fbpx

老け顔の特徴!「目尻のシワ」を増やす4つのNG習慣

普段は気にしないけど、アイメイクをするときに目尻のシワが急に気になることってありませんか?

急場しのぎにアイクリームをすりこんでみても薄くならないですよね。もしかしたらあなたの習慣が目尻のシワをつくっているのかもしれません。

今日は無意識にしている目尻のシワの原因になる、やってはいけない日常の習慣についてお伝えしたいと思います。

1.アイメイクアップリムーバーを使わずに落とす

アイメイクを顔のクレンジングで一緒に落としていませんか?目のまわりの皮膚は弱いので、こすってしまうと目尻のシワの原因を作ってしまっています。

上手くアイメイクも落ちないので、アイメイクアップリムーバーを使って落としましょう。そのときに綿棒に染み込ませてアイラインをそっとたたくように落とすと目尻のアイラインもきれいに落ちます。だから目尻に負担をかけずにすむということです。

2.目のまわりを強めにマッサージしている

目尻のシワが気になるからと毎晩、目の周りのマッサージをしっかりとやっていませんか?とくに目の周辺の皮膚は薄いのです。

強い力でマッサージしたり、無理にシワを伸ばしたりすると引っ張られた皮膚が伸びてしまう可能性があります。目尻のケアはやさしくおこなってください。

アイクリームも指をつかってやさしく丁寧にぬってください。

3.ストレスが多くしかめっつらをしている

仕事が忙しいからと考え事をして怖い顔になっていることに気がついた経験はありますよね。悩み事があったりストレスがあったりすると、ついつい心の中で考えて自分の表情がどんな顔になっているか気がつきません。

その上しかめっつらになっていると目尻に深いシワが入ります。それが習慣になってしまうのです。仕事で考え事をしているときは深呼吸をしてやさしい顔になることで目尻のシワを予防できます。

4.夜遅くまでお酒を飲み、泥酔してそのまま寝る

適度なお酒はストレス解消にもなり明日への活力につながりますよね。しかし泥酔するほど飲むとお化粧を落とす気力もなく寝てしまうので目尻のまわりも汚れが残ったままです。

お酒には入眠作用がありますが、美肌に大切な熟睡ができません。その上脱水作用もありますので体も顔も水分不足になっています。体の外と中からダメージを与えて目尻のシワの原因を作っています。

シワ予防のためにもお酒はほどほどにしましょう。

今日だけは目尻のシワを取りたいという方は、目尻のシワにシールのようなパックをしてシワの癖を直すという方法があります。短時間の効果は期待できます。ロングヘアーの方はポニーテールすると顔全体がアップしますのでめだたなくなります。

毎日のケアはやさしく保湿をして低刺激の日焼け止めを使い、目尻のシワを深くしないようにしましょう。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板