fbpx

「お酒は太る」は間違い!?ダイエット中でも飲めるお酒はコレ!

ダイエット中といえど、仕事や友だちの付き合いで飲み会を断るわけにはいきません。それにたまにはお酒を飲んで良い気分になりたいですよね。そんな悩めるあなたに嬉しいお知らせ。

飲んでも太らない、身近なお酒をご紹介します。

「焼酎」は飲んでも太らない!

飲んでも太らない、ダイエット中に最適なお酒は「焼酎」。

そもそもアルコール飲料のカロリーは、糖質・たんぱく質・アルコールのカロリー合計のこと。アルコールは1g=7kcalありますが、アルコール自体は体脂肪になりません。体内に入ると優先的にエネルギーとして使われ、糖質やたんぱく質は後回しになります。

焼酎は1合約260kcalで糖質0g、たんぱく質0g。つまり、焼酎のカロリーは100%アルコールのカロリーなので体脂肪にはなりません。反対に、「ビールは太る」と言われているのは、ビールには糖質やたんぱく質のカロリーがあるため、それが体脂肪になりうるためです。

焼酎ならいくらでもオッケー!?そうではない!!

「体脂肪にならないなら、焼酎ならいくらでも飲んでいいの!?」と思うかもしれませんが、それは大きな間違い。

多くのアルコール飲料はビタミンやミネラルがほとんど含まれていません。焼酎もまた同様です。カロリーだけ摂ってビタミンやミネラルが不足すると、 栄養素の代謝がうまくいかずに体調を崩しかねません。飲む場合には必ず、お刺身や冷や奴、お浸しといった、栄養豊富なおつまみを摂取しましょう。

また、飲み過ぎると食欲のタガが外れてしまうもの。「今日くらいいっか!」と、唐揚げや焼き鳥、シメのラーメンなど高カロリーなものを食べがちです。そうならないためにも、漬け物、サラダなどの野菜を中心に食べるようにするといいかもしれません。

焼酎プラス低カロリーのおつまみ。あとは会話を楽しんで、ダイエット中もお酒をたしなみましょう。

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック