fbpx

履きながらおフロに!?誰でもできる「レギンス入浴ダイエット」がアツい

脚をマッサージする女性

寒い季節、やはり脚のむくみは気になりますよね。でも、運動するにはまだ少し肌寒いし……と悩んでいるあなたに朗報です。

お家の中、それもレギンスをはいたままお風呂に入るという「 レギンス入浴ダイエット 」が話題をよんでいるそう。今回は、その「 レギンス入浴ダイエット 」の方法と効果をご紹介します。

レギンス入浴ダイエット のやり方

やり方はとても簡単。レギンスを履いて20~30分、湯船に入浴するだけ。用意するレギンスも家にあるものでOKです。

身体の中でも特に脚がむくみやすく痩せにくいのは、心臓から遠いため。どうしても血液やリンパの巡りが悪くなるため、老廃物が排出しきれずにむくみやすくなります。

入浴中は水圧で太ももやウエストが通常よりも細くなります。入浴後はほぼ元に戻ってしまいますが、それほど入浴は身体全体に水圧がかかるもの。この水圧効果を利用したダイエットなのです。

レギンス入浴ダイエット の効果

レギンス自体にかなり圧力があるので脚全体・お腹にも圧力がかかって、血流が良くなります。さらに、入浴の水圧や温度でむくみや冷えが解消され、結果的に痩せやすい体につながるのです。

下半身の筋肉は全身の6割を占めるため、その下半身を鍛えることはダイエットにとても効果的。特に、冷えやすい脚を中心にあたためてむくみを解消することは、他の部位のダイエットの促進にもつながります。

脚ヤセマッサージでさらに効果アップ

レギンス入浴ダイエットはレギンスを履いて入浴するだけでも効果がありますが、さらに2つのマッサージを入浴しながら行うと効果を上げることができます。

足首グルグル運動

このマッサージは足先の血流を促してむくみを解消してくれます。

  1. 伸ばした左足の上に右足を組む。
  2. 恋人つなぎの要領で、右足の指の間に左手の指を入れてしっかりと掴む。
  3. 右手で右足首を固定し大きく5回足先を回す。
  4. 手と足を変えて5回同様に回す。

太ももグリグリ運動

太ももの筋肉を刺激して代謝をアップするマッサージです。

  1. 体育座りする。
  2. 両手でこぶしを作り、左足の膝の上から足の付け根(股関節の方向)に向かって押し流す。
  3. 2を5回行い、右足も同様に行う。

お風呂はシャワーだけ、なんていう習慣もむくみの原因に……。今日から早速はじめて、ウットリするような脚線美を目指しましょう!

【関連記事】

「タモリ式入浴法」って知ってる?時短でキレイな女子になる方法

美容にもダイエットにも!セレブがハマるエプソムソルト入浴法

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック