夏にデートをするカップル

夏デート限定!彼が「お嫁さんになって~」と思う女性になる秘策3つ

彼氏がいる女子はこの夏、どう過ごそうか、もう予定は立てましたか?夏といえば恋にぴったりのイベントが目白押しですよね。花火大会、縁日、山、海などなど。気分が高揚する夏ですので、彼氏と一緒ならなおさらデートが盛り上がりそう。

でも、結婚を視野に入れて付き合っているなら、少しでも彼に「コイツと結婚したい」「お嫁さんにしたい」と思わせたいもの。そこで今回は、夏デートで彼の結婚願望を刺激する方法を考えてみました。

夏デートテク1:お願いを我慢しない

夏デートの王道といえば山と海ですよね。彼と海水浴をしたり花火をしたり、山でキャンプ、バーベキューをしたら、ひと夏の素敵な思い出になりそう。でも、ちょっと注意したいのが、いずれも行き先が遠出になることで疲れが付いてまわることです。

彼に気兼ねなく「トイレに行きたいから、休憩所寄ってもらってもいい?」と言えるのがベスト。しかし、まだお互いを意識していたり、付き合いたての仲だと、ついひとりで我慢してしまう女子も少なくないかもしれません。

彼とのデートで疲れてしまったり、「もっとこうしてほしい」という要望があれば、遠慮なく口にできる関係を夏デートでしっかりと築きましょう。なぜなら、夏はイベントが多い分、出掛ける機会が自然と増えると同時に話をするチャンスも増えるから。

ここで我慢してしまうと、あなたのちょっと不機嫌な態度が彼も気になって、デートの雰囲気がちぐはぐになってしまうかも?ふたりの仲を確かなものにするためにも、ストレスフリーな関係を目指して、結婚を考えられる間柄になれるといいですよね。

夏デートテク2:彼のイライラを軽減

海や山など都心から離れた場所へ行く場合、交通渋滞に巻き込まれたり、夏の日差しでイライラしてしまい、デート中にも関わらず気分がどんよりしてしまうこともあると思います。

そんな時にどう相手を気遣ってあげられるのかって、ふたりの相性を図るうえで大事なポイントになってきそう。

例えば、車が渋滞に巻き込まれたら「目的地に着くまでにしりとりしようか!?」と、気晴らしになるような話題を振ってあげるとか。「運転眠くなった時は代わるよ」と、いざという時のために力になるひと言を掛けてあげるだけでも、彼のイライラはだいぶ軽減されそうです。

あなたの気遣いの仕方によっては、彼も「こういう配慮ができる彼女なら……」と、あなたの結婚に前向きになるかもしれません。不満をストレートに口にするのはなるべく避けて、彼の気持ちに寄り添えるような気遣いをあなたなりに工夫してみて。

夏デートテク3:素直にデートを楽しむ

海を見つめるカップル

何だかんだ言ってデートは楽しくてなんぼです。男性ってデート中の彼女が本当に楽しんでいるのか、それとなく観察している人が少なくないそうです。確かに相手のことを好きと思うからこそ、相手が本当に楽しんでくれているのか気になりますよね。

そのため、デート中は少しでも楽しい気持ちを言葉に出したり、表情に表したりすることを意識してみて。「うわっ、あの花火すごいキレー!」「食べたいものがいっぱいあって迷っちゃうなあ」と、プラスな感情をどんどんと口にして、彼と楽しい雰囲気を作っていきましょう。

その途中、彼に縁日でお金を払ってもらったり、迷わないように彼がエスコートしてくれたら「ありがとう!」と、お礼を言うことを忘れずに。こうした素直さと心遣いがある女性なら、彼は感化されてあなたとの結婚を考えるようになるかもしれませんね。

いずれも言葉で説明すると単純なのですが、夏デートは雰囲気に飲まれて、思うように行動に示せないことも多いと思います。

そうした時にこうした配慮ができると、あなたの魅力が彼に伝わって、彼の結婚願望も刺激されるきっかけになるかもしれません。

Print Friendly
続きを読む
関連記事

今、結婚願望ってある?【27-34歳アラサー女性限定】
Loading ... Loading ...