仲睦まじいカップル

マジで結婚5秒前!?彼に「お前しかいない!」と思わせる3つの習慣

世の中のカップルが、どのようにして 結婚 に至っているのか。気になったことはありませんか?一般的には付き合いが長くなれば、自然と 結婚 の話が盛り上がり、お互いに納得して 結婚 、という流れが多いと思います。

でも、「お前じゃなきゃダメだ!」と、相手に対して特別な感情を抱ければ、より相手との 結婚 を前向きに考えられそうですよね。

そこで今回は、少しでもそうした女性になれるよう、交際時に意識できる習慣がないか考えてみました。

彼の気持ちに寄り添う

相手との結婚を考える際、欠かせないのが「相手を幸せにしてあげる」気持ち。それこそ結婚に焦っていると、「この人はちゃんと私を幸せにしてくれるのか?」と、諸々の条件や、相手がちゃんと自分を愛してくれるかどうかの視点で、相手を見ている女子が多いのでは?

でも、お互いが相手をきちんと愛せるカップルなら、多少経済的に不安があっても二人で何とか協力してやっていけるものです。仮にも、彼が「お前じゃないと結婚は無理だわ」と思うことがあるとすれば、相手のことをきちんと愛してくれる。このひと言に尽きるのかもしれません。

思いやりがあれば仕事の悩みもきちんと相談に乗ってくれるでしょうし、体調が悪い時なら親身になって面倒を看てくれるはず。相手のためを思って行動し、尽くしてくれる姿勢は、生きる上で大きな励みになり、「彼と一緒なら……!」と結婚を考える決め手にもなるでしょう。

まずは相手を愛する気持ちを第一に、彼との関係を深められる意識ができるといいですよね。

彼を前向きにしてあげる

目指すのは、オンリーワンの関係です。彼に「君は今までと付き合ってきた彼女と何か違う」「特別美人じゃないけど、一緒にいて楽しいし、結婚をするなら……」と、彼に少しでも思わせるためには、彼にとって“気になる存在になること”が大事です。

“気になる存在”といっても、女性としてキレイとか可愛いとか、ムリに自分磨きを追求する必要はありません。もっと大事なのは、人として尊敬できる、居心地がいいという前向きなポイントです。

結婚は生活そのものです。恋愛は異性として意識できる相手と付き合った方が、ドキドキ感が増し、楽しくロマンチックな気分に浸れるでしょう。

でも、結婚は違います。パートナーとして相手を支えて、子どもが生まれれば家族の生活を守れる人でなければ、一生涯におよぶ結婚生活は乗り越えていけないでしょう。

苦楽を共にできるのと同時に、相手と一緒にいて気持ちが前向きになれるかどうか。まずは自分が、彼にとってそうした存在になれるよう、日頃から意識をしてみてください。

約束をきちんと守る

結婚

誠実に相手と付き合い、一途に相手を想う気持ちがあれば、お互いに「結婚するならこの人しかいない!」という思いに、自然とシフトしていくでしょう。

相手と誠実に付き合うには、上記で挙げたように相手の気持ちに寄り添い、そして一途に付き合うためには、相手の気持ちを前向きにしてあげることが役立ってきそうです。

さらに、もうひとつ交際中に意識したいのが、彼との約束をきちんと守ることです。例えば週末にデートする約束をしたなら、仕事等といった事情が無い限り、ちゃんと約束を守ること。

約束をちゃんと守れる相手なら、彼は誠実で一途な印象を感じられ、あなたとの結婚を確実に意識するようになるでしょう。ちょっとしたことですが、こうした日常生活の積み重ねが結婚の決め手になるのです。

彼との結婚を考えるためには、彼と少しずつでも交際を重ねて、ふたりの足並みをきちんと揃えることが大事です。そのうえで、こうしたポイントを意識できると、より彼にとってあなたの存在が大きくなり、結婚を考えられる相手として距離を縮められるのかもしれません。

【関連記事】

既婚女性に聞く!スッパリ断ち切ったら結婚できた「ダメ習慣」は?

独身の99%は結婚できる!プロポーズされる女に近づく4つの習慣

続きを見る

やってしまったストーカー行為は?

アンケート結果だけをみる >>

Loading ... Loading ...
LINE
公式LINE@DOKUJO[独女]