fbpx

アラサー女子の2人に1人が悩んでる!人に言えない「お通じ」事情

突然ですが、「お通じ」はちゃんとありますか?デスクワークが多かったり、運動不足が続くと便秘になりやすくなってしまいます。

今回、株式会社えんばく生活と株式会社サイキンソーが、30~40代の女性約400名に腸内環境とダイエットに関する意識・実態調査を行いました。

現代女性の2人に1人は「お通じに悩みアリ」

まず、現在のお通じの状況を質問したところ、「恒常的な便秘」「恒常的な軟便」「便秘と軟便を繰り返している」といった悩みを抱えている女性が約半数を占め、現代女性の2人に1人がお通じに悩みを持っていることがわかりました。

さらに、そのうち「便秘」で悩んでいると回答したのは92.5%。この結果から、女性のお通じについての悩みはほぼ「便秘」であることが明らかになりました。

どのくらい出てない?アラサー女子たちの便秘事情

多くのアラサー女性を悩ませている便秘。具体的には、どのようなことで悩んでいるのでしょうか。

その結果、「3日以上つづけて出ないことがある」(64.5%)という回答がトップになりました。次いで2位は「排便をするときに固くて不快感がある」(37.4%)、3位は「排便はあるがすっきりしない」(31.8%)と続きました。

お通じがなくてつらいだけでなく、いざ出たとしても不快感を感じなければいけないのは、とてもストレスになってしまいそうです。

便秘知らずの「すっきり女子」の食生活とは

多くのアラサー女性が便秘で悩んでいる一方で、「お通じは良好である」と回答した女性は39%いました。彼女たちは、便秘女子たちと同様にヨーグルトや納豆といった発酵食品を摂取していたり、加えて雑穀米や大麦、グラノーラなどの穀物製品も継続的に摂取していることがわかりました。

豊富な食物繊維が、便秘解消のカギのようですね。スッキリ生活を目指すなら、まずは食生活から見直してみるといいでしょう。

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック