられると思います。

何か新しいことを始めてそれを最後までやり遂げるためには、意外と理由付けが重要な意味をもつことも。結婚は自分にとってもパートナーになる男性にとっても大切な決断。二人が納得する 結婚の目的 を持ちたいですよね。

そこで今回は、「幸せになりたい」と願うアラサー女子だからこそ抱きやすい「ちょっとそれってどうなの?」という、間違った 結婚の目的 をご紹介していきます。

幸せになれない 結婚の目的 1:仕事を辞めたいから

「とにかく仕事を辞めたい、働きたくない」という理由で、「結婚したい!」と考えている女子はいませんか?結婚後は仕事を辞めて、育児期間中は専業主婦になるという女性は少なくないもの。ですが、端からその目的で結婚をするというのは、ちょっと結婚の意味が変わってきてしまいますよね。

結婚は本来、お互いが幸せになるために、二人で協力して生活を共にするものです。にもかかわらず、「自分が楽をしたいから」という理由で結婚をするのでは、彼に「この人と結婚して、本当に幸せになれるのかな……?」と、感じられてしまいかねません。

結果的に結婚後は仕事を辞めることになったとしても、働いてるうちは少しでも自分の身になるように仕事はこなしたいもの。結婚をして自分が親となった時、きちんと教育できる親として、そして子どもにとって恥ずかしくない親になるためにも、仕事から少しでも自分自身を成長させられるといいですよね。

幸せになれない 結婚の目的 2:とにかく結婚したいから

結婚の目的

年齢を重ねるほど、周りの影響から結婚に焦ってしまう女子も多いのでは?親しい友だちが結婚した、親や親戚等から結婚の催促をされるなどなど……。心配してもらえるのはありがたいことですが、女子にとっては悩みのタネになったりもしますよね。

また、何事も無我夢中で突っ走れた20代前半とは違い、アラサーになると自分の将来に不安を抱いて、ますます結婚に焦りがち。気持ちはよく分かりますが、だからといって相手の気持ちを無視して「とにかく結婚したい!」という一方的な思いでアプローチしてしまっては、彼はあなたとの付き合いが負担に感じられてしまいそうです。

男性によっては「俺と結婚したいんじゃなくて、単に『結婚』したいだけなんじゃ……?」と思われてしまっても無理はないかも二人の意思疎通がきちんと図れぬまま結婚したところで、結婚後に後悔してしまい、お互い我慢ならずに離婚……なんて悲しい結末にもなりかねません。

結婚はお互いが幸せになるためにするもの。勝ち負けではないので、周りと比べる必要は全くありません。結婚に焦ってしまった時は、何のために結婚するのかを、自分なりの答えをしっかりと見つけておきたいですね。

幸せになれない 結婚の目的 3:結婚式を挙げたいから

「キレイなウエディングドレスを着たい」「豪華な結婚式を挙げたい」、これは世の女性たちの共通の願い。結婚式は自分が唯一主人公になれる場。年齢を重ねても、「結婚する」ということ自体に憧れを抱いてしまう女子は多いかもしれません。

でも、結婚の目的は「結婚式を挙げること」ではありませんよね。よく言われることですが、結婚はゴールではなくスタート。二人で生活を共にし、子どもが生まれれば親となって、家族を支えていかなければいけません。この先に待ち受ける結婚生活は決して甘いことばかりではないので、「結婚式がピーク」になってしまうのはまさに本末転倒ということになってしまいます。

自分たちは共に「生活」をしていけるのか。二人できちんと話し合って、結婚後のことを現実的に考えていきたいですね。逆をいえば、結婚に浮かれすぎず現実的に結婚を捉えることができるカップルは、困難があっても二人で力を合わせて乗り越えていけるでしょう。

幸せになれない 結婚の目的 4:「幸せになりたい」から

結婚の目的

先ほど、「結婚はお互いが幸せになるためのもの」とお伝えしました。ですが、それはあくまでも結果の話。お互い年を取ったとき「結婚して幸せだったな~」と感じることができたらそれは本当に幸せなことですが、最初から「幸せになりたい」という目的を大々的に掲げてしまうのは少し危険かもしれません。

結婚生活楽しいことばかりではないですし、仕事と両立するとなれば毎日がハードモード。恋愛に比べて大きな責任が伴うともに、過酷です。結婚前からそこまでシビアに考えるのは少し切ないような気もしますが、「結婚しても幸せになれるとは限らない」ということも頭に入れておきましょう。

「この人と幸せになりたい」というハッピーな感情はもちろんのこと、「この人となら不幸を背負える」くらいの覚悟も持ち合わせなければいけないのかもしれません。単に「幸せになりたい」という気持ちだけで結婚に踏み込むのはオススメできません。

もちろん、結婚に対する考え方は人それぞれ。それでも、結婚は自分はもちろん、相手の人生を大きく左右するイベントに変わりはありません。誤った目的を抱いてしまっては、たちまち二人の関係が破たんしてしまうとも言い切れないので、慎重な判断をすることが大切です。

結婚後の後悔を少しでも減らすためにも、結婚に焦ってしまった時は自分の気持ちを冷静に見極めてみて下さいね。

【関連記事】

彼氏と【すぐにでも結婚したい!】女性へ。いい女の人生の運び方

結婚 よりも大切? 「人生で最も重要なこと」を知ればハッピーになれる!

続きを読む
関連記事

男性限定:合コンでの女子の下ネタはどれならオッケー?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...