fbpx

光を集めてツヤ肌に!今すぐ使えるコンシーラーテク4選

「顔の印象を決めるカギはベースメイク」と言っても過言ではありません。くすみを消してツヤ肌に仕上げるためには、 コンシーラー が必須アイテム。

今回は コンシーラー を使って光を集める、ツヤ肌テクについて紹介します。

コンシーラー テク1「カバーしたい場所で使い分ける」

コンシーラーと言っても、クリーム状の柔らかいテクスチャーのものから、スティック状の固めのものまでさまざまです。カバーしたいポイントに合わせてコンシーラーを使い分けることが、ツヤ肌を手に入れるための初めのステップ。

目元など広範囲をカバーしたい場合、なじみやすいクリーム状のコンシーラーを。口元や小鼻などワンポイントをカバーしたいときは、固めのものを使うようにしましょう。

そしてどちらのテタイプのコンシーラーも、肌よりも少し暗めのカラーを選ぶようにすることで、なじみが良くなります。明るく見せたいからと言って、自分のスキンカラーよりも明るい色のものを選ぶと浮いてしまいます。

コンシーラー テク2「ファンデーションの前後で使い分ける」

「コンシーラーってファンデーションの前に塗るの?後に塗るの?」と迷う人もいるでしょう。 これもカバーしたいポイントや、使うコンシーラーのタイプによって順番を変えましょう。

全体的にくすみをカバーして、パッと明るい印象に仕上げたい場合は、柔らかめのテクスチャーのものをファンデーションの前に使用。しっかりとカバーしたい部分は、固めのものをファンデーションの後に使いましょう。

コンシーラー テク3「メイクブラシを使う」

コンシーラーを使う時に指やメイク用チップを使う人も多いですが、細かいところまでムラなくしっかり伸ばすには、1cm幅程度のメイクブラシを使うのがおすすめです。

少量ずつメイクブラシにコンシーラーを取り、手の甲でなじませてからくすみが気になるところに乗せていきます。一度にたくさん取ってしまうと、ムラになったり厚塗りになったりするので注意が必要。

最後にパフやスポンジで上から押さえるようにしてコンシーラーを肌に密着させましょう。部分的にコンシーラーを使った場合は、スポンジの角を使って優しく叩くようにして馴染ませると、仕上がりがきれいになります。

コンシーラー テク4「フェイスパウダーをオン」

どのタイプのコンシーラーを使った場合でも、仕上げにはフェイスパウダーを使うようにしましょう。メイク崩れを防ぐだけでなく、ツヤ感や透明感のある肌に仕上げることができます。

大きめのメイクブラシにフェイスパウダーを取り、手の甲でなじませてから肌に乗せます。そして優しく撫でるように、コンシーラーを乗せた部分に馴染ませていきます。光を集めるような効果のあるフェイスパウダーを選ぶことで、より透明感のある肌に仕上げることができるでしょう。

ツヤ肌を作るためのコンシーラーテク、毎日のベースメイクに是非役立ててみてくださいね。

【関連記事】

流行メイクはNG!「婚活メイク」3つのポイントはこれだ!

キレイは10分で作れる!忙しい朝の時短メイク術

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板