fbpx

無意識にやってる!?ジェルネイルの持ちを悪くする!4つのNG行動

ジェルネイル寿命

クーポンなどでお手頃にできるサロンは多くなっているとはいえ、私達のお財布にはまだまだ決して安くはないジェルネイル。

どうせなら長く、キレイな状態を保ちたいものですが、知らないでやってしまったことが爪にダメージを与えてしまっているケースがあります。ネイルサロンに行く前にやってはいけないNG行動をまとめてみました。

ジェルネイルを手で取ってしまう

ネイルが浮いてきたり、欠けてくるとついついネイルをむしり取ってしまいたい衝動に駆られることがあるかもしれません。しかし、無理にネイルを剥がすことで一緒に爪の層を剥がしてしまうことがあります。

その結果、爪の表面が傷んでしまい、ボロボロになった爪ではジェルが均一に乗りにくくなってしまうのです。ガタガタになった爪を平らにするために表面を削る量も増えてしまうので、爪自体が薄くなっていってしまうこともあります。

アセトンでジェルを取る

オフ代を浮かすためネイルサロンと同様に、アセトンとアルミホイル、コットンでネイルを溶かして取る方法で、節約のために自分でアセトンで取ろうとする方も多いかもしれません。しかし、サロンが他店のオフ代を高めに設定しているのには自社にリピートして欲しいからだけではなく別にちゃんとした理由があるのです。

ジェルのメーカーによって適正なオフの仕方は変わります。そのため、どんなジェルを使っているか分からない状態でオフをするのはネイルサロンにとってリスクが大きいのです。アセトンとジェルの相性でオフにかなり時間がかかってしまうケースもあります。

プロが行っても大変な作業を知識のない素人が行うのはコワイですよね。 アセトンでうまく取りきれなくてむしり取ってしまったり、肌が乾燥してしまったりすることもあるので、扱いには要注意です。

爪の先端に負担のかかる行動

ジェルネイルをしていると爪が強くなった感じがするのでついつい爪を使って何かを開けてしまったりすることがあります。 先端から浮いて隙間が出来てしまったりする原因になるので、爪に力がかかるような動きはなるべく控えましょう。ガムテープを剥がす、プルタブを開けるなどはしないように心がけたいですね。

寝ている間に、肌を掻いている

アトピー体質だったり、花粉症などで肌荒れして顔や体の皮膚が痒くなってしまったりしている時、寝ている間に無意識に肌をボリボリ掻いてしまっていることがあります。爪にかなり負担がかかるので、ネイルの先端が浮きやすくなってしまう原因になることがあります。

思い当たることがある方は、就寝時用のハンドケアの手袋をはめて寝ると、手の保湿にもなって一石二鳥かもしれませんね。

ついついやってしまいがちな行動が、ネイルの持ちを悪くしてしまっているとなると悲しいですよね。他、ジェルはあまり水や洗剤に強くないので温泉やプールに長く浸けない、洗い物をするときは手袋をして行うなどの細かいケアで長持ちしますよ。

記事協力:ITnail

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ