男性にモテる髪質は?30代から始めたい、お家でできる美髪ケア

昔から女性が「蝶よ花よ」ともてはやされるのは、16歳から26歳くらいと考えられます。その期間が最も女性ホルモンが活性化し、人生で一番美しいと思える時期なのかもしれません。

しかし、27歳以降の女性が「老いている」とか「美しさが損なわれている」というわけではありません。特に最近のアラサー女性の磨き抜かれた美しさには、女性からしても目を奪われるものがあります。

美容業界が大きく前進した現代、女性は美しさをお金で買うことができるようになりました。そしてネットによる情報の普及も進んだおかげで、自宅に居ながらにして美と若さを手に入れられるようになったのです。

「一髪二肌」と言われるように、髪は女性にとって一番大切なもの。今回は自宅でできるヘアケアを中心に紹介していきます。30代からのケアにお悩みの方は参考にしてみてください。

アラサーになると、髪質の衰えを感じる……

30代にもなると、髪質の衰えを感じる女性も多いでしょう。よく挙げられる髪の悩みには、以下のようなものがあります。

●白髪が増えた
●髪が細くなった
●髪の毛がうねるようになった
●髪が薄くなってきた
●長年のヘアアイロン使用やカラーリングで髪がバサバサになってきた

これらの悩みに心当たりのある方も多いはず。さらに、30歳を境に女性は一気に老化が進みます。個人差はあるものの、20代とは違ったケアが必要になってくるでしょう。

20代の頃は好きなタレントさんがCMをしているシャンプーをドラッグストアで買って、いいか悪いかも考えずに使い続けてきたという人も多いですよね。

しかし30代はそれではいけません。髪質の衰えに合わせたシャンプーを選びやケアをする必要があるのです。では、一体どのようなケアを進めればいいのでしょうか。

次の項目では、30代からの自宅でできる頭皮・美髪ケアを紹介していきます。

お風呂の中での頭皮ケア

120810

頭皮ケアのほとんどはバスルームで行われます。街ゆくきれいなお姉さま方は、いったいどんなケアをしているのか早速チェック……の前に、注意点がひとつ。

それは、どんなに忙しくてもお風呂タイムに時間をかけること。冷え症の解消、お肌のうるおい、リラックス効果、疲労回復、血行促進……など、お風呂は美容にいいことづくし。毎日30分ゆっくりとお風呂につかるだけで、ストレスフリーの生活を送ることもできるのです!

そうはいっても忙しい現代人。しかも働き盛りの独身女性、アラサー時代は仕事が一番楽しい時期でもあります。ゆっくりとお風呂タイムをとるくらいならば、1時間でも長く仕事をしていたい!と願うかもしれません。

ですが、美はお風呂で作られるもの。今日から長くゆっくりとお風呂につかってみてください。

頭皮の汚れをしっかり落とす

まずはしっかりと汚れを落とすこと。どこの美容雑誌にも書かれている、シャンプー前の基礎の基礎です。頭の毛穴には、とてもたくさんの汚れが詰まっています。どんなにきれいな女性でも、脇の臭いや足の裏の臭いは発生するもの。

それは頭も同じです。毎日皮脂が出ていて、シャンプーでしっかり汚れを落とさないと、毛穴が詰まって異臭を発します。

試しに、髪の毛の根元に指をあててこすり、ご自分の頭のにおいをかいでみてください。「くさい!」と顔をゆがめる人も多いでしょう。そのくさみの元が汚れです。毎日のシャンプーでしっかりと汚れを洗い流しましょう。

毛穴が詰まらないシャンプーを選ぶ

最近のシャンプーやコンディショナーは、「髪の毛のツヤをアップ」「コシを取り戻す」などと謳ってはいるものの、肝心の頭皮ケアには触れていないものがたくさんあります。

30代になって髪の弱りを感じた女性は、シャンプー選びから見直すときがやってきたのではないでしょうか。

30代女性におすすめしたいのは、「毛穴が詰まりにくいシャンプー」です。余計な添加物の入っていない、自然素材のものを使用するといいでしょう。

もちろんお値段も高くなりますが、毛穴のつまりがなくなることで、健康的な美髪を取り戻すことができると思えば安いもの。

頭皮をマッサージして健康に

010526

パッと人目に付きやすい顔や脚のケアにはお金も時間もかけるのに、頭皮のことを忘れてはいませんか?頭皮とは、頭の皮膚のことをいいます。頭の皮の毛穴から、髪の毛が生えているのです。

綺麗な髪、健康的な輝く髪を手に入れたいのであれば、まずは髪が生える皮膚の健康を心がけましょう。目につかないからと言って、頭皮ケアをせずに長年過ごしている女性はとても多いです。そのぶん美貌を失っているといっても過言ではありません。

シャンプーをするときには、しっかりと毛穴を洗い上げましょう。指先で自分の頭皮をぐりぐりと揉みこむようにマッサージするのです。

頭皮マッサージ用の器具や、シャンプー用の櫛などを使って、頭皮マッサージをしても良いでしょう。このときに毛穴の中の汚れもしっかりと落ちていきます。

トリートメントを洗い流すときにも、仕上げの頭皮マッサージをおススメします。2回マッサージをすることで、頭皮の血行を促進し、毛穴を健康的に保つことができます。頭に付けたシャンプー剤を毛穴からしっかりと洗い流すことにもつながりますよ。

忙しい現代人は、お風呂もシャンプーも時短で済ませようとすることが多いです。しかしここは気持ちを入れ替えて、毎日のシャンプーと頭皮マッサージにはじっくりと時間をかけてくださいね。

毎日のケアを続けることで、年齢を重ねても美髪を保つことができるようになります。

おすすめはスカルプシャンプー

スカルプシャンプーは、頭皮マッサージをすることで効果を発揮する、アンチエイジングのシャンプーです。

皮膚に炭酸を当てることで、皮膚細胞の一つ一つが活性化するという美容のメカニズム。シャンプーだけでなく、美顔器などにも取り入れられている理念で、美に敏感な女性は率先して生活に取り入れています。

個々の効果は異なるため、気になる方はお試しで一本、スカルプシャンプーを始めてみてはいかがでしょうか。

白髪染めトリートメントを週に1度はしよう

30代になると、髪の悩みのひとつに「白髪」が出てきますよね。白髪ケアは生活に負担のない範囲で、しっかりと行う必要があります。

そこで週に一度のケアをおススメします。週末だけならばバスタイムを長く取れるという方も多いでしょう。週に一度、お風呂で白髪染めトリートメントを使うようにすれば、30代のちらほら白髪に悩まされることはありません!

濡れたまま寝るのはNG?お風呂上りの美髪ケア方法

c3-3

次はお風呂上がりの髪の毛のケアを学んでいきましょう。

髪の毛は、濡れているときが一番無防備で痛みやすいと言われています。痛みやすい状態のまま、お風呂上りに油断していると、数年でキシキシの髪質になってしまうこともあるのです。

若い頃とは違い30代からの髪のケアをしていくことで、40代も50代も美髪を保つことが可能に。

美容院などで高いお金を払い、ピコトリートメントなどの高額ケアを行うのもいいでしょう。わずか数時間で髪が劇的にきれいになるという感動を味わうことができます。

しかし、毎日のケアをしっかりしていくことで、たくさんのお金を使わなくても美髪を保つことができるのです。むしろ、いくら美容院で高額ケアをしても、毎日のケアを怠るようでは髪は簡単にキシキシになってしまいます。

しっかりとタオルドライ

まずはしっかりとタオルドライしましょう。タオルドライとは、タオルで髪をはさんで「トントントン」と軽くおさえるように乾かすことです。ぽたぽたと水が滴ることのないように、お風呂上りにはしっかりと時間をかけてタオルドライをしましょう。

いきなりドライヤーで乾かすと、髪は大きく痛みます。タオルドライを念入りにすれば、ドライヤーをあてる時間も短くなり、髪を守ることになります。

濡れたままの髪にオイルを塗る

水が滴らない程度までタオルドライをした後、まだ濡れている髪の毛にオイルをしみこませます。おススメのヘアオイルは、「大島椿」の100%椿オイルです。ほとんどの薬局で簡単に手に入り、しかも安価。その上、効果は抜群。ロングセラーゆえの実績は信頼できます。

濡れた髪にオイルを付けることで、水分も一緒に髪の毛に閉じ込めることができ、その後のドライヤーで乾燥しすぎずに済みます。オイルを両手のひらに付けたら、「潤いを閉じ込める」という意識で髪につけていきましょう。

両手で髪を包み込むようにはさみ、自分の体温で髪の毛の内部にオイルを浸透させるようなイメージで行ってください。大切にしたものは末永く美しく長持ちします。自分の美貌を彩る大切な髪だと思い、心を込めてケアしてあげましょう。

ドライヤーで乾燥

オイルをしっかりとしみこませたら、次はドライヤーで乾かします。ドライヤーは賛否両論。自然乾燥を進める美容師さんもいるのですが、ここではお風呂上りにきちんと乾かすことをおススメします。濡れたままの髪の毛は本当に痛みやすいですからね。

それに、濡れたままの状態だと雑菌が繁殖しやすくなります。頭皮に雑菌が繁殖……なんて考えただけでも嫌な気分になるもの。時間が惜しい方でも、せめて頭皮だけでもドライヤーでちゃんと乾燥させましょう。

ブラッシングも念入りに

頭皮マッサージは頭皮の血行を促進して、美しい髪の毛を生えさせる力につながります。両手を使って頭皮マッサージをするもよし。一日に何度か、頭皮をマッサージする目的で髪の毛をブラッシングするもよし。

「美は一日にしてならず」です。30代を迎えて曲がり角を感じている女性の方には、毎日のたゆまぬケアによって、「まだまだ曲がらないぞ!」という心意気を持ってほしいもの。

30代女性の正しい白髪ケア

120229

最後に、30代女性の悩みのひとつである白髪のケアをおさらいしてみたいと思います。

白髪の場所と本数をチェック

自分の頭を上からも後ろからものぞき込んで、どこに白髪があるかをなるべく把握しておきましょう。白髪染めは劇薬といってもいいくらい刺激の強いものが多いため、なるべく頭皮を傷めないためにも、ピンポイントで使うようにしたいところ。

白髪のある場所にだけ集中して白髪染めを使い、他の黒い健康な髪にはかからないように注意しましょう。そうすることで、頭皮と髪の不必要なダメージを回避することができます。

白髪を抜くのはNG

白髪を見つけたからと言って、あわてて抜くのはご法度。30代に突入したとたんに、ポチポチ出始める白髪に悲鳴を上げるかもしれませんが、あなたの体がきちんと生きているという証拠でもあります。

どんなに美容業界が発展しようとも、人間はいずれ老いて朽ち果てる生き物。自分の生きてきた証拠を簡単に抜き去ってはいけません。

……という私情を別にしても、白髪を抜くことはおススメできません。なぜなら、白髪は抜くと増えるものだからです。

頭皮の毛穴の一つ一つから、通常2~3本の髪の毛が生えます。一つの毛穴から生えた1本が白髪だからと引っこ抜くと、その刺激が毛根に伝わり、その毛穴から生える他の2~3本の毛も白髪になってしまうことがあるのだそう。白髪は抜かずに染めるのがベストです。

白髪を染める薬液を選ぼう

白髪染めは厳選しましょう。簡単に染まるからと言って、ドラッグストアで安売りされているような薬液ばかり使っていては頭皮が痛んでしまいます。

ネットもあわせて探してみると、天然素材の無添加の白髪染めも多数出回っています。自分の髪に合ったもの・優しいものをきちんと選んで使ってあげることで、長期的な頭皮ケアにつながりますよ。

地道なケアでモテ髪を叶えよう

今回は、30代から始める女性の髪の美容術を紹介してきました。30代からはアンチエイジングのために、ただでさえ美容にお金がかかります。少しでも負担を減らすためには、お金をかけずに手間暇かける自宅ケアが一番です!

自分なりに続けられる自宅ケア用品を試しながら、末永い美しさを手に入れてくださいね。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ

    【男性限定】彼女と別れた理由は何?

    アンケート結果だけをみる

    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    リアクション数ランキング

    閉じる