fbpx

老化に注意!「3月は一番シミが出来やすい」3つの原因

3月一番シミ原因

日に日に暖かくなり屋外にでて太陽の光を浴びると気持ちの良い季節になりました。でも暑いわけでもなく、肌寒い日もあり気にせずに外出して無意識に紫外線を浴びていませんか?実は3月はシミに要注意の季節だったのです。

3月の肌が一番白い

冬の間は紫外線の量も少ない季節です。肌は白い状態になりますがすぐに白くなるわけでなく、肌のターンオーバーの関係でしばらく時間がかかります。3月の肌は白いのです。

シミは紫外線から肌を守るための防御反応です。日焼けをしている夏のほうが紫外線を浴びたときのダメージが少ないのですが、白い春の肌は紫外線の影響を受けやくなっています。

だからシミもできやすくなります。生まれつき色の白い方はシミになりやすいのは当然のことだと言えます。

3月の肌は紫外線に対して無防備

春の白い肌は紫外線の影響を受けやすいのに、3月から紫外線の量も増えてきます。でも寒い日もあるせいでついつい油断してしまいますよね。

夏のようにしっかりとした日焼け止めやパウダーファンデなどでの紫外線対策を怠りがちになります。無防備な肌は窓越しの陽ざしや短時間の外出などでもダメージを受けてしまいます。そのちょっとした油断の積み重ねがシミを作ってしまいます。

風が強くほこりが肌につきやすい

季節の変わり目で肌の状態も安定せず、肌荒れしやすくなりますし、皮脂も増えてきます。3月になると風が強くなります。ほこりやチリが強い風に舞い肌に付着します。

それだけでなく、花粉も飛び始めますので肌につきやすくなっています。肌のターンオーバーもうまくいかず代謝によってなくなるメラニン肌に残ってしまい、シミになってしまう可能性が高くなってしまいます。

シミを作らないためには

クレンジングでしっかりとして汚れを落としましょう。化粧水で水分を補い美容液やクリームで保湿、そしてたっぷりの睡眠時間で寝ている間の肌の補修効果を上げてください。

外出するときは、日焼け止めは忘れずに。朝つけた日焼け止めは午後には効果がなくなっている可能性もありますのでつけ直しも必要です。

また、休みの日でも日焼け止めを忘れないでください。短時間でも紫外線を浴び続けると肌ダメージの原因になります。シミだけでなく肌あれや吹き出物、肌の老化を早めることにもなります。

これからさらに紫外線の強くなる季節ですので、今から夏と同じように対策をしてシミのないきれいなモテ肌を目指してくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板