fbpx
独身女性のお悩みを匿名投稿&みんなで解決!

子どもを作る理由って、何でしょうか。 考えてみたのですが、私は、親のエゴで...

1 : グレイさん トピ主 2019/07/28(日) 22:21
子どもを作る理由って、何でしょうか。

考えてみたのですが、私は、親のエゴでしかないと思ってしまいます。

産まれて生きる事で、幸せを感じることもありますが、痛いこや辛いこと、苦しいことも待っています。
それが待ち受けていると分かっているのに、「愛する人との子どもに会いたい」という理由で子どもを作るのは自分勝手なのでしょうか。

いつか子どもを産んだら、同じ思いをさせてしまうのかと思うと少し罪悪感を覚えます。

しかし、そう言っている私ですが、愛する人との子どもが欲しいです。
産んだら私のできることは全て尽くして、絶対に幸せにします。

この様な親のエゴで産んで良いのだろうか…でも、産まれる前の子どもは産まれたいかどうか答えられないし…どう足掻いたってエゴは拭えない…と、葛藤しています。

子どもを作る理由は、一体何なのでしょうか。
ご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。
29 views
  • 2 : メロンさん 2019/07/29(月) 10:38
    親のエゴでもいいのではないかと思いますよ。
    エゴでも何でも次の世代につなげていかないと、ヒトという種が絶えてしまいますし…。
    生まれてきて幸せかどうかは生まれてきた子供が考えることです。
    「私のできることは全て尽くして、絶対に幸せにします」、その意気込みがあれば十分ですよ!

  • 3 : ええ年のおっさんさん 2019/07/29(月) 15:04
    父親のいない子を、産もうとしていますか?
    文面からは、そう読み取れました。違っていたら、ごめんなさい。
    片親でも、幸せに生きている子どもはたくさんいます。が、まずはあなたが幸せにならないとダメですよ。心が不幸な親が育てる子どもは不幸です。逆に、心が幸せな親に育てられた子どもは、たとえ貧乏でも幸せです。子どもは、幸せになるために生まれてきます。それができるのは、あなただけです。あなたがまず幸せになってください。

  • 4 : きなさん 2019/07/29(月) 21:16
    昔は、子供は天(神さま)からの授かりもの(プレゼント)だと言われており、子供を作ったり子供が生まれてくるのは神様が計画したタイミングだったようです。
    今の時代は、親が自分たちの意志でのみ子供を作って生んだから、親が子供の人生の全てをコントロールしてしまおうとするように思います。
    親が子供の人生の全責任を追わなくてはいけないので、ことさら良い人生を送って欲しいと力が入りすぎ、余計にそうなるのですね。本当に子供を産むことを考えすぎてしまいますよね。

    そのように今の時代は人間が自分の意志や欲で 子供を作るかどうかと考えてしまう人が増えたので、子供の全ては親のモノと考えがちですが、
    昔は「子供は神様からのプレゼントだから、大事に育てて 子供が自我が発達し自分の意見や意志を主張しだす年齢になったら 親は口うるさく言わないで ひとりの人間・大人として接しつつ この子をプレゼントして下さった神様にお任せしよう」と言う考えがあれば、大丈夫だと思います。
    そして、市の子供サポートや最近は地域のコミュニティが復活しつつあるので、お母さんと子供のみで向きあってると大変なので、色々な人々と助け合い触れ合いの中で育児を出来る場所の情報を仕入れおかれると良いでしょう。
    育児でわからないこと、困ったことを教えてもくれます。子育ては決して夫婦やお母さんひとりでは無理なはずです。大変な負担がかかります。

    昔は子供は近所の大人みんな 地域のみんなで助けあいながら育てていました。みんなが「小父さん・小母さん=おじさん・おばさん」で、子供が良くないことをしたら、小父さん小母さんが注意してくれました。お母さんが困ったら みんなが助けてくれました。今でも未開民族は そんな助け合い子育てをしているそうです。
    よく考えたら、子供はみんなの財産・天からのプレゼントなのだから それが本来なのだと思います。

    子供は本当に恵みです。私達大人も大自然がなければ存在しません。私達人間が毎日食べているお肉やお魚、野菜 全て 命を頂いて食べています。雲は雨になり 川になり海になり また雲になり そんな水を私達人間は毎日飲んでいます。
    決して ひとり孤独ではなく、全てはつながって生かし合っています。

    私は虐待に近い目にあって、かなり我慢していましたが、20代から40歳くらいまで 約20年間 病気をしていました。良くなって やっと数年です。本当に色々な方々に助けて頂いて そんな方々の いつくしみ溢れる子育てを見て来ました。みなさん助け合って子育てされていました。そんな姿は 私が立ち直るきっかけのひとつでもありました。
    親からひどい目に合わされていたし、ずっと病気をしていたので 離婚もしたし、子供は絶対生みたくもないと思っていましたが、そんな方々を見てきて、
    「私が子供を生んだら、どんな子供に会えるのだろう・・・」と思うようになったら 子供が生めない年齢になりましたw

    長々とすみません。私に ご質問者さまの大変なお悩みは測りしれず、本当はどうすればいいとか ご質問者さまにしか答えは出せませんが、まだお若くて可能性に満ち溢れているご質問者はの少しでもお役に立てればと思い 書かせて頂きました。
    大変失礼いたしました。どちらの選択をされても 未来ある ご質問者のお幸せをお祈り致しております。

  • 5 : きなさん 2019/07/29(月) 21:18
    追伸

    昔は 「親は無くとも 子は育つ」 とも言ったようですw

  • 6 : 匿名さん 2019/07/29(月) 21:24
    案ずるより産むが易し。
    子どもは宝ですよ。何よりお母さんが大好きで自分に沢山の幸せを与えてくれます。悩まず産みましょう。
    私もそれに早く気づけば良かった…

  • 7 : 匿名さん 2019/08/11(日) 01:28
    子どもを作ることは、ただ本能だと思います。頭で考えることではない。

    子どもに苦しい思いをさせたくないのは親であれば誰でも思います。
    でも、世界が苦しみに満ちているから子どもを現世に産ませるべきではないのか?それは極端な考えだと思います。
    そもそも、世界が暗いか明るいかなんてその人の主観でしかない。

    子どもの苦悩を減らせるように、生まれてきた世界を明るく捉えられるように、物事の捉え方、生き方を教えることこそが大切なことなのではないでしょうか。

  • 8 : 黄昏の賢者さん 2019/08/11(日) 23:09
    君が来た朝を後悔するなら…更なる痛みを産むべきではない…
    君が行く夜を肯定するなら…その子もまた《人生(せい)》を愛すだろう……

このトピックにコメントをする

この記事を読んだ人におすすめ

注目トピ

コメント投稿(新着順)