fbpx

【毒舌独女】毒舌独女のつぶやきに一言

どうも。この度、毒舌女子に任命された旭堂花鱗(きょくどうかりん)です。職業は講談師です。

落語家の仲間だと思ってもらえれば、大きな間違いは無いです。間違いは間違いだけど。

ちょっと、体調を崩して冬眠させてもらっていた。その間に、随分世の中が変わったようで。

私が知ってる政権は自民党、今は民主党。しかも、菅直人が首相。

カイワレを頬張る、あの鮮烈イメージの管直人

あー、浦島太郎気分。気が付けば、「毒舌女子」

二十代の頃は「素直で可愛い♪」って言われてたのに、
三十路突入と共に「毒舌女子」

言いたいコト、言ってるだけ。「王様は裸だ」と、高らかに叫びたいだけ。
なのに、「毒舌女子」。「素直で可愛い」は強制アデュー。

考えようによっちゃあ、女で良かったね。これが男だったら、目も当てられない。三十路で独身、しかも毒舌女子だなんて、半径10メートル以内に近寄りたくない。

男の辛口は、単なるイヤミにしか聞こえないもん。もしくは、永遠の中二病

近寄りたくないと思っていても、演芸の世界は男が多い。三十歳以上独身も多い。

「出会いがいっぱいで羨ましい♪」と言う一般女子も居るが、それは大きな誤りだ。

芸人になるってだけで、世間様とズレている

それを面白がれるのは、ほんの僅かな期間。客席と高座という隔たりがあるからこそ、
楽しい人良い人。

芸人は地上に降りたら、単なる変人だ。

本当に講談師や落語家と付き合いたいなら、紹介するよ。でもね、クーリングオフ不可だから。苦情は受け付けないから。

ある程度、社会と適応可能な人は、既に別の女のモノ
残っているのは、「変人独男」だけ。

芸人は年齢を重ねる毎に、芸に深みや重みが出てくるという。だから、私は年を取るのに抵抗を持たないようにしている。生きてさえいれば、自動的に名人になれそうな感じ。

なのに、周囲が「抵抗あるでしょっ!」とばかりに、レッテルだのブランドを押し付けてくる。

「女子」という言葉もそうだ。 最初は結婚出来ない女性を嘲笑う名詞だった。

現在ではそれを逆手に取り、自立した独身女性の代名詞になりつつある。

レッテルのブランド変化。

これにより、己が首を絞める女も出現する。自立しなくっちゃ、一人でも平気って言わなくっちゃ、と自分を追い詰めていく。

本当は結婚したいクセに

まぁ、「女子」というブランドを手に入れて安心している人も居るだろう。

コレに胡坐かいてちゃダメ。
「女子」は輝いていてこそのブランド。

自分磨きを怠った瞬間から、単なる行き遅れに堕ちるから。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板