fbpx
岩崎みさと

岩崎みさと

1988年生まれ。セックスライター。女性のオナニー研究家。女性目線でセックスの楽しみ方を綴ったブログ「PINKY」は50万PV/月を獲得している。オナニーをこよなく愛し、赤裸々な体験談をつづったコラムが、多くの女性から支持を集めている。

ワタシを味わって!マンネリと無縁になる「フルコースセックス」とは

ワンパターンなセックスを抜け出すには、どうすればいいのでしょうか。彼に「こうしてほしい」「ああしてほしい」となかなか言い出せずに悶々としているアラサー女子も多いのではないでしょうか。そういった不満の積み重ねが蓄積していつ...
AV鑑賞

濡れるってこういうこと!セックスが気持ちよくなる愛液のメカニズム

最近満ち足りたベッドタイムを送っていますか?「セックスが気持ちよくなくて……」と悩んでいる女性は、意外にも少なくありません。ひょっとするとその原因は、十分に濡れていないことにあるのかも。 いわば愛液は、天然の潤滑油。彼と...
AV鑑賞

パイズリはムリです……貧乳女子がセックス中「拷問!」と感じた瞬間

下着メーカー「トリンプ」の調査によると、一番売れるブラのサイズは、1980年にはAカップが過半数を超えていましたが、2004年にはBカップとCカップがそれぞれ27.8%と最も多くなり、Dカップの女性も1割ほどに増えている...
AV鑑賞

ねえ、クリトリスでイカせて…「外イキ」のために彼にお願いすべき事

クリトリスで感じるオーガズムのことを「外イキ」と言います。ほとんどの女性はひとりエッチをするとき、クリトリスを触っているため、セックスでも比較的簡単にイキやすい性感帯と言われています。 しかし男性の中には、クリトリスの扱...

テレビでも話題!「チクニー」の気になる実態とカンタン開発法

以前、NHKの朝のニュース番組にて、「子どもがインターネットで過激なエッチサイトを見ている」という内容の性に関する特集が放映されました。母親によると、息子が「チクニー」についてネットで執拗に検索していると告白。それと同時...
AV鑑賞

二人で感じる「ピストン運動」の見つけ方

男性にとって、射精の瞬間は、至福のひととき。挿入が始まると、クライマックスに向かって必死にピストン運動をする彼らの姿をみていると、その喜びが伝わってきますよね。 その一方で、「挿入はあまり大事ではない」と答える女性は意外...
合コン, 浮気

東京のお嬢様高校タイプ別取説書!出身校で性格診断できる

共学出身者にとって、「小学校から女子校育ちのお嬢様」は少し恐れ多い存在。時には、彼女たち特有の「空気の読めなさ」に振り回されたり、生活レベルの違いに格差を感じたり……。「女ってめんどくさい」と思うこともあるでしょう。 や...

朝からヤリまくり!?ゴールデンウィークこそできるセックス3つ

待ちに待ったゴールデンウィークがやってきました。今年の予定はもう決まっていますか? 実家に帰省したり、海外旅行へ行ったり……大型連休を満喫する方も多いでしょう。しかしせっかくまとまった休みが取れたのなら、セックスで彼と愛...

し、刺激的!ワンランク上のセックスを楽しむ「キスマーク」講座

恋人との愛の証ともいえる「キスマーク」。パートナーと熱い夜を過ごした翌朝、首筋にはっきりと残る「紫色のしるし」を見ると、彼の愛情を感じて嬉しくなる半面、「職場で見られたらどうしよう」と恥ずかしい気持ちにもなりますよね。 ...

カラダで判明!「結婚向きの男性」だけがするセックスの特徴4つ

結婚相手を探すとき、男性のルックスや収入を重視する女性は多いでしょう。しかしその人が本当にあなたを幸せにしてくれる相手かどうかを見極めるには、「セックスの良し悪し」も判断基準となります。 そこで今回は、「結婚に向いている...

お花見シーズンは危険!「うっかりセックス」が増える3つのワケ

春の一大イベントといえば「お花見」。実はお花見の席は女性が「ワンナイトラブ」に陥りやすい危険スポットだということをご存知でしょうか。 貴重な出会いを水の泡にしないためにも、性欲のメカニズムを正しく理解し、賢く対処しておき...

ムチャクチャにして~!男のドM心をくすぐる「女王様プレイ」

恋愛やセックスに奥手な草食系男子が増えている昨今、ベッドの中では女性にリードしてもらいたいと期待する男性は少なくありません。「変態と思われるのが怖い」「女性は奥ゆかしいのが一番」と受け身な自分に言い訳をして、何も努力せず...
AV鑑賞

快楽の向こうへ!二人の愛を深める「相互オナニー」のススメ

ひとりエッチはセックスを超える秘め事。いくら性に解放的な世の中になりつつあるとはいえ、自分のひとりエッチ事情を他人に見せるのはなかなかハードルが高いと感じる女性も多いのでは。 しかしひとりエッチには、セックスを気持ちよく...

セックスが花粉症予防に?春のラブタイムを快適に過ごす方法

暖かい日差しに包まれる春。新生活のスタートで気持ちが高鳴る一方で、花粉症の人にとっては憂鬱な季節ですよね。目はかゆいし、鼻は詰まってよく眠れない……体調が悪いと性欲も減退してしまいます。 なんとなく彼との関係もギクシャク...

男性が「今夜ヤレるかも!」と期待してしまうエッチな言動4つ

「体の相性は大切!」と思う女子は多いのでは。いい感じの男性を見つけたら、まずはカラダを重ねて相性を確かめておきたいと思う人もいるでしょう。 そこで今回は、自然とセックスに持ち込む裏ワザをまとめてみました。 終電の時間をは...
AV鑑賞

なんじゃこりゃ~!男性がドン引きする「アソコの毛」4パターン

なかなか人には聞けない「アンダーヘア事情」。海外ではセックスの身だしなみとしてお手入れをするのが一般的ですが、日本ではまだあまりなじみがない習慣ですよね。ワキや顔のムダ毛は剃っていても、アソコは無法地帯という女子も多いの...

「もしかして演技?」と男性が疑ってしまうセックス中の言動3つ

大多数の女性が経験したことのある、セックス中の演技。「自分の気持ちを盛り上げるため」「彼に喜んでほしい」など、愛する人とセックスを楽しみたいという気持ちが自然と演技につながっているようです。 しかしやりすぎは禁物。過剰な...

夢中でセックスできる!「貧乳コンプレックス」にサヨナラする方法

「まな板みたいなおっぱいじゃ、パイズリなんてできないわよ」などと、貧乳に悩んでいませんか。ブラのカップ数は人並みにあっても、人前で脱げるほど豊かなお胸は持ち合わせていない……と嘆く女性も少なくないでしょう。 外見にコンプ...
脱毛

男子禁制!アンダーヘアのお手入れって、どうしてる?

もはや日本でも常識になりつつある、アンダーヘアのお手入れ。みんなどうやって処理してるんだろう……と気になったことはありませんか? DOKUJOが行った「アンダーヘアのお手入れ」に関するアンケートによると、以下のような驚き...

「濡れやすい体」は作れる!お家でできる簡単セルフケア3つ

性交痛といえば閉経後の女性のお悩みと思われがちですが、最近は若い女性にとっても他人事ではないようです。 過度なダイエットや寝不足、過労など現代女性を取り巻く環境は、セックスの質を低下させる要因がたくさん潜んでいます。心身...