fbpx

実践!「老け顔コンプレックス」を解消するためのメイクの法則

老け顔コンプレックス

女性として生まれたからには、いつまでも若く綺麗でいたいもの。顔立ちや骨格は持って生まれたものが強いですが、少しでも若く見られたいもの。童顔には童顔の悩みがあるそうですが、老け顔に見られる方がショックですよね。

そもそも、なぜ老け顔に見られるの?

老け顔の原因としてもっとも考えられるのは骨格です。老け顔に見られる女性は、彫りが深く目鼻立ちがはっきりしているタイプが多いです。

目が大きい分、目の下のクマなども出来やすかったりするので、高い頻度で「疲れてる?」と聞かれることが多いかもしれません。

老け顔のチェックポイント

以下の項目に当てはまるものはいくつありますか?

・面長である
・頬骨が高い(写真で見ると頬が目立つ)
・ほうれい性線が目立つ
・クマ、シミがある
・頬がこけている
・彫りが深い顔立ちである
・顔色が青白い
・年齢をいうと『意外とお若いんですね』と言われたことがある
・毛穴が目立つ
・昔と眉メイクを変えていない

5つ以上当てはまると要注意。当てはまるものが多い程、老け顔だと思われやすいといえるでしょう。

また、一般的に人は他人の年齢を聞かれたときに思った年齢より若く応える傾向があるので「いくつに見える?」と聞いて実年齢付近を言われたら、実際はもっと老けて見られていると思ったほうがいいかもしれません。

面長に心当たりがあれば、直すべきは頬のメイク

面長で老け顔の方は、チークの位置を変えることがポイントになります。チークの位置が高すぎると、より間延びした印象を与えてしまいます。

逆に、下過ぎても顔が下がったようなイメージを与えるので、鏡を見てにっこり笑った時に高くなる円の下側にチークを入れましょう。こめかみの付近にまでさっとチークをいれると血色がよく若々しくなります。

顔色の悪さや頬がこけて見えるのも老け顔の印象を強めるので、肌色を明るく見せてくれる色を選びましょう。

鼻の下と唇の距離もポイント

リップメイクでも老け顔を若返らせることができます。鼻の下が長いと老けて見られやすいので、鼻の下を短く見せるようなメイクが肝になります。

まずは唇の上側を大きめに描くこと。元々の唇の色や輪郭がはっきりしている方はコンシーラーで消してリップペンシルで上書きすると良いでしょう。なるべく鼻に近くなるようにオーバー気味に描くのがポイントです。

また、鼻筋にハイライトを乗せノーズシャドウも併用することで鼻を高く見せることが出来るので唇と近いような錯覚を起こせます。

眉は短めにすると若々しく

加齢とともに頬が下がり、まぶたや眉の周囲も下がります。同じメイクだと似合わなくなってくる原因の一つでもあります。

眉尻を短めにすると若々しい印象を出す事ができます。細すぎる眉毛も老けて見える原因なので、太さも見直してみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板