fbpx

ぐっすり寝れば婚活成功!「寝る女がモテる」3つの理由

特別美人なワケでもないのに、ものすごくモテる女性っていますよね、たとえば、メンタルが安定していて笑顔が多い。そんな女性は、実は「睡眠」に気を使っているかもしれません。

今回は 寝る 子は育つ」ならぬ「寝る 女はモテる」ワケを考え、今夜からすぐに実践できる快眠法をまとめてみましたので、ご紹介します。

寝る 女がモテる理由1「精神が安定する」

睡眠が不足すると不平不満が多くなったり、悲観的になったりします。さらに不眠が続くと頭痛や腹痛を招き、さらなるイライラを招く原因になりかねません。

また、睡眠不足になると真っ先に感じるのが集中力の低下。眠気のせいで集中できないのはもちろん、恋愛のような繊細な物事が手に付かない場合もあります。

質のいい睡眠は心のバランスを整え、人に優しく接することが出来ます。生活にゆとりも生まれるため、恋愛に前向きな姿勢が自然とつくられるのです。

寝る 女がモテる理由2「最強アンチエイジングになる」

アンチエイジングにおいても、睡眠不足は天敵。睡眠不足の状態になってしまうと、お肌の健康にも良くありません。お肌がカサカサになってしまったり、老廃物が溜まりやすくなったりしてしまいます。

また、ツヤのないくすみ肌にもなりやすいため「なんだか顔色わるい……元気がないな」と心配され、「俺と話しても楽しくないのか」と勘違いされてしまうことも。

寝ている間に、肌や髪の補修が行われています。たくさん寝れば寝るほど、肌トラブルが解消し、ウルツヤ美髪をゲット。快活で健康的な美人になることができます。

寝る 女がモテる理由3「ダイエット効果がある」

アプローチしたい素敵な男性はいるけれど、もうちょっとだけ痩せてから……という女性は多いはず。良質な睡眠は、やせて自信をつけたい、ダイエットがうまくいかない女性の大きな味方なのです。

実は、睡眠と代謝は脳の同じ場所でコントロールされています。睡眠中には様々なホルモンが出ますが、ダイエットに関係あるのはグレリンとレプチンというホルモンです。

グレリンは食欲を増進させ、レプチンは満腹感をカラダに教えてくれるホルモン。特にこのレプチンには、食欲を抑えて脂肪燃焼を促す効果もあります。

睡眠不足が続くとレプチンの分泌が減り、その代わりにグレリンが増加してしまいます。寝不足の翌日は、普段より空腹を感じやすくなります。よく寝ると、翌日平均で300カロリー消費する、という研究結果も。やせてキレイになって、男性にモテたい人は、夜しっかり寝てみましょう。

今夜からできる!モテ快眠法

020301

「パジャマなんて大人になってから着ていない」なんて人も多いかと思います。あの昔ながらのパジャマを着ると睡眠の質が上がると言われますが、それは「体への締め付けが少ない」ため。締め付けによる血流の悪化がなく、リラックス効果があるのです。

また、寝具やカーテンの色にもリラックスのポイントが。不眠に悩まされている人はベッドカバーや枕、カーテンをブルー系にしてみましょう。青色には心を落ち着かせる効果があります。

湯船にゆったりとつかって上がった後に軽いストレッチをする、アロマでリラックスするなど、ちょっとしたことでも眠りの質はグーンと改善されます。

仕事にプライベートに充実しているアラサー女子ほど、睡眠がおろそかになりがち。しっかりと睡眠を取るだけで人生の歯車はカチッと回り出すので、習慣づけてみてくださいね。

【関連記事】

バッハを聴くとイイ女に!?良質な「モテ睡眠」をとる方法3つ

枕じゃなかった!アレを着て寝れば睡眠の質がグンとUPする

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック