fbpx

暴飲暴食でボロボロ!?荒れた肌をサクッと再生させる生活習慣4つ

鏡を見る女性

年末年始は飲む機会が多くなり 暴飲暴食 になりがち。家族や親戚、友人が揃い気分が高揚するとつい 暴飲暴食 してしまいますよね。その 暴飲暴食 の結果、胃腸の調子が悪くなり、肌も荒れてボロボロになり、今の時期悩む女性も少なくありません。

今回は、そんなときの対処方法をお伝えしたいと思います。

暴飲暴食 の対処方法:厚化粧をやめる

肌が荒れているときは、保湿力の高いクリームファンデーションとパウダファンデーションの2つを使って隠そうとしがちです。しかしそれは、乾燥した畑にいきなり肥料をまくようなもの。厚化粧をしても肌のケアには意味がないのです。

まずは、日々の化粧を薄めに留めましょう。メイクする時は、化粧水、美容液、クリームと肌を整えパウダーファンデーションで軽く抑える程度で十分。厚化粧はさらに肌荒れを悪化させてしまうので、隠したい気持ちはグッと我慢しましょう。

暴飲暴食 の対処方法:油性のクレンジングは使わない

肌が荒れているときはメイク落としにも注意。まず、オイルタイプのクレンジングは避けましょう。お化粧を落とす力が強い分、肌にも負担がかかります。特にクルクルとマッサージをしてしまうと、肌荒れを加速させてしまいます。

ミルクタイプやクリームタイプなら比較的肌に優しくメイクを落とすことができます。でも落とす力も弱いですから、肌荒れのときはお化粧自体を薄くして、優しいクレンジングを心掛けましょう。また、基礎化粧品も低刺激のものを使うようにすると、肌への負担がさらに少なくて済みます。

暴飲暴食 の対処方法:胃腸を休める

暴飲暴食で胃腸が疲れていると、体も衰弱し、当然肌も荒れてしまいます。そんな時は、温かい食事や消化のよい食事を取るようにしましょう。例えば温野菜や魚、大豆製品などがオススメです。

飲みものも、温かいカフェインの少ないハーブティーやあたたかい麦茶などを飲むようにしましょう。揚げ物や刺激物は避けたほうが疲れた胃腸には優しいですね。

暴飲暴食 の対処方法:しっかりと睡眠をとる

アルコールを飲むと眠くなりますが、実際には睡眠の質は悪くなります。年末年始は寝ている時間が長くても、飲酒がきっかけで眠くなっていたのならば、質が下がっていると考えられます。

まずは、アルコールを控え、スマホやパソコンは寝る1時間前には電源を切りましょう。お風呂に好きなアロマを入れてゆったりリラックスするのも睡眠の質を上げるには効果的です。それにより成長ホルモンの働きが活発になり、肌の再生を促しキレイな肌を作る効果が期待できます。

これらを守って、肌荒れを回復させてくださいね。

【関連記事】

安心してカンパ~イ!アラサー女子向け「二日酔い」で苦しまない方法

温かいけど注意!?「肌荒れ」の原因になるインナーとは

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板