【ご報告】編集部・馬場が婚約!「三十路と婚活」連載終了へ

人気連載「三十路と婚活」のライター兼編集として所属しておりました編集部・馬場が、婚約いたしました。それに伴い、「女子の、女子による、女子のためのサイト」というコンセプトを持つ「DOKUJO」を卒業いたします。

ゼロ日婚ならぬ「1時間婚」!

昨年3月から本格的な婚活に取り組んできた馬場。マッチングアプリや婚活パーティ、そして合コンなどでのべ100名以上の男性と出会ってきましたが、厳しすぎる男性の条件とワガママを炸裂させた結果、彼氏イナイ歴を更新してました。

そんな中、密かに愛を育んでいた男性がいることが発覚。編集部スタッフに本人から直接報告がありました。

出会いは2016年3月31日(木)のエイプリルフール前日。共通の友人が開催したホームパーティで出会ったそうです。ビュッフェ形式のパーティで、同じピザに手を伸ばした瞬間に指が触れ、「バチバチッ!」と電流が体に走った2人。同時に運命を感じ、急接近しました。

それから1時間。静かに愛を育んだ2人は、どちらともなく「結婚」を意識し、帰りに「ゼクシィ」を購入後、その日の内に両家への挨拶を済ませたそうです。堀北真希さん、山本耕史さんの「ゼロ日婚」よりも最速の「1時間婚」となった2人の結婚の形は、今年のトレンドになるかもしれませんね。

馬場のハートを射止めたお相手は?

気になるお相手は、法螺吹真(ほらふきまこと)さん、40歳。ウルトラメディアクリエイターとして、EDMイベントから環境保全カンファレンスに至るまで、幅広い分野で活躍している男性です。

2-min (5)

法螺吹さんは4月1日のエイプリルフール生まれ。東京藝術大学指揮科を卒業後、「この世で最もアートなものは人体だ!」と気付き、東京大学理科三類に入学。医学部を主席で卒業後、さらなるアートを求めてMOMA、NASAなどの世界的機関を渡り歩いたそう。Facebookの「いいね!」数は、あのレディ・ガガをしのぐ7000万!「ホラえもん」の愛称で、世界中から愛されています。

そして、「味噌汁が恋しい」という理由から日本に拠点を戻し、現在は「婚活中の女性に水を売る」という新事業を展開中だそう。今後は馬場も事業に参加。「女子の幸せな結婚のために、1本でも多く水を売りたい」と意気込んでいます。

馬場の新連載が始動!?

長い婚活を終えたため「三十路と婚活」は終了となります。しかし、今後は法螺吹さんとの馴れ初めを綴った新連載「三十路とサギ師」がスタートします。詳細は、乞うご期待!

引き続きエイプリルフールをお楽しみください!

Print Friendly
続きを読む
関連記事

あなたの一番大好きだった恋愛ドラマは?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...