fbpx

ヤバッ歪んでる!?顔を「左右対称に戻す方法」

顔の歪み大丈夫

鏡を見たときや証明写真を撮ったとき、顔が歪んでいると感じたことはありませんか?普段、何気なくしていることが、顔の歪みに繋がっていることもあります。

顔が歪んでしまう原因とは……

まず、顔が歪んでしまう原因から見ていきましょう。頬杖をつくことや、ついつい足を組んでしまう、バックを片方の肩にばかりかけて持ってしまうという習慣は、身体の骨格を歪めてしまいます。

身体の骨格が歪むということは、顔が歪んでしまう原因になるのです。猫背のような姿勢の悪さも、骨格を歪めてしまう原因になるので、要注意です。

食事をするとき、左右どちらかで噛むクセがある人も、顔が歪んでしまう原因を作っている人です。

左右どちらかしか使わないというのは、使わないほうの表情筋などが衰えてしまう原因なので、結果的に顔が歪んでしまうことになるのです。

また、左右非対称の視力の人は、どちらかの目だけでものを見ようとするので、歪みに繋がってしまいます。

ストレスや作り笑いでも歪む!

ビジネスの場では、よく作り笑いをしてしまうという人も少なくないと思いますが、作り笑いも歪みの原因になります。

普通に笑うのとは違って、表情筋が強張ったまま笑っているので、顔が歪んでしまうのです。ストレスも顔の歪みの原因のひとつになるので、ストレスや作り笑いにも注意しましょう。

自分の顔の歪みをチェックしてみよう!

では、自分の顔が歪んでいるのかどうか、簡単にセルフチェックをしてみましょう。歪みが少ないうちに生活習慣を見直すことで、キレイな左右対称の顔を作ることが出来ます。

・両目の大きさと位置は同じですか?
・鼻筋はまっすぐ通っていますか?
・輪郭は左右対称ですか?
・口角の位置は同じ高さですか?
・頬骨の高さと位置は同じですか?

この5つのポイントを見てみると、自分の顔が左右対称かどうかを知ることが出来ます。1つでも気になる部分があれば、顔の歪みが起きているというサインなので、生活習慣を見直すことが大切になります。

鏡を見てみて、ちょっとでも気になるところがあれば、普段の生活を見直してみてください。

歪みを直して、左右対称の顔に!

自分の顔が歪んでいることが分かったら、歪みを早めに直してしまいましょう。歪みの原因は普段の生活習慣なので、それを見直すことから始めていきます。

例えば、頬杖をついたり、足を組むことが多い人であれば、それらの習慣を改めることです。姿勢が悪い、斜めにものを見るといった習慣はすぐに直るものではありませんが、意識して直していくことで歪みを改善していくことができます。普段の生活を見直してみて、顔が歪んでしまう原因があれば、その原因を取り除くことが大切です。

そして、表情筋を鍛えることも、重要なポイントになります。左右の筋肉を均等に使うイメージをしながら、口を大きく開けて「あー、いー、うー、えー、おー」と発声していきます。舌を前に突き出して、時計回り、反時計回りに大きく1周させる運動も効果的です。

顔の歪みは、せっかくのメイクも台無しにしてしまいます。いつまでもキレイでい続けるためにも、左右対称の顔を目指しましょう。

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック