決め手は「ミルフィーユ保湿」!乾燥肌に潤いをもたらす方法

乾燥肌に万全ケア

肌がカサカサしてしまって、かゆくて、メイクのりも良くないという乾燥肌の悩みを抱えている人は多いのでは。

そこで、乾燥肌の人必見の、肌に潤いをもたらす方法を紹介します。

ミルフィーユ保湿でスキンケアをしよう!

まず最初に、普段のスキンケアから見直していくことにしましょう。普段スキンケアをするときには、化粧水、乳液、クリームを1回塗って終わり、という人が多いのではないでしょうか?

乾燥肌対策をするときには、1回ではなく、何層にも重ねて塗っていくミルフィーユ保湿がオススメです。

ミルフィーユ保湿をするときには、まず乳液から肌に塗っていきます。量は少なめで、ベタベタ感がなくなるまでしっかり肌に馴染ませていきましょう。次に、化粧水を同じく少量で、しっかり馴染ませていきます。これを数回繰り返してから、最後に美容クリームを塗ってフタをして、スキンケアは完了になります。

ミルフィーユ保湿をすることで、肌はしっかりと水分を吸収してくれます。カサカサだった肌も、翌朝にはしっとりしているので、即効性も期待できるスキンケアです。

ポイントは、化粧水や乳液を塗るときに、1回ずつしっかり馴染ませていくこと。ベタベタの状態のままではなく、しっとり馴染むまでしっかり肌に吸収させてから、次の工程にうつるようにしましょう。

セラミド・ヒアルロン酸配合のコスメを使おう!

セラミドやヒアルロン酸は、保湿力や保水力が高いので、乾燥肌の人のコスメにはぴったりです。乾燥肌に悩んでいるという人は、スキンケア用品やコスメに、セラミドやヒアルロン酸が含まれているものを選んでみてはいかがでしょうか?

セラミドも、ヒアルロン酸も、肌の表面や角質層で水分を保つ働きがあります。角質層で水分を保つことが出来れば、肌の潤いは持続するので、乾燥肌対策としてはピッタリです。外の湿度が低くて乾燥してしまいやすい環境であっても、肌の角質層で水分をしっかり保水できていれば、高い保湿力を持続することが出来るので、乾燥しにくい肌になるのです。

ヒアルロン酸やセラミドは、単体で使っても効果があまり得られないこともあります。そこで、ヒアルロン酸配合の化粧水を使ったら、乳液やクリームはセラミド配合のものを使うなど、複合して使うことが大切です。

また、メイク下地などにもヒアルロン酸配合のものを使ったりすることで、より乾燥肌を防いで、瑞々しい肌を保つことが出来ます。

食べ物を選んで内側から乾燥対策

乾燥肌の対策は、外側からの対策がメインになりがちです。でも、内側からも乾燥肌対策をしておくことで、より効果をアップさせることが出来るのです。肌の潤いを保つためには、外側からだけではなく、内側からもケアをしていきましょう。

まず、肌の潤いをキープするためにはコラーゲンが必要です。鶏皮や鶏手羽、うなぎなどに含まれるコラーゲンは、肌のハリや潤いをキープしてくれます。最近は、コラーゲン鍋セットや、コラーゲンボールが市販されているので、自宅でも簡単にコラーゲンを摂取することができます。

飲み物では、温かい紅茶やハーブティー、ビタミンCの多く含まれているジュースなどが良いでしょう。温かい飲み物は、血行を良くし保湿成分は体中にいきわたる効果もあります。

たんぱく質には、体内で生成できない必須アミノ酸が含まれています。必須アミノ酸は肌のターンオーバーを正常に行う働きがあるので、積極的に食べておきたいものです。肉や豆などを食べることで必須アミノ酸を摂取することが出来ます。

肌の乾燥には、外側からのケアと内側からのケア、どちらも大切になります。乾燥が気になる人は、ぜひ試してみてくださいね。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
この記事を読んだ人におすすめ

【独身男性限定】大人として自立している実家女子とだらしないひとり暮らし女子。付き合うなら?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

リアクション数ランキング

閉じる