fbpx

スモーキングフェイスって何?タバコ、お酒が原因のブス肌3つ

タバコやお酒は体に悪いのはわかっているけど、ストレス解消にやめられない……。でも、そのちょっとした習慣の積み重ねが10年後、20年後、とんでもないブス肌 フェイス を作るってご存知でしたか?

今日はどんな「ブス肌 フェイス 」があるのかご紹介したいと思います。

スモーキング フェイス

タバコを長年吸ってきている、まわりにいるヘビースモーカーのおじ様たちの顔を思い出してみて。ほうれい線が深く、肌がどす黒い、歯が黄色い、歯茎の色が悪い、シワが多い、毛穴が開いている、ほうがこけていたり……。

そんな長年の喫煙が原因で老化した肌を「スモーキングフェイス」と言います。タバコには、ニコチンをはじめとする約200種の有害物質が多く含まれていると言われています。それが体内で老化させる活性酸素を発生させることで老化が進行。これを防ぐには、たばこをやめるしかありません。

フィッシャマンズ フェイス

長年漁師をやっているおじいさんを想像してください。深いシワ、真っ黒な肌、年齢よりもかなり老けてるイメージが浮かびますよね。これを「フィッシャマンズフェイス」といいます。

生きていた証でステキですが、紫外線に当たりすぎると肌の老化は早まります。まだ大丈夫と思って日常的に日焼けを気にしないで生活したり、海で日焼けしたり、日焼けサロンにいったりしていると肌が老化して深いシワとシミの濃い老け顔になってしまいます。不必要に日焼けをしない、日焼け止めをつける習慣をつけることが大切になります。

ドリンキング フェイス

お酒を毎日、たくさん飲んでいると老化が早くなることを知っていましたか?スコットランド政府がお酒の飲み過ぎ予防に作った、ドリンキングミラーというアプリがあります。自撮りをして、アルコールの量と年数をいれると、これくらい老けるか予測してくれます。

赤ら顔になり顔のラインが浮腫み、シワが深くなり、肌のキメがあらくなります。これが「ドリンキングフェイス」です。あくまで予測ですが、アルコールの飲みすぎは肝臓などの臓器にもダメージを受けますし老化が早まります。泥酔するほど飲むのではなく、適度に楽しむようにします。

最近はスマホもブス肌フェイスになると言われ始めています。そのうち「スマホフェイス」という言葉もできるかもしれませんね。10年後、20年後、キレイでいるためには、タバコをすわない、不必要に日焼けをしない、お酒はほどほどにしてスマホに振り回されない。こういう生活が将来の若さとブス肌フェイスを作らない秘訣かもしれません。

【関連記事】

サンドイッチがイイ!?美肌を保てる「コンビニランチ」正しい選び方

暴飲暴食でボロボロ!?荒れた肌をサクッと再生させる生活習慣4つ

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板