fbpx

100%ジュースも砂糖8本分!飲み物デブを回避するために注意すること

メキシコが長年首位を保っていた米国を抜いて世界一の肥満国になってしまったようです。

メキシコの成人の肥満率は約33%。肥満世界一の国は3人に1人が肥満です。

肥満世界一!メキシコ政府「高カロリー食品に8%課税する!」

メキシコはどうして肥満大国になってしまったのでしょうか。メキシコには高カロリーで安い食品が街にあふれ、炭酸飲料の自動販売機がいたるところにおいてあります。そして運動量の減少も原因。

そこで政府は肥満対策の一環として、審議されていた高カロリー食品と炭酸飲料への課税を可決しました。これによりすべて高カロリー食品、砂糖を使ったもの、油で揚げたもの、甘い菓子、穀類を主原料にしたものに対して8%課税することになったんです。

メキシコ人は一年間に平均163リットルの炭酸飲料を飲みます。砂糖に換算すると約17,930g。想像できないですよね。

スティックシュガーは一袋3gですから、換算すると5977本になります。これ以外に、食事をとっていたのですから、そりゃ肥満になりますね。

日本はヘルシーな国であれど……飲み物で太らないためには?

そんな話を聞くと、私たちも大丈夫か不安になってきますね。そこで飲み物で太らないための3つの注意点をお教えします。

1、甘いジュースやカフェの生クリーム入りの飲み物、缶コーヒーなどは飲まないようにしましょう。飲む場合は1日1回。おやつのかわりのつもりで飲みましょう。

2、100%のオレンジジュース(200ml)もスティックシュガー8本分です。果物も代わりにオレンジジュースを飲むならコップ1杯で十分です。100%果汁でも安心しないようにしましょう。

3、ヨーグルトドリンク(200ml)にはスティックシュガー11本分入っています。健康そうな飲み物でも安心できません。

100%の果汁のジュースなら美容にも健康にもよさそうと思いがちですが、カフェなどでSサイズ以上はとり過ぎです。

必要量以上とると果糖が含まれていますから体の中で脂肪になります。

ヨーグルトドリンクを飲むならば、無糖のヨーグルトにはちみつをちょっと入れる食べ方のほうがお勧めです。カロリーオフでも100ml当たり20キロカロリー以下、ノンカロリーでも100ml当たり5キロカロリー未満あります。

ダイエットするなら飲み物の見直しをしてください。知らずに飲んでいるうちにデブに……なんてことが無いようにしてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板