fbpx

油断大敵!確実にドン引かれる「非モ手」を「モ手」にする方法

バラを持っている手

寒~い季節に露出される部分といえば顔と 手 くらいのもの。すると、数少ない肌色は必然的に目立ってきますよね。

ところが、顔はともかくとして、 手 のケアはついつい怠ってしまうという人も少なくないのでは。しかし 手 は体の中でもよく動かすパーツなので、お手入れしなければどんどん劣化してしまうのです。

というわけで今回は、確実にドン引かれる「非モ 手 」とそのケア方法をご紹介します。

こ、粉ふいてる~!?<カサカサ・あかぎれ>

冬は乾燥しやすい季節。どうしても潤いが奪われ、カサカサになりがちです。肌が弱い人は粉を吹いてしまうこともあるのではないでしょうか。

そうするとどうしても汚らしく見えてしまい、生活に疲れたオンナ感が出てしまいます。重症化するとあかぎれにまで至ってしまい、見た目が悪いだけでなく、痛くてテンションもガタ落ち。ちょっとでもまずいなー、と思ったら早急にケアをしましょう。

オススメはハンドクリームを塗る前に化粧水をつけること。油分補給も大切ですが、水分が足りていなければ保湿の効果も半減してしまうからです。とはいえ、毎回そのようなケアをするのは面倒なので、お風呂上りだけでもオッケー。

その代わり、普段はこまめにオイル系の保湿剤を手に刷り込むのがオススメですよ。

ウワッ、痛そう!<ささくれ>

冬場は特にできてしまいやすいささくれ。なんだかズボラな印象を与えてしまいますし、せっかくネイルでキレイな指先を作っていても、台無になってしまいますよね。地味~に痛いのも気になるところ。

ささくれができてしまう大きな原因は、やはり洗い物やお風呂洗いなど、水を使う家事。素手でやっている人も多いかもしれませんが、手を荒らさないためにはゴム手袋をちゃんとはめましょう。

もしできてしまったら、ささくれた部分は、アルコール消毒した眉毛バサミなどでカットして。軽度ならオイルなどで保湿し、傷がある場合は絆創膏で保護しましょう。

もっさり生えてて萎える~<指毛>

冬場でも腕やワキ、すねはつるつる!私って女子力高い!という人も、 うっかり剃り忘れてしまいがちな指毛。しかし、指はオンナの色気がギュッと宿っているパーツでもあるのです。そこがもっさりとした毛で覆われいたら、男性も萎えてしまいますよね。

カミソリでササッと剃ってもOkですが、化粧水でたっぷりと水分補給したあと、乳液やクリームを重ね塗りしてしっかり保湿をしてあげてください。それを怠ると、今度は毛穴が目立つようになってしまいますよ。

また、面積が狭い部分く、比較的安価で済ませられるので脱毛サロンもオススメです。

手 、なんか汚い……<黒ずみ>

別に色黒というワケではないのに、手の甲や指の関節部分だけがなんか茶色っぽい、黒ずんでいる、というお悩みを抱えている人も少なくないのでは。これは血行不良や紫外線によるダメージによって引き起こされてしまうのが原因と言われています。

なんだか汚らしいし、何と言っても老けて見えるので、今すぐ解消したいですよね。そこで使いたいのが、スクラブ入りの洗顔料やクリーム。これを使ってマッサージをし、不要な角質を除去しましょう。もちろん、水分補給と保湿も忘れないで。

これを週に2~3回行えば、みるみるうちに美しい手に変身できちゃいますよ!

ちょっとくらいスタイルやファッションに抜け目があっても、美しい手はそれだけで男性のハートをグッと掴まえることができるもの。他のパーツに比べてもケアは簡単なので、「モ手」を目指して頑張ってくださいね。

【関連記事】

ささくれだらけは即アウト!こんな「女の手」に男はゲンナリしている

【重要】手の老いを防ぐ!「ババアハンド」にならないお手入れとは

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板