fbpx

彼が思わずタッチしたくなるボディクリームの塗り方

爽やかな季節になりましたが肌の乾燥も気になる季節です。夏の間は気にならなかったけど、腕や手をみるとちょっと張りがなくて乾燥している!……とショックを受けることがありますね。気になりだしてボディクリームを塗っても肌の中まで浸透してくれない、しっとりしない、という悩みをお持ちのあなたは、間違った塗り方をしていませんか?塗り方にはコツがあったのです。

なぜこの季節、肌は乾燥するの?

秋になると夏のように湿気はありません。この湿気が肌の潤いに関係しています。それと私達の体の中の水分、夏は意識して水分を取りますが、涼しくなると水分を取りにくくなります。そのせいで体の内側の水分が少なくなっています。肌は皮膚呼吸していますのでそのときに水分は失われます。それと流れるほどではなくても汗もかきます。これらが原因で肌バランスが秋は崩れてしまいます。皮膚表面の角質が乾燥によりところどころ剥がれたうろこのようになり、肌の水分を維持する能力が低くなっています。

ボディクリームの効果を最大に活かすタイミングは?

入浴直後がベストです。お風呂に入った後の肌は汚れも落ちて皮膚も水分を吸収していますので、一番良いタイミングです。できるだけ早いほうがいいのですが、お風呂からでて5分以内にはボディクリームを塗るようにします。肌は水分を含んでいるのでクリームの油分でカバーして水分が逃げないようにする効果が高いのです。お風呂に入るときも汚れを落とすことは大事ですが、必要以上にゴシゴシ洗わないようにしてください。肌をさらに乾燥させてしまいます。

ベストタイミングを逃したらどうすればいいの?

お風呂上りではないときや寝る前に塗りたいという方は、化粧水を使ってください。肌は乾燥している状態です。肌の表面の角質が整っていません。まず高いものではなくて良いので、化粧水で肌に水分を補給します。その後にボディクリームを手や足、体などに塗っていきます。そのまま塗った場合と比べると保湿効果がまったく違います。寝る前は手もきれいに洗ってくださいね。そして手の平でやさしくボディクリームをのばしていきます。

ボディクリームは乾燥が気になる季節だけ使う方が多いですが、実は一年中使うことがしっとりボディのためには大切なことだったのです。顔のケアを毎日するようにボディケアも習慣にしてください。夏に油分の多いものをつけるとべっとりしますので、季節に合わせて春はあまり油分の多くないもの、夏はさっぱりしたローションタイプ、秋から冬は油分を含んでいるものと使い分けることが大切です。足の裏などは週に1度角質をとってから塗ってみてください。あなたも今日からお手入れして、彼も思わずタッチしたくなるしっとり肌を手にいれてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板