fbpx

ほうれい線が薄くなる!今すぐできる美顔エクササイズ

ほうれい線 運動法

口元にくっりきと出てしまったほうれい線は、それだけで老け顔という印象を持たせてしまいます。 もともとあったほうれい線が、年齢を重ねるごとに深くなっていき、老け顔の原因となってしまうのです。 そんな老け顔の原因、ほうれい線は、簡単な顔運動で薄くすることも出来るんです。 そこで、毎日出来て、小顔効果もある簡単な顔運動法を紹介します。

ほうれい線が出やすい人っているの?

ほうれい線は、出来やすい人と出来にくい人がいます。毎日の生活習慣などから、ほうれい線が出やすい人もいるので、まずは自分がほうれい線が出来やすいタイプなのか、知ることも大切です。では、どんな人がほうれい線が出来やすい人なのでしょうか?

・意識をしていないと口が半開きになってしまう
・ダイエットで痩せたり、リバウンドで太ったりを繰り返している
・食事のとき、左右どちらかだけで噛むクセがある
・硬いものよりも柔らかい食べ物が好き
・左右どちらかを向いて寝るクセがある

ほうれい線の原因は、加齢や筋肉の衰えが原因の事がほとんどです。ですが、毎日の生活を見直してみて、こんなクセがある人は、ほうれい線が出来やすい人なのです。逆に言えば、クセを直すことで、ほうれい線が出来てしまうリスクを減らすことができるんですね。

ペットボトルを使った簡単な運動でほうれい線を消す!

ほうれい線を目立たなくするためには、表情筋を鍛えることが大切です。そこで、ペットボトルを使った簡単な運動を紹介します。

用意するものは500mlのペットボトルです。

ペットボトルに水を入れたら、歯を使わずに唇だけで持ち上げます。まっすぐ前を向いて、ペットボトルを左右上下に動かしていきます。このとき、唇に力を入れることで、口の周りや頬あたりの表情筋を鍛えることができます。1回10秒行って1セット、1日3セット程度行うといいでしょう。

最初は50mlくらいの水の量から始めて、慣れてきたら少しずつ、水の量を増やしていくといいでしょう。

1分間のマッサージで、若々しい印象になれる!

毎日のスキンケアと一緒に、ほうれい線を消すマッサージを行っていきましょう。表情筋を動かしていくマッサージなので、顔の引き締め効果も期待できます。

まず、両手の人差し指を使って口を広げ、口の中から筋肉をほぐすように下から上に動かしていきます。次に、口を膨らませたり、すぼめたりして、内側からほうれい線を延ばしていきます。10回程度繰り返したら、最後に親指の腹と曲げた人差し指で頬をつまんで、内側から外側に円を描くように回して、弛んだ頬を引き締めます。このマッサージを1日3セット、毎日続けることで効果を実感することができます。

ほうれい線を消す運動やマッサージは、表情筋を鍛えたり、たるみを解消するものです。なので、自然に小顔にもなれて、若々しい印象になることが出来ます。毎日出来る簡単な運動とマッサージなので、ぜひ試してみてください。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板