fbpx

男性が振り返る!モテ髪の証「天使の輪」を作るには?

天使の輪髪の毛

髪に潤いやツヤがあると、女性をより魅力的に演出してくれます。そんな髪の美しさを証明する、といっても過言でないのが「天使の輪」です。

しかし、加齢や髪の傷み、生活習慣の乱れなどから「天使の輪」が出来にくくなることも。今回は、髪の美しさに欠かせない「天使の輪」に必要なケア方法を紹介します。

「天使の輪」作るために必要な条件

女性の「天使の輪」が男性から根強い人気があるのは、天使の輪ができるような髪型や髪色に清楚なイメージがあるためかもしれません。

天使の輪を作るためには、髪型や髪色も重要です。まず髪色は、黒か濃い茶色で、ストレートヘアでなければキレイな天使の輪は出来ません。

これは薄い髪色だと光の反射が分かりづらく、パーマなどの「うねり」のある髪型では光を一定方向に反射できず「輪」にはならないためです。

天使の輪を作る「ブラッシング」

天使の輪を作るために大切なのはなんといっても「潤い」と「キューティクルが美しく保たれている」こと。

ブラッシングをすると、頭皮の血流アップや毛穴の詰まりをオフする、皮脂を髪に行きわたらせる、といった助けとなってくれます。その結果、髪の毛のキューティクルを整える、髪にツヤを与えることに繋がります。

ブラッシングの際は、髪が乾いた状態で行いましょう。そして、まずは毛先のほつれを優しくほぐします。ほつれがなくなったら、髪の内側を毛先から頭皮に向かってブラッシングしましょう。

そして、次に頭の中心から毛先に向かってブラッシングします。可能であれば、毎日「朝起きた時」「洗髪する前」の2回は必ずブラッシングを行うよう心掛けましょう。

特に、豚毛や猪毛などのブラシは、動物の「天然毛」が持つ適度な脂分があるため、髪の乾燥を防ぎ髪のツヤやハリを出すのに効果的です。

天使の輪を作る「シャンプー」

シャンプーは頭皮の過剰な皮脂や汚れを落とすのに大切なものです。しかし、1日に2度も使う、ゴシゴシと力強く洗ってしまうと必要な皮脂まで落としてしまうため、頭皮の乾燥を悪化させ髪のキューティクルを傷つけてしまいます。

洗髪はぬるま湯で予洗いをしっかり行いましょう。予洗いする際は、手を使い髪の毛にお湯を含ませるように濡らしましょう。

お湯の温度が高すぎると、頭皮を傷める、または頭皮の乾燥の原因になります。お湯の温度は約40度にしましょう。シャンプー剤は量を少なめにしてよく泡立てて、頭皮を優しくマッサージをするように洗っていきましょう。

また。洗った時間の倍くらいの時間をかけて、念入りにすすぎをすることも重要です。シャンプーの洗い残りは頭皮の負担になるため、しっかりすすぎを行いましょう。

天使の輪を作る「乾かし方」

濡れた髪の毛はとてもデリケート、乱暴に扱うとキューティクルが剥がれ髪がパサつく原因になります。まず柔らかいタオルで優しくタオルドライした後、ドライヤーで根元の方から毛先に向かってブローしていきましょう。

ドライヤーは15cm〜20cmくらいと、なるべく離して使い髪を熱風から守るのも大切なポイントです。髪全体が8割ほど乾いたらドライヤーを冷風に変えて、しっかりキューティクルを閉じてあげましょう。

髪の美しさは、女性の印象を大きく変えるものの一つ。天使の輪ができる艶髪は、女性の魅力を最大限に引き出してくれます。毎日のヘアケアで、昨日より美しい自分を手に入れましょう。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板